【 更新情報 】

スポンサード リンク

感熱紙FAXの販売状況

感熱紙タイプのFAXはランニングコストが安く、本体価格も今は安くなっています。
インターネット通信販売やオークションなどで安く手に入ります。
一方、FAX本体でなくて感熱紙そのものの販売なのですが、こちらも
インターネット販売で安価です。消耗品だけに、年に何回も買いに行くのも
面倒くさいという方でしたら、インターネット販売ならば一度に買いだめしておくのも
手です。なぜなら、たくさん買っても宅配なので、持ち帰る手間がありません。
どうせ送料がかかるのなら、一度にたくさん買っておく方が、そのたびの送料分は
安上がりです。
感熱紙タイプのFAXは店頭では既にあまり販売されていません。なぜならメーカー側も
普通紙タイプのファックスを主流にして、インクカートリッジなどの消耗品を
継続的に販売することで売上を持続しようという狙いがあるようです。
我々はそれに素直に従う必要はありませんから、インターネット販売を上手く利用して
感熱紙タイプを使っても一向に問題がありません。
家庭用でしたらそれで十分だと私は思います。



>>まだ健在!感熱紙FAX 口コミランキング(楽天)<<






感熱紙 リサイクルには注意

感熱紙のFAXを使用したら、感熱紙の処理に注意です。
感熱紙の場合、リサイクルに出せない場合が多いです。その場合は、燃えるごみで出しましょう。
ちなみに、リサイクルできるかできないかは地域や古紙の収拾業者によって違ってきます。
なぜかというと、古紙のリサイクルというのは、古紙に異物が付いているかどうかを
見るそうです。古紙は、洗浄してきれいな紙の部分をリサイクルに利用するため、
異物のついていない古紙を使ったほうがより純度の高いリサイクルペーパーが出来ます。
カンタンに言うと感熱紙というのは構造上、表面に異物が塗ってあるものですから、
リサイクル業者によっては、多少の感熱紙ならOKという所もあるし、
OKではないので燃えるゴミにお出し下さいというところもあってさまざまです。
ゴミで出すときは地域の分別基準を確認して、それに準じて処理してください。
もしリサイクルに出せたらそれはそれで良いと思います。
しかし基本的に、リサイクルからは除外するのが一般的のようです。



>>まだ健在!感熱紙FAX 口コミランキング(楽天)<<






低コストなら感熱紙のFAX

感熱紙タイプのFAXというのは、使用コストが低いことで有名です。
なぜ低コストなのでしょうか?
そもそもファックスという物には、感熱紙を採用したFAXと、普通紙を採用したFAXの
2種類が存在します。現在、メーカー各社が主流にしているのは、普通紙を採用したタイプです。
ところが、感熱紙タイプというのは、家庭にありがたい低コストですから、
未だに根強い人気があります。そのカラクリは、消耗品費です。
FAX自体の価格はそれほど変わらないのですが、買ってから使用し続けると、
感熱紙タイプのFAXの方が3割程度の消耗品コストで済みます。
普通紙の場合、印字するたびにインクを消耗するので、継続してインクを購入する
必要が出てくるのです。一方、感熱紙タイプの場合、感熱紙に対し熱をかけて
印字をする仕組みなので、インクの消耗というものがありません。
にも関わらずなぜメーカー側が普通紙を主流にしようとしているかというと、
インクを買ってもらうことで、継続的に売上をあげようという魂胆なのだと言われています。
これほど3倍もコストが違うということが、いくらかの人達には分かっています。
だからこそ、未だに感熱紙タイプのファックスが、根強い人気を誇るのだと思います。





>>まだ健在!感熱紙FAX 口コミランキング(楽天)<<






A4感熱紙で節約!

自宅でFAXをお使いでしょうか?これからFAXを買おうという方も、A4サイズの
感熱紙が使えるファックスをおすすめします。
ファックスには、大別して普通紙タイプのファックス機と、感熱紙タイプのファックス機が
あります。A4サイズに対応している機種はどちらにも在ります。
現在は普通紙タイプのFAXが販売の主流となっていますが、感熱紙タイプのFAXも
まだまだ根強い人気があります。なぜなら、ランニングコストが安いからです。
そのコストは、感熱紙タイプが普通紙タイプに対して3割くらいで済むという激安ぶりです。
A4サイズに対応した感熱紙FAXなら、今でもインターネット通販やオークションで
激安で手に入れることが出来ます。
ところがメーカーが何故、普通紙タイプのFAXを主流にリリースしているのかというと、
消耗品でお金を取れるからだと言われています。
普通紙タイプだと消耗品費がかかるので、お客さんから継続的にお金をいただきましょう
という戦略があるようです。
そういう事が分かっているユーザーは、敢えて感熱紙タイプをしようしている人が多いです。
だから、未だに感熱紙タイプのFAXがネットなどでよく見られるのも納得が行きます。





>>まだ健在!感熱紙FAX 口コミランキング(楽天)<<






感熱紙は必ず保存!

感熱紙の保存方法についてです。
なぜ感熱紙を保存しないといけないかというと、感熱紙そのものの、原理的な特性があって、
印字した文章を数週間くらいおいておくと、まるで蒸発したように消えてしまうのです。
ゆえに感熱紙タイプのFAXという物は、コストは安いのですが保存性にちょっと
難があるというデメリットがあります。
そこで、FAXで重要な文書が届いた場合は、保存する処置をする必要があるのです。
ここで一つ提言なのですが、家庭のFAXでしたら、そんな重要な文書が
そう何回も来るでしょうか?私だったら頻繁にはきません。
したがって、少々の手間ですが、たまーにやるくらいならそれほど苦にならないのです。
では、以下に感熱紙の保存方法を記します。
まず、感熱紙そのものを保存しておくという方法です。
直射日光に当てたり、紙の表面をこすったりしないで、箱に入れておくなど暗所で
保存します。これでしばらくは寿命が延びますが、完全に保存できるわけではありません。
おすすめでお手軽な方法ですと、感熱紙をコピーを取っておくということです。
またはスキャナーをお持ちの方は、スキャナーで取り込んでおけば安心です。
もっと手軽な方法としては、デジカメで撮っておくという方法です。
さらに究極の手軽な方法では、写メールで結構です。(こちらは撮影の仕方にひと工夫必要ですが)
総括すると、感熱紙そのものを保存するのは困難なので、別の媒体に情報を写しておけば
なくなる心配もなくなるという事ですね。






>>まだ健在!感熱紙FAX 口コミランキング(楽天)<<