今後看護師の需要は増す一方です

January 31 [Sat], 2015, 9:47
看護師と言うのは医師と患者の間に立って、患者の病気やケガを治す大事な役割を担っています。
医療機関は看護師が潤滑剤となる事で、問題なく事が進んでいると言えます。
しかしそんな重要な役割を担っている看護師ですから、看護師にそれだけ重圧が掛かる事になります。
看護師の人数が揃っていれば負担が程よく分散できるので良いのですが、現在の医療機関は最小限の看護師の人数で運営されていますから、一人の看護師に掛かる負担が大きくなってしまっているのです。
現在でも看護師の負担は過剰となっていますが、今後は更にそれが増す事になると思います。
高齢化社会となってお年寄りが医療機関を訪れるようになれば、看護師がお年寄りのお世話をする事になります。
そうなればますます看護師の仕事が増える事になり、看護師に休む暇がなくなってしまいます。
また老人ホームなどの福祉施設が増えれば、そのような施設でも看護師を必要とするようになります。
看護師の人数は限られていますから、これからは限られた看護師の取り合いが始まると思われます。
そうなると潤沢に看護師が居る施設と看護士が手薄の施設との格差が広がる事が予想されますから、そのような格差を是正する処置が必要になると思われます。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ナースマニア
読者になる
ヤプミー!一覧
読者になる