悪が支配する世界 

February 05 [Sun], 2017, 23:11
害を巻き散らす方が我慢をせず、
害を巻き散らさない方が我慢を強いられる世界。

可笑しいですよね?

でも、これから変わっていきます。

全世界が同時進行で。

喫煙者について気づいたこと 

February 05 [Sun], 2017, 22:52
私はタバコを吸いませんが、喫煙者について気づいたことがあります。
それは、喫煙者は嗅覚がイカれてて自分はタバコ臭くないと思っているが、常にどんな時もタバコ臭いこと。そして、タバコの匂いには害が含まれているので、喫煙者は常に害を巻き散らしているモンスターであること。さらに、煙を巻き散らしている、常にタバコ臭いにも関わらず、喫煙者は誰にも迷惑をかけてないと思っていること。次に、タバコが美味しいというのはタバコ会社が作り出した罠で、実際は不味い煙を美味しいと勘違いさせているのですが、それに気づかずに、「こんなにウマイものはやめられない!」と思っていること。最後に、タバコを吸いたいというのはニコチンが思っていることで、自分の意思ではない、要するにニコチンに乗っ取らてるということを、理解してない人間が多いこと。

なんか若干愚痴も挟まってる気がしますが、気づいたことはこんな感じです。
もっとありますが、他はまた今度お話します。

どうしてこんな世界になってしまったのか 

February 05 [Sun], 2017, 22:37
世の中は多数派が正義を作っている。
麻薬をやってない人間が多ければ麻薬は違法になり、
タバコを吸っている人間が多ければタバコは合法になる。

日本は喫煙者が多いすぎるんだ。
喫煙者が法律を作り、喫煙者が料理を作り、喫煙者がガン細胞を巻き散らす。
だから、ガンで死ぬ人間が減らない。

これを変えるには、タバコを世界から消す必要がある。
喫煙者というニコチン依存症の病人を、奴隷の状態から解放してあげる必要がある。

でも、それをするには、タバコを完全否定しなければならない。
喫煙者は悪者、タバコは悪い薬、吸ったらあなたはタバコ会社の奴隷。

それを、この世界は言えるだろうか。

この感覚になってわかったこと 

February 05 [Sun], 2017, 22:28
この感覚は子供の頃からではなく、20代前半辺りから感じ始めました。
それを始めにまざまざと感じたのが、喫煙者と日本の空気です。
それまでは喫煙者が目の前でタバコを吸おうが、タバコ臭くて空気が悪かろうが気になりませんでしたが、凄く気になるようになったのです。
そして、喫煙者がタバコを吸っていない時もタバコ臭いことと、
日本は何処に行ってもタバコ臭い空気に包まれていることがわかり、唖然としました。
こんなに喫煙者って臭かったのね、こんなに日本ってタバコ臭かったのね、と。
それが、始まりでした。

感覚世界 

February 05 [Sun], 2017, 22:12
はじめまして、タカシと申します。
関西在住の30代男性です。
ある時、自分自身の感覚と周りの感覚にズレがあることがわかり、
「私の感覚は一体何なのか?」を探りながら今まで過ごしてきました。
まだこの感覚が何なのか?病気なのか?自分でもよくわかってませんが、
あまりにも目に見える世界と感覚でわかる世界が違うので、
それを言葉にして誰かに伝えたいと思い、このブログを立ち上げました。
読みたい人にだけ読んでいただければと思います。
それでは。


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タカシ
読者になる
30代前半のオトコです。
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる