オススメリンク

January 01 [Thu], 2015, 13:02
STDの情報を正しく知っておこう→正しいSTD情報

ガンで気になっている事→気になるガンをもっと知るなら

男性で最も多いがん

October 27 [Sat], 2012, 19:11
現在の日本国内において男性のがん死因第1位となっているのが「肺がん」です。

肺がんは日本だけではなく喫煙率の高い先進国でも大きな問題となっており、タバコの煙などの発がん性物質が肺がんを引き起こす最大の原因であると言われているのです。

また、肺は全身の血液が通過する器官でもあるため、肺がんを発症した場合、早期に転移が確認されることでも広く知られています。

肺がんの初期症状は、やはり咳が1ヶ月以上続いている場合や、痰に血液が混ざる「血痰」が現れることでしょう。

肺がんでは無いとしても、肺結核などの疾患である場合もあるので、どちらにせよ「長引く咳」と「血痰」の症状が現れた場合には早急に医療機関での受診をおすすめします。

カンジダについて知る

July 27 [Fri], 2012, 11:52
普段からがんの発症には気をつけておいてほしいと思いますが、
実はがんだけではなく、たとえば性病の発症にも気をつけておいてもらいたいところです。

特に性病には性交渉を行っていなくても自己感染してしまうものも存在するため、
その点には特に注意しておいてもらいたいと思っています。

自己感染してしまう性病といえばそれはカンジダであるといわれていますから、
まずはカンジダについてこちらで学んでみることをおすすめします。
http://www.minnano-clinic.com/candida/protection.html

がんと同じように、カンジダの発症にも気をつけていくようにしましょう。

抗がん剤の副作用

July 24 [Tue], 2012, 13:06
現在、がん治療においてもっともよく使用されているものといえば、それは抗がん剤であると言えます。

この抗がん剤というものは、がん治療における要となり、とても重要な効果を持つものです。
しかし、これには実は重大な副作用が存在することも理解しておかなければならないでしょう。

抗がん剤というものは、がん細胞のDNAに働きかけ、がん細胞の増殖を抑える働きをします。
そしてそれゆえに、健康な細胞のDNAにまで影響を与えるため、激しい吐き気や身体のだるさを感じることがあるのです。

この副作用にいかに耐えていくかが、実はがん治療においてとても大切なことというのを覚えておいてください。

最も多い癌の要因

July 23 [Mon], 2012, 17:45
日本で最も癌に影響しているとされるのは、実は私達が日常的に欠かすことのできない食事からだと言われています。

特に1980年以前では胃がんがもっとも多い癌と数えられており、
その要因は日本食における塩分の取り過ぎです。

塩分を取り過ぎると胃の粘膜を溶かし、摂取した食材の発がん性物質やその他の要因を直接影響を受けてしまい、
そういったことになっている言えます。

今でこそ少なくなってきましたが、
塩分過多が胃がんの要因になっているということも覚えておいてください。

がんと転移

July 21 [Sat], 2012, 16:30
がん細胞というものは人の身体の中に生まれてきた後、
なにもしていないにも関わらずに転移してしまうものとして知られています。

このがん細胞の転移がなぜ勝手に起きてしまうのかというと、
これはがん細胞が血管を通っていろいろな身体の箇所へと移動することがあるからです。

生きるために必要な血液の流れが止まらない限り、
基本的にがんの転移は防ぐことができないことを知っておかなければなりません。

そして、がんを発症した際は、その転移について常に注意しておくようにしましょう。
P R