金田伸夫とバスケ スティール 上達とコツ

May 16 [Fri], 2014, 7:56

相手チームのプレーにまんまと引っかかってばかりいて、第4クォーターに入る前から走り負けしてクタクタになっているような状態だったとしても、
練習すべきポイントをいくつかに絞り込むことができ、試合では練習したとおりに相手をほんろうし、勝てるバスケットができるようになる方法がこちら




あなたもどれだけ万全の準備をして試合に臨んだとしても、試合では体格差を見せつけられるようにゆさぶりをかけられてしまい、
結局、練習したことの半分も出し切ることができないケースが多く、試合後のミーティングはいつも悔しい反省ばかりになっていないでしょうか?



もしくは、バスケの上手い人のプレーしている様子を見て、自分のチームでも再現できそうなテクニックがないか研究をしてみるものの、
下手にマネしたところで思ったような効果が現れることがなく、自分の指導力の低さにあきれる思いをしていないでしょうか??


バスケットボールのテクニックは、一連の連続した動作の上に成り立っているわけですから、一部を切り取ってマネしたところで、教科書通りの結果が現れるわけはなく、そのプレーの前後の動作にもしっかりと注目しなければいけません。


しかし、ネットで転がっているノウハウであったり、バスケ情報誌なんかで紹介されてるノウハウというのはほとんど断片的な情報にとどまっているのが現状で、
さらに、紙面の都合で必要な情報が削られていたり、ノウハウを提供する側も定期的に記事をアップしなければいけないため、回を重ねるにつれてノウハウの質がどうしても低くなる傾向から抜け出すことはできません。


ではバスケットボール指導に当たってはどんな情報を頼りにすればよいのかというと、指導者としてインターハイ出場経験のある人に、その指導法を学ぶのがてっとり早く、
間違った方向へ進んでしまうリスクも小さくなりますが、そんな機会に恵まれることはごくまれです。


ただ少なくとも、金田伸夫の上達の道標 古武術バスケを使うと、金田伸夫さんから直接、手取り足取り指導方法を学ぶことはできないものの、普段の練習でどんな点に気を付けているのか?試合に勝てるチームは試合中にどんなところに意識を向けているのか?というのを知ることができ、下手な情報に振り回されるよりもずっと、生きたバスケットノウハウを知ることができます。



金田伸夫さんとはちなみに、「桐朋高校バスケットボール部監督」という肩書を聞くとピン!とひらめくものがあるかもしれませんが、
わずか2年でバスケットボール経験者もいないようの進学校でバスケ部をゼロから作り上げ、インターハイ出場校へと導いてしまった経験のある人で、同じくウィンターカップベスト16という成績も残しています。


金田伸夫さん自身は、京北高校、筑波大学、東芝の実業団チームや東京都国体選抜チームなどの強豪チームでコーチとして活躍していた経験はあるものの、たった2年でゼロからチームを作り上げ、インターハイ出場を達成することができたのは、練習の質を徹底的に高めることに集中したおかげともう一つ、
無駄な動作を徹底的にそぎ落とす「古武術」の動作を取り入れることによって、相手からしてみたら、ノーモーションで仕掛けられるようなプレースタイルが身に付き、

さらに本当に必要な動作だけやっていれば済むので、第4クォーターまで走り負けしない体力を楽に温存できるようになった点も大きく貢献しています。


金田伸夫の上達の道標 古武術バスケでは、金田伸夫さんの編み出したこうしたノウハウがディフェンス・オフェンスのそれぞれに焦点を合わせた形でDVD化されていて、
わからないところがあればメールで疑問に答えてもらいつつ、自分のチームにもノウハウを浸透させていけるようになっています。



→→プレーの緩急が驚くほどうまくなり相手を困惑させるディフェンス力が身につく金田伸夫の上達の道標 古武術バスケでディフェンスの予備動作を減らすコツとは??



ゴリラ脱毛
ツアーナース

金田伸夫とバスケ ディフェンス 上達練習と姿勢

May 16 [Fri], 2014, 7:50


バスケットボールは他のスポーツに比べても、集中力を切らす瞬間はほとんどないし、体から力を抜いてよい時間なんて1試合中数分程度しかないと思いますが、
通常の身体能力から考えると、これだけ体を酷使して第4クォーターまで体力を温存できるほうがおかしいと言わざるを得ません。


多くの指導者はただ、テクニックや戦略では多少の力不足があったとしても、走り前はしないようにと体力づくりに熱心に取り組んでみたり、
足腰のトレーニングに練習時間を多めに取ったりしがちですが、こういった練習は、学ぶべきテクニックがしっかり身についてから取り組むべきで、練習の優先順位を間違えてはいけません。


金田伸夫の上達の道標 古武術バスケではむしろ、力強いプレーの仕方を学びたいと思った場合には、おそらく期待外れになる内容となっていて、
いかに力を抜いて、無駄のないプレーをしていくか?という点に重点が置かれていて、結果として、クォーターが進んでも足が相手チームよりも動かし続けることができますし、
相手に次の動作を読まれる予備動作を極限まで減らすことができますので、相手の裏を突くようなプレーを何度も簡単にやっていけるようになります。



金田伸夫さんの執筆した「ナンバ走り(光文社新書)」や「ナンバ若返り法(知的生きかた文庫)」といった書籍にも詳しく書かれている通り、古武術ではそもそも、
体の負担を減らしつつ、無駄な動きを減らすことことで、忍者のように気配を消し、相手の動きを封じ込めることが目指しています。


そのため、古武術の動きを取り入れるということは、オフェンスの時には相手に悟られずに有利なポジションを確保することができるようになりますし、
ディフェンスの時には、相手に一歩で遅れたとしても、そのままずるずると引っ張りまわされることなく、しっかりとディフェンスラインを防衛し、相手のつけ入るすきをつぶしていくことができます。


あなたも、↓のような悩みがあるかもしれませんが、


部活の練習時間が限られている

学生の本業である勉強が忙しい

■なかなかバスケットボールがうまくならない

■試合では足手まといになるばかり


ディフェンスは5人全員が一丸となって取り組まなければ、一人の穴からどんどんほころびが生まれてしまい、余計な失点を増やすことになりますが、
逆に言うと5人の息をしっかり合わせ、相手よりも少しでも有利なポジションを確保してしまえば、相手からしてみたら、楽にシュートを打てる場面がなくなり、
時間ぎりぎりになって無理やりシュートをして終わらざるを得ないような状況に追い込まれることになります。


バスケットボールは身体能力や体格差でチームの実力差が決められやすいのは確かですが、目的を持って練習に挑んでいけば、↓のような結果も思っている以上に簡単に手に入れることができますよ。



チームのディフェンス力をさらに強化向上できる

相手の素早いドライブでも、置き去りにされなくなる

選手たちの身体能力の低さをカバーできる

常にマークマンとゴールの間にポジション取りができる



あっちこっちから仕入れてきた情報を断片的につなぎ合わせ、まとまりのない練習で貴重な練習時間をダラダラ過ごすのは今日でおしまいにして、
バスケットボール上達に結びつく本物のノウハウを知り、今まで負けっぱなしだったチームに一泡吹かせてぎゃふんと言わせてやりませんか??




金田伸夫の上達の道標 古武術バスケで、情けない失点を繰り返すのは今日で終わりにして、水を得た魚のようにコート中をピチピチと元気よく走り回れるようになるにはこちら







天脳時間管理術 田中貴紀砂 2chネタバレ
ファンキー末吉の中国語講座 口コミまとめ
P R


ブログランキング
ブログランキング
リンクリックブログランキング サプリメントダイエット
ブログランキング