通信講座のメリットデメリット

April 12 [Tue], 2011, 15:02
通信講座は大学や専門学校でも取り入れているところがいくつかあります。
日ごろ忙しくて、今の生活では通学が難しいという方が、看護師を目指すには有効な手段であると思います。

たいていの授業形態としては、教材はもちろんですが、ブロードバンド授業となります。
そのため、インターネット環境とパソコンは必須になります。
また、卒業したら看護師試験の受験資格が獲得できるので、通学するのと同じように、学校に入るための入試があります。

メリットとしては、何と言っても今の生活を守りながら勉強が出来るという点でしょう。
通学するとなると、お仕事を続けながらだったり、子育てをしながらだったり、今の生活で絶対に必要になる時間を、学校に当てなくてはならなくなる可能性が高いです。
しかし、通信講座であれば、自分の今の生活の中での空いている時間を有効に使って、資格取得に向けて勉強することが出来るのです。
また、通常の学校と違い、学校側の運営維持費が安価におさえられるため、学費もかなり安くおさえられる場合が多いようです。この部分も一番の魅力であるといえるでしょう。

それとは逆に、デメリットとしては、自分できちんと管理していかないと、卒業することが出来ないというところでしょう。
学校に通うということは、決められたカリキュラム通りに学んでいくということになります。しかし、自分で好きな時間に出来るということは、同時に自分で時間割を考えてしっかりと学ぶ意思を持ってやっていかないといけません。
自分を律して、きちんと夢の実現に向けて行動できる強い意志を持っていなければ、結局学費が無駄になってしまいます。
もしも怠け癖があるとか、自分を制御することが難しいというのであれば、向いていないでしょう。そういった場合は、何某かの学校に通学して学ぶことを選択した方がよいかと思います。