I'm a loser 

September 25 [Tue], 2007, 18:03
See you later.

#005 Everybody Dance 

July 30 [Mon], 2007, 21:19
The Very Best of Chic Chic
@Dance, Dance, Dance (Yowsah, Yowsah, Yowsah)
AEverybody Dance
BFreak
CI Want Your Love
DGood Times
EMy Forbidden Lover
FWhat About Me
GMy Feet Keep Dancing
HRebels Are We
IReal People
JStage Fright
KJust Out of Reach
LSoup for One

------------------
はいはい、こんばんは。
胃腸の調子が悪い息子にから揚げを食わせる岩山家の長男こと俺です。
胃の調子は下の下の中ってところです。

さて、今日はDance musicの大御所ChicよりEverybody Danceです。
このBandのProducerでありGuitaristであるNile Rodgersは俺にとって神であり
彼のCutting Guitarは俺のPlayのBibleです。

軽快なDanceのRhythmにGospelを彷彿とさせるChorus、
Speed感溢れるStringsの横からチャカチャカ聞こえる極めて精確なCutting Guitar

何だ、この音楽は!!!!
カッコユス

が、初めて聴いたときの感想でした。
それ以来、Nileの信者ですw

あっ、あとChic関連でもうひとつ。
OMAR HAKIMというDrumer。
この人も神。
ヤバス。

書きたい事ありすぎてまとまらないから
また来週。

#004 Giant Steps 

July 23 [Mon], 2007, 20:48
Giant StepsJohn Coltrane
@Giant Steps
ACousin Mary
BCountdown
CSpiral
DSyeeda's Song Flute
ENaima
FMr. P.C.
GGiant Steps [Alternate Take]
HNaima [Alternate Take]
ICousin Mary [Alternate Take]
JCountdown [Alternate Take]
KSyeeda's Song Flute [Alternate Take]

------------------
どうもこんばんみ。
今日の曲はJohn ColtraneのGiant Stepsです。
このお方の色彩感あふれるコード感は神を名乗るに相応しい。
Ad lib soloをPlayするPlayerなら誰もが影響を受けるべきArtistだと思います。

この人のPlayは乱暴に例えると
Keyが合っていればAnything OK

和音の上を縦横無尽に駆け巡る怒涛の連譜
サブイボ立っちゃうぜ。
で、そのサブイボのきっかけが俺の場合はGiant Stepsってわけだ。

俺はSax Playerではないけれどもこの人のPlayを参考にしてsoloのネタを考えたりもします。
まだまだチョーンって感じだけどな。

俺もこんなSuper Playerになるぜ

というわけで、今日はここまで。
ばいばいきん

#003 Gotta Make A Change 

July 16 [Mon], 2007, 21:52
souled outTower Of Power
@Souled Out Listen Listen
ATaxed To The Max
BKeep Comin' Back
CSoothe You
DDo You Wanna (Make Love To Me)
ELovin' You Forever
FGotta Make A Change
GDiggin' On James Brown
HSexy Soul
IJust Like You
JOnce You Get A Taste
KUndercurrent
------------------

KatchangのもっともRespectしているFunk Band、TOWER OF POWERのナンバーです。
このアルバム自体躍動感溢れる素敵なSongがイパーイなんだけれども
今日はその中からGotta Make A ChangeをChoiceしました。

Funkが好きな人ならIntroを聴いた瞬間笑いますw
かっこよ過ぎて笑いますww

そして躍動感溢れるリズムの波が押し寄せてきます。
勝手に腰がRhythmを刻んでしまいます。

CDなのが勿体無い
Liveで聴いてみたいです。
来日してくれ、TOWER OF POWER!!!

せめて、Live音源をGetしようと
Katchangは日々、TSUTAYAやYOU TUBE様々なところを物色してます。

きょうはここまで。

#002 心 

July 09 [Mon], 2007, 1:25
:遭難 :東京事変

@遭難
Aダイナマイト
B心
------------------

東京事変の良い所としてカップリング曲の完成度の高さが挙げられます。
この人たちはカップリングを非常に大切にしているのが分かります。

数ある東京事変のカップリングの中でKatchangが特に好きな曲の一つが『心』です。

初めてこの曲を聴く時、ぶっちゃけ題名にはインパクトねぇなあと思いました。
だけど、やばいんだって!!

面白いの、この曲。
詩は林檎節全開、
伴奏も遊び心満載。

グルーブとかじゃなくてリズムが絡み付いて一つの流れを作っているというか
おもちゃ箱みたいなアレンジなのにひょうきんな感じがしないというか…

自分の文章力の無さを呪います
この曲の他にも、
修羅場に収録されている恋は幻(GET IT UP FOR LOVE)もおススメ♪
気になった人もそうでない人も聴いたほうが良いよ

んじゃ、また。

#001 The Message 

July 02 [Mon], 2007, 17:56
:Set the Tone :Nate James

@Said I’d Show You
AThe Message
BGet This Right
CPretend
DUniversal
ESet The Tone
FFunky Love
GJustify Me
HI Don’t Wanna Fight
II’ll Decline featuring Dawn Robinson
JImpossible
KCan’t Stop
LShake Out
MStill On My Own (Sway feat. Nate James)

------------------
さぁ、今日からBandのBlogが始まった訳で
俺は毎週月曜日にこのBlogを更新する事になっている訳で
今これを書いてるのは日曜な訳で
でもYaplogはmixiと違って更新日時を自分で設定出来ちゃうから
このようなズルが出来ちゃう訳ですな。

このblogでは俺がiPodに入れている曲を毎回1曲Choiceして
俺の個人的な感想やら何やらをダラダラ書いていこうと思ってます。

さて、つまらない前置きをこの程度にして
今日のCDはUKの新鋭Soul singer、Nate JamesのSet the ToneよりThe Messageです。

しょっぱなのGuitarのCattingからめちゃんこFunkyです。
要所要所の単音Cattingもヤバス
そしてNateの甘い声。
FunkyなRhythmやChorusに甘いが絡んで超カッコイイ

ちなみにこのNateさん、日本を代表するJazz Band、PE'ZとコラボしてCD出してます。
LIVE FOR THE GROOVEというCDなのですが
超ヤバスカッコイイ
ワタクシ、KatchangはPE'Zとのコラボで彼の存在を知り、惚れました。

みんなも聴いてみて
2007年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