タラバガニを使い分けするのも 美味しく食べるコツですね。

November 04 [Wed], 2015, 9:58
タラバの脚と姿はどっちがオススメかって言うと 
どちらも利用法が違うと思っています。

と言いうのも 
タラバガニの胴体部分って言うと 
もともと毛ガニやズワイガニと違って
身入りがあまり無いですよね。

それに 
タラバガニのみその場合茹でても固まらないから 
流れてカニ身に付着してしまわないように
茹でる前に抜き取るそうです。

そのため 
中央の胴体部分は空洞に近い状態なんです。

なので 
自宅用でたくさん食べたい時には 
身が詰まっているタラバ脚がオススメ
なんです。

それに対して 
紅白の姿蟹は昔から縁起物として重宝されてますから 
豪快な見た目のタラバガニであれば 
特に贈答やお祝いごとには喜ばれますよね。


お祝いのために贈る時は 
「脚」だけ贈るよりも 
立派な姿ガニを贈られたほうが喜ばれますので 
「姿」がオススメです。


ちなみに 
タラバガニには「フルシェイプ」って言う商品もあるんです。

それは
「完全な一本物(1肩)」という意味なんです。

どんな意味を持っているかって言いうと
「たらばがに脚1キロ」という表記がカニ通販のサイトにあった場合 
フルシェイプではない時は 
実は4肩詰め込んだ総量が1キロなのかもしれないって事です。

つまり 
この場合1肩あたりの重量が1キロ÷4肩=1肩250gとなってしまいます。

でも 
フルシェイプ1肩で1キロの商品であれば 
全然ものが違うということになるんですね。

なので 
商品名に「1キロもあってお得!」って感じるかもしれません。

ですが 
1肩250gのタラバと言うと かなり細く小さい個体になるため 
その総重量1キロに占める割合は つめ先や殻など食べられない部分の割合も増えちゃうので 
脚の本数が多いほど実際に食べられる部分(可食部)が少ないんです。

その他 
折れた他のカニの細い脚を集めて一緒にまとめてパッケージしてあるとか 
重量で帳尻を合わせしている場合もあるようです。


カニ通販の場合 目でみて確かめることができませんから 「何肩でその重量なのか?」を よく確認して 購入するのが重要なポイントですね。

タラバ脚フルシェイプはこちら


ちなにみ

カニ鍋でカニしゃぶしたいときは 
何を購入するかって言うと

「ズワイポーション」「タラバポーション」
オススメですね。

他のカニの場合は 
浜湯でしてあるために鍋に入れると
二度湯かいたことになってしまうので 
身が固く縮こまってしまうので美味しさが落ちます