【 更新情報 】

スポンサード リンク

カンガルーカップ2009出場者リスト

Kangaroo Cup International Ladies Open Tennis 2009 Entry List
本戦出場選手

1 BALTACHA, Elena GBR 143 エレナ バルタチャイギリス
2 YONEMURA, Tomoko JPN 155 米村 知子Asia Partnership Fund 4
3 YUAN, Meng CHN 185 ユアン メン中国
4 CHAN, Chin-Wei TPE 191 チャン チンウェイ台湾
5 NAKAMURA, Aiko JPN 200 中村 藍子ニッケ6
6 IIJIMA, Kumiko JPN 202 飯島 久美子北日本物産7
7 FERGUSON, Sophie AUS 206 ソフィー ファーガソンオーストラリア
8 VIRATPRASERT, Suchanu THA 219 スチャナン ビラプラサートタイ
9 YONEMURA, Akiko JPN 291 米村 明子荏原製作所11
10 SZATMARI, Agnes ROU 299 アグネス ザマリルーマニア
11 FUDA, Ryoko JPN 311 不田 涼子フリー15
12 LYKINA, Ksenia RUS 329 クシニア リキナロシア
13 HOFMANOVA, Nikola AUT 379 ニコラ ホフマノワオーストリア
14 NARA, Kurumi JPN 398 奈良 くるみ大阪産業大学附属高校16
15 CHALOVA, Elena RUS 412 エレナ チャロワロシア
16 HISAMATSU, Shiho JPN 418 久松 志保荏原製作所13
17 HAMAMURA, Natsumi JPN 431 濱村 夏美フォーリーフジャパン17
18 HSU, Wen-Hsin TPE 434 シュー ウェンシン台湾
19 MIYAMURA, Miki JPN 436 宮村 美紀ミヤムラテニスセンター21
20 OKA, Ayumi JPN 457 岡 あゆみJPTAテニスアカデミー19
21 TEZUKA, Remi JPN 459 手塚 玲美フリー24
22 TANAKA, Mari JPN 464 田中 真梨フリー23
23 AKITA, Shiho JPN 477 秋田 史帆ポッカコーポレーション26
24 WANG, Qiang CHN 505 ウォン チアン中国
WC YAMASOTO, Aki JPN - 山外 涼月志津TC 41
WC INOUE, Akari JPN - 井上 明里早稲田大学62
WC ADACHI, Yuko JPN - 足立 愉有子木曽川LTC岐阜122
WC TAJIMA, Anna JPN - 田島 杏奈東海学院大学629


岐阜テニス協会より抜粋

カンガルーカップ

カンガルーカップの2009年の予定が発表されました
予選期間4/26〜4/27
本選期間4/28〜5/3
賞金総額50000$
エントリーリストが出次第またUPしたいと思います

伊達公子の復帰戦カンガルーカップの結果

岐阜県長良川テニスプラザで行われるカンガルーカップ国際女子オープンで復帰戦を果たした伊達公子は見事ベスト8へ進出。その後の準々決勝で、世界ランキング80位の中村藍子に勝利し、日本人ただ一人ベスト4進出となった。元世界4位の強さは12年たっても変わらないのか。
一方奈良くるみとのダブルスの方は波形純理、米村明子ペアと対戦し、これまた勝利を手にし、ベスト4進出が決まった。
そしてカンガルーオープンの準決勝で伊達公子は世界ランキング159位のメラニー・サウスと対戦し、ストレート勝ちで決勝進出が決まる。
ダブルスの方でもオーストラリアのペアに勝ち決勝への道を手にした。
カンガルーカップ国際女子オープン最終日の5/4に決勝戦は行われた。伊達公子の決勝戦の相手は世界ランキング86位のタマリネ・タナスガーン(タイ)。対戦結果は6−4、5−7、2−6と優勝を逃してしまうが、12年ぶりの復帰初戦で準優勝だと大したものだ。
ダブルスの方でもメラニー・サウス、N・シーセンペアと優勝争い見事優勝を果たした。
復帰後初のツアー公式戦となるカンガルーカップでシングルス8試合、ダブルス4試合を戦い抜いた伊達公子。見事な成績だったといえよう。

伊達公子カンガルーカップ復帰初戦

伊達公子が12年ぶりの復帰初戦となった2008年4月27日の予選では1回戦で田島杏奈と戦い見事勝利を手にした。予選2回戦では青山修子と戦ったがこちらも見事に勝利し、予選終了の3回戦では大西香と対戦しストレート勝ちをしてカンガルーカップ本選に登りつめた。
カンガルーカップ国際女子オープンはITF(International Tennis Federation)女子サーキットと呼ばれる団体の管轄に入り、賞金総額10000$以上75000$以下の大会の事にあたる。
ちなみにカンガルーカップの優勝賞金は50000$。
いよいよシングルス1回戦へと進んだ伊達公子は日本ランキング7位の藤原里華を下し、2回戦は16歳の選手山外涼月と対戦、ストレートで勝利を手にしベスト8進出となった。
一方カンガルーカップ奈良くるみと組んだダブルスの方でも、土井美咲、久見香奈恵相手に勝利を収める。シングルス、ダブルスともにベスト8進出になった伊達公子。復帰戦カンガルーカップで見事な成績といえよう。

カンガルーカップ国際女子オープンテニスと伊達公子

カンガルーカップ国際女子オープンテニスとは・・・
カンガルーカップ国際女子オープンテニスとは、毎年岐阜県長良川プラザで行われる女子プロのテニス試合。昨年2008年のカンガルーカップ国際女子オープンテニスには12年ぶりの復帰となるクルム伊達公子が復帰戦として出場した事からかなり有名になった。
2008年のカンガルーカップで復帰戦とした伊達公子はシングルスと、奈良くるみとダブルスに出場した。
カンガルーカップシングルス予選の幕開け4月27日にはカンガルーカップが行われる岐阜県長良川プラザは2000人収容のセンターコートが、復帰した伊達公子見たさに満員になった。
このカンガルーカップ国際女子オープンというのは4段階に分けられる大会の中でも一番下のランク(レベルとは関係ない)の大会で、しかも予選でセンターコートが使用された事は異例の事だという。入場無料で入れるものの伊達公子の人気が高いために、彼女が出場する試合には整理券を配布する事を告知した段階で、なんと1万人を越す応募者からの応募があったという。