【 更新情報 】

 

顔のしわ予防のスキンケア

年齢を重ねるにしたがって、顔のしわが目立ってくるのは当然のことですが、顔のしわ予防に欠かせないものは、何と言っても日々の正しいスキンケアです。女性にとって、いつになってもお肌の悩みは尽きないものだと思います。

お肌のスキンケアの目的は、弾力と潤いを維持したい、にきび跡を消したい、肌のキメが粗い、もっと白さが欲しいなど様々だと思います。

その中でも顔のしわについては、加齢と共に深刻化するもので、人間にとっては避けられない難しい問題です。特に女性にとっては、大きな問題と言えます。女性にとって毎日欠かせない化粧ですが、クレンジングを怠ると肌にダメージを与え、顔のしわの原因になります。

だからと言って、単に顔をゴシゴシこするだけの間違ったクレンジングやいい加減にするクレンジングは、返って肌に悪影響を及ぼしますので、正しいスキンケアをする必要があります。

特に目の周りの皮膚は、薄くてとても弱い部分のため強くこするとしわができやすいので、アイメイクのクレンジングは、特に注意してください。アイメイクのクレンジングは、コットンにクレンジング剤を含ませ、まぶたの上にしばらく置くと、簡単にアイメイクが浮いて落としやすくなります。

また、顔のしわの予防に効果的なのは、スキンケアの中でも正しい洗顔です。ぬるま湯で顔を十分濡らした後で、よく泡立てた洗顔料を、顔の上に乗せるようにして優しく洗顔し、洗顔料が顔に残らないように、十分にすすぎ洗いをしてください。

その後、肌に潤いを与えるためにたっぷりの化粧水をつけましょう。肌の乾燥は顔のしわを引き起こしやすくなりますので、化粧水を使ってのスキンケアが大切です。

顔のしわの大きな原因の乾燥と紫外線

顔のしわの大きな原因のひとつが、お肌の大敵である乾燥です。お肌が乾燥するとヒビ割れがしやすくなり、そのヒビの隙間から水分や保湿成分が失われ、肌の弾力がなくなっていきます。

そして弾力がなくなったお肌は、顔のしわができても、元に戻すことはできなくなり、そのままの状態が続くと、顔の小じわが深く大きなしわになり、こうなると元の状態に戻すことは困難になります。したがって、お肌の乾燥対策が重要になってきますが、そのためには、適度な水分と油分が必要です。

顔のしわの対策には、日々のスキンケアが大切です。化粧水や美容液、クリームなどの基礎化粧品でしっかりスキンケアをしてください。特に肌の潤いを保ちしわ対策に重要なものは、化粧水になります。コットンに化粧水を含ませて、丁寧にパッティングをしましょう。

また、夏の冷房や冬の暖房による乾燥を防ぐためにも加湿器などを使って室内の湿度に気を配ってください。さらに、顔のしわの予防には、紫外線対策も大切です。顔のしわの原因のひとつである紫外線は、肌の保湿成分であるヒアルロン酸やコラーゲンを破壊しますので、お肌にとって大敵です。

紫外線の影響で皮膚が弾力を損なってしまい、しわだけでなくしみやたるみの原因にもなります。紫外線に当たらないことが一番ですが、そんな生活は不可能だと思いますので、UV対策を施された日傘や帽子などを使い、日焼け止めも利用してください。

顔のしわ対策には日常生活の改善から

顔のしわ対策には、お肌の乾燥や紫外線対策だけではなく、日常生活の改善も重要になってきます。
健康にいいものは、同時にお肌にもいいということになりますので、規則正しい生活や運動、バランスのいい食生活は、顔のしわ対策にもなります。逆に、健康によくないとされる喫煙は、顔のしわ対策にも大きな影響をあたえます。

タバコには、体内の活性酸素を増やし体の細胞の老化を早める影響があります。お肌のビタミンと言えばビタミンCですが、このコラーゲンを生成し肌の調子を整えてくれビタミンCは、タバコによって破壊されてしまうからです。

また、体内の活性酸素を増やし、体組織や細胞の老化を早める影響がタバコにはあるのです。ビタミンCの抗酸化作用は、顔のしわの対策には欠かせないものですが、喫煙することで失われてしまい、顔のしわはますます深くなってしまうことになります。

顔のしわ対策のポイントは、睡眠にもあります。お肌は、一定周期で新しく生み出されていますが、この新陳代謝を促すホルモンは睡眠中に分泌されます。特に、夜10時から深夜2時までは副交感神経が活発化する時間帯ですので、十分に睡眠時間を確保する必要があります。

成長ホルモンの分泌を妨げる睡眠不足は、肌の新陳代謝に悪影響を及ぼし、肌の再生が遅くなることによって、古くなった角質がどんどんたまって分厚くなり、顔のしわを引き起こすことになります。顔のしわ対策のためにも十分な睡眠を心がけでください。

