月かげ

August 20 [Tue], 2013, 10:53


四月から五月へかけた若葉の頃、穏かな高気圧の日々、南西の微風がそよそよと吹き、日の光が冴え冴えとして、着物を重ねても汗ばむほどでなく、肌を出しても鳥肌立つほどでなく、云わば、体温と気温との温差が適度に保たれる、心地よい暖気になると、私は云い知れぬ快さを、身内にも周囲にも感じて、晴れやかな気分に包まれてしまった。ロンシャン トート
思うさま背伸をしてみても、腕をまくってみても、足袋をぬいでみても、頭髪を風に吹かしてみても、爽快な感触が至る所にあった。ロンシャン バッグ
着物も家具も空気も空も日の光も、一寸ひやりとする温かさで、肌にしみじみと触れてきた。ロンシャン 折りたたみ
そして何処にも、眼の向く所には、こんもりとした新緑の二枝三枝が見えていて、葉の一つ一つが輝かしい光を反射し、仄かな香をも漂わしていた。ロンシャン トラベルバッグ
この愉快な一日をどうして過したらよかろうかと、そういった風な気持に私はなって、如何にせっぱつまった仕事が控えていても、それをみな明日へ明日へと追いやって、何処へともなく出歩くのだった。ロンシャン プリアージュ
凡ての人がなつかしく、凡てのものが珍しくて、私の心はにこにこ微笑んでいた。終日遊んだり歩いたりしても、なお倦き疲れることがなかった。ロンシャン 刺繍 バッグ
自分の身体がまた思いが、日の光や街路の灯に最も近しく親しかった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kangfu820
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kangfu820/index1_0.rdf