中学教諭が女子生徒に性的質問 埼玉・三郷でPTSDに

December 30 [Sat], 2017, 16:16


 埼玉県三郷市の市立中学で11月、20代の男性教諭が女子生徒に性的な質問をしていたことが29日、市教育委員会への取材で分かった。女子生徒はその後、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と診断され、教諭は依願退職した。

 市教委によると、11月上旬の休日、女子生徒が教諭に補習を依頼。教室で2人きりになった際、教諭が性体験の有無を質問した。「解雇になるから絶対内緒ね」と口止めもしたという。

 女子生徒から話を聞いた保護者が校長らに抗議。教諭は性的な発言があったと認め、11月30日付で退職した。市教委の檜垣幸久学校教育部長は「生徒や保護者におわびする」とコメントした。

SPANISCHE FLIEGE D5
SPANISCHE FLIEGE D6II