しわ(シワ)対策と改善法

人間は、年齢を重ねてくると、シワやシミやたるみなどが必ず出てきますが、これを避けて通ることはできません。しかし、努力すれば遅らせることはできます。シワには種類がありますので、それによってケアのしかたが違ってきます。

まずは肌の乾燥によるシワですが、これは保湿をすれば出にくくなりますので、気づいたときにパックするなどして保湿をしてあげましょう。シワができる前から保湿をしていれば、シワができるのを遅らせることができます。

特に目の下はシワになりやすいので、目の下用のパックをしたあとに顔全体に市販されているパックや、自分の化粧水とティッシュを使ったパックをしましょう。そして保湿クリームを塗るなどといったスキンケアが必要です。

次は紫外線による肌の劣化でシワになるものですが、日焼け止めをぬるなどして、ケアをしてください。蛍光燈からも紫外線は出ていますので、外出しないからといって、日焼け止めを塗らないのは間違いです。外出しないからと言ってケアしないでいると、将来しわくちゃになってしまいます。

最近では、紫外線も強くなっていますので、家の中にいるからといって安心はできません。紫外線カットフィルムなんかを張ってないかぎり、窓からも入ってきますので、注意してください。

あとは、眉間のシワや、目尻や口元の笑いジワなど表情によるシワもあります。若い時はすぐに戻るシワも、年をとってくるとシワとして残ってしまうので、眉間にしわをよせないように気をつけてみましょう。

しわ(シワ)にはコラーゲン・ヒアルロン酸

肌のハリと潤いを保っている成分は、コラーゲンですが、これは体内のあちこちにあり、特に皮膚や軟骨には欠かせない成分です。若い頃は、肌にもコラーゲンがたくさん含まれているためハリと潤いがあります。

しかし年齢を重ねるにつれ、コラーゲンが失われ、シワができはじめます。そこで直接シワにコラーゲンを注入することによってシワをなくす方法がありますが、コラーゲンの繊維は人工的なものなので、アレルギーを引き起こす可能性があります。

アレルギーテストが陰性でも、注射した部分が、赤くなったりかゆくなったり、硬くなったり腫れてきたり、痛くなったり、膿瘍ができたりするなどのアレルギー反応を起こす場合があります。このコラーゲンが持つ期間は3か月から半年程度なので、期間がたったら、またシワが出てくるようです。

また、お肌の柔軟性や弾力性を保持できる作用があるものにヒアルロン酸があります。お肌内のもともとあるヒアルロン酸は加齢とともに減少していくためにシワやたるみができてきます。そこで、足りなくなったヒアルロン酸を外部から注入すればシワを改善することができます。

ヒアルロン酸は、人の体内にある自然の成分のためアレルギーや副作用などが起こる可能性はかなり低いようです。ごくまれに、内出血などがあるようですが、自然に治りますので特に心配する必要はありません。

ヒアルロン酸の効果も数か月から一年程度なので、定期的に注入する必要があり費用もかかります。やはりシワができないように、日頃からお肌をケアする努力が大切になってきます。

最近はシミやシワを気にする人が増えているようで、男性でも形成外科にシミ取りをする姿もあるようです。

しわ(シワ)とボトックス治療

年をとれば、誰しもある程度のシミ、シワ、たるみと言ったお肌の劣化は出てきます。それをいかに最小限に抑えるかですが、できてしまったシワは、残念ながらなかなか治りません。

近頃、テレビや雑誌で話題になっているボトックスですが、注入するだけで短い時間で簡単にシワをなくすことができるので、アメリカでは1番人気のある美容整形のようです。整形というとイヤな感じに思う人もいるかもしれませんが、顔のパーツを変えてしまったりするのではなく若返るだけですから、整形ではないと思います。

ボトックスとは、ボツリヌス菌から抽出されるものでシワをなくす治療です。眉間のしわや額のしわ、眼尻のシワは、表情菌の収縮が原因だと言われていますが、ボトックスを注射することで筋肉の収縮を少なくし、シワを予防して若返ることができます。

かかる時間は注射の場所や数、注入する量などによって違ってきますが、だいたい10分から20分ほどです。効果は、だいたい3日目くらいから現われ、おおよそ4〜6ヶ月持続した後、体内で安全に分解されます。

しかし、3.4か月から半年周期で注入していかないと、またシワがでてくるようです。初回時よりも2回目以降の注射方が、効果の持続期間が長くなる傾向にあるようです。

普段から眉間にシワをよせないように努力するのも大切ですが、もしできてしまった時には、美容整形などでボトックスたよるのがベストだと思います。女性であれば奇麗でありたいと思うのはあたりまえです。せっかく女性に生まれたのですからいつまでも奇麗でいたいですよね。