「クレオパトラ」 

2006年02月24日(金) 0時00分
ファントマ「クレオパトラ」
2006年2月24〜26日
(東京)シアターアプル
2006年3月31日〜4月2日
(大阪)シアター・ドラマシティ


あの美しい「クレオパトラ」の再演です。
しかもWストーリーです。
しかも、しかも、東京でついにBIG劇場進出!!
(なのに、見にいかれないかもしれない・・・無念)

「tsumazuki no ishi Bootleg ぎょもんが4(フォー)」 

2006年02月21日(火) 0時00分
tsumazuki no ishiサンモールスタジオ提携公演
「tsumazuki no ishi Bootleg ぎょもんが4(フォー)」
2006年2月21〜26日
サンモールスタジオ


今回は番外公演で4篇のオムニバス。
スエヒロさんの作品は、7月の本公演までお預けのようです。
しかし、エッヘの今奈良さん、猫のホテルの千葉雅子さん、サンモールスタジオ所長の佐山さん、B級遊撃退の佃さんからの作品提供!とのことで、とても豪華です。
出演者等は、詳細を待て!

前作スエヒロケイスケ氏作「無頼キッチンBRAY KITCHEN」が、かながわ戯曲賞最優秀賞を受賞されました。おめでとうございます。
見にいけなくて、本当に残念でした。
戯曲賞のHPで作品閲覧ができます。

「泥花」 

2006年02月10日(金) 0時00分
劇団桟敷童子「泥花」
2006年2月10〜19日
下北沢 ザ・スズナリ


前回の「風来坊雷神屋敷」では、見事なテント公演を行った桟敷童子。
今回は、劇場第2弾のスズナリです。
昨年の初劇場(スズナリ)「博多湾岸台風小僧」を見逃したのが、とても悔やまれているのです。


「High Life」 

2006年02月09日(木) 0時00分
流山児★事務所「High Life」
2006年2月9〜21日
下北沢「劇」小劇場


流山児「High Life」4回目、満を持しての保村大和さん登場に感涙です。
もう、ちらし見ただけで、感激です。
かっこよすぎです。


「テアトロ」2001/2003ベスト1選出 
「JOIN」2001/2003ベスト1演出家選出 
第9回湯浅芳子賞受賞
第5回愛知県芸術劇場演劇フェスティバルグランプリ受賞
第16回下北沢演劇祭参加作品

「心がわりエアポート」 

2006年02月07日(火) 0時00分
HEP HALL Early Week Project
sekai☆ichi☆dan interlude #1
「心がわりエアポート」
2006年2月7〜9日(木)
大阪・梅田 HEP HALL 


休団中の世界一団。
今回は、一団の素敵な男優陣と宮川サキさんというメンバーでの公演です。
本当に素敵なんです、皆さん。
それぞれにステージで拝見したことはあるのに
まだ、世界一団の公演は見たことがないので
(今回のこの公演も観にいかれないのが悔しいです)
再始動した際には、絶対観にいきますから〜。

「眼だらめ」 

2006年02月02日(木) 0時00分
黒色綺譚カナリア派「眼だらめ」
2006年2月2〜6日
ザムザ阿佐ヶ谷


前作「野悶氾〜泣いた雀は紅ダルマ」に引き続き、眞藤ヒロシくんが出演します。
前作では、赤澤ムック氏の紡ぎだす、アングラテイストの強いノスタルジックな世界にノックアウトされました。
今回のチラシもまたとても素敵です。

邪鬼を払いに、ザムザにゆこう!
(節分期間なので・・・)

「ニャンプー」 

2006年02月01日(水) 0時00分
PEACE PIT ハーフイヤーシアターVol.1
「ニャンプー」
2006年2月1〜5日
シアトリカル應典院


ピースピット「180日間で傑作を作る」というコンセプトを元に、公募で集まり、そして戦いつづけた勇士たちがその180日間の集大成として挑むのは、謎の絵本作家ユニット、スエサンヤマサン(末満健一氏&保村大和氏)が生涯をかけて作り上げている「ニャンプー」が原案となっています。(一部、誇張在り)
これから飛躍するであろう、その勇士たちを観にいくも良し。
純粋に、ニャンプーの世界に浸りにいくも良し。
どちらにせよ、期待大のこの作品を見逃すな〜ぃ!!

「ロイヤルなハニー」 

2006年01月20日(金) 0時00分
小指侍 第二回公演「ロイヤルなハニー」
2006年1月20〜22日
神楽坂 die pratze


蜜蜂のお話です。
ちらしのイラストがとてもセクシーで、いろいろとそそられてます。

劇26.25団の熊埜御堂彩さん、蛍工房のクレハさんなどが出演。

新春のご挨拶 

2006年01月17日(火) 2時19分
寒中お見舞い申し上げます。

昨年11月以降、更新が滞って居りましたが
無事、復活いたしました。

今年も、出来ることなら毎日が感激日和であってほしいと願ってやみません。
「観たい!」と思った素敵な作品を、より多く観られますように。

また、このような場を通して一人でも多くの方が演劇に興味を持ってくださったり
劇場に足を運んでくださることのきっかけになるような
サイト作りも目指していきたいと、にわかに思っております。

2006年は、引き続き「演劇<堪能>年間」邁進してまいります。
(思いつきで、変わるかもしれませんが)
どうぞ、よろしくお願いいたします。

苺。拝

「DUST」 

2005年11月28日(月) 0時00分
reset-Nrare-track「DUST」
2005年11月28日〜12月6日
(1ステージ40名限定/1ドリンク付き)
於:吉祥寺bar drop


AAF戯曲賞リーディング公演での
スタイリッシュな演出が記憶に新しいreset‐N。
次回の本公演はとあるバーでのお話。
会場も、本物のバーを劇場としての公演です。

ちらしより>>
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
コメント。
アイコン画像苺。
» 「DUST」 (2005年11月13日)
アイコン画像真琴
» 「DUST」 (2005年11月06日)
アイコン画像苺。
» 「Show The BLACKU」 (2005年10月03日)
アイコン画像苺。
» 「Show The BLACKU」 (2005年10月03日)
アイコン画像苺。
» 演劇フライヤーコレクション展 (2005年10月02日)
アイコン画像苺。
» 「私の音譜は武装している」 (2005年09月15日)
アイコン画像苺。
» 「私の音譜は武装している」 (2005年09月15日)
アイコン画像苺。
» 「椿ダイエット坂」 (2005年09月11日)
アイコン画像苺。
» 「遺失物安置室の男」 (2005年09月04日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kangeki
読者になる
Yapme!一覧
読者になる