【 更新情報 】

 

現代人はカルシウムが不足している

サプリメントは、普段の食事において不足しがちな栄養成分を補うために利用するものですが、これは何もカルシウムサプリメントに限ったことではありません。

現代人はカルシウムが足りていないということはよく聞く話しです。やはり普段の食事による摂取だけでは不足する傾向がありますので、サプリメントを利用してカルシウムを摂る人が増えているようです。

カルシウムが不足するとどうなるのでしょうか。カルシウム不足は骨を弱くするという話は有名です。これはカルシウムには骨を作る効果があるからです。

骨密度が低くなり骨が弱くなる骨粗しょう症も高年齢者や女性には多くみられる病気です。高年齢者は、骨折がきっかけになり寝たきりになることもよくあります。

また、高年齢者だけでなく年を取っていなくても、カルシウムは大切です。骨が最も大きくなる子どもの頃にカルシウムが不足すると、身体が十分に成長でなくなるからです。最近では、ころんだだけで骨折してしまう子供もいるといいます。

カルシウムが不足すると、骨や歯がもろくなるだけでなく、血が止まりにくくなる、神経が過敏になりイライラする、高血圧症や動脈硬化、糖尿病を促進させるなどの怖い症状も現われてきます。

日本人のカルシウム摂取率は、先進国の中でも最下位ということです。やはりサプリメントで積極的にカルシウムを摂る必要があります。

カルシウムをサプリメントで摂る

カルシウムは、人間の体内に約1kgあり、99%は骨や歯として存在しています。
カルシウムは人間にとって大切な栄養素のひとつですが、不足しがちなカルシウムを補う食品として挙げられているものが、牛乳やヨーグルトなどです。

これら乳製品以外でも、大豆、魚、野菜や海草などにカルシウムが含まれていますが、これらの食品は、カルシウム吸収率において、牛乳やヨーグルトなどの乳製品にはかないません。手軽に効率よくカルシウムを摂り入れるために、一番簡単で確実なものはコップ一杯の牛乳やヨーグルトのようです。

ただし、牛乳やヨーグルトの乳製品が好きではないという人や匂いが嫌だという人も少なくありませんし、中には、アレルギーが出るという人もいます。

そんな人には、カルシウムをサプリメントで摂取することをおすすめします。サプリメントを日常的に利用することによって、現代人のカルシウム不足の食習慣を改善することができます。

カルシウムのサプリメントは、身体に合わない乳製品や牛乳を苦手にしている人のカルシウム欠乏に対する強い味方です。サプリメントは、錠剤やカプセルのため、携帯が簡単で、手軽にカルシウムを摂ることができます。もちろん私も毎日摂っています。

現在では、他種類のカルシウムサプリメントが販売されています。1日当たりのカルシウム必要量は約500mgとのことなので、積極的に取りたい栄養素のひとつですね。

カルシウムサプリメントを摂取するときの注意点

現代人に不足しがちのカルシウムをサプリメントで補うことは、一番簡単で便利な方法ですが、カルシウムを多く取れば取るほどいいというものではありませんので、注意が必要です。

最近の研究により、カルシウムサプリメントを摂取している55歳以上の女性の中には、カルシウムの過剰摂取のために心臓に負担がかかり、狭心症や心筋梗塞などの危険な病気になりやすい状態にあったという報告もあります。

また、日本ではカルシウムの許容上限を一日2500mgと定めていますが、これを超えるような摂取を続けると、腎臓に障害が発生することがあるようです。何でも過ぎたるは及ばざるがごとしと言うことでしょうか。

確かにカルシウムサプリメントは薬ではなく栄養補助食品ですので、あまり摂取方法に気を配らないことが多いと思います。しかし、間違えた摂取方法を続けていれば、悪影響が出ることもあるのです。

使用前に注意書きをきちんと読むようにしてください。扱いは食品でも、サプリメントは使い方を間違えると大変なことになりかねません。

パッケージなどに記されている用法、用量を守ることはとても重要なことです。また、サプリメントは栄養補助食品ですので、日頃から栄養バランスの良い食事をすることも大切なことです。