初めての出逢い。 

October 05 [Sun], 2008, 8:49
季節は春、4月の半ば。

私には親友と呼べる女の子がいる。
名前はウラちゃん。
北国でアナウンサーをしていて、
目がクリクリしていてとってもカワイイ♪

その日は、彼女が東京に遊びに来ていて、
私は一緒にディナーをする予定だった。

モデルやテレビの仕事をしている私は、
自分の将来に不安を感じ、専門学校へ通い始めていた。

でも、何故がその日に限って実習が長引く長引く・・・
ウラちゃんを一人で待たせては申し訳ないと、
とりあえず電話をかける。

『ウラちゃん、ダイブ遅刻しちゃうかも』という半泣きの私に、
『なんもなんもー、かんちゃん、ダイジョブだよ♪
友達が来てくれるらしいんだ。かんちゃん平気?』
と、いつも通りの彼女。

ホントの私は人付き合いがあまり好きではなく、
どちらかと言えば、内向的。
でも、仕事上、いやいや外見上、社交的な自分を装って生きてきた。
なので、答えは勿論YES!

実習が無事終わり、
いそいそと仕度をし、ワンピースに着替え、
化粧を簡単に直し、髪をセットし、待ち合わせの場所、渋谷へ向かうため山手線に乗り込んだ。

渋谷・・・

東京に来て早くも5年。
何となく、あまり好きにはなれない所。
どこか雑然としていて、混沌としていて、それでいて攻撃的で・・・

”Fragile”という女性ブランドの白いフォークロアワンピースをヒラヒラさせながら、
ハチ公口で下り、スクランブル交差点へ向かう。
手には”COACH"のバッグ。

今、振り返ってみても、
本当に鮮やかに思い出せる光景。
大勢のヒトが交差点に吸い込まれていく感覚。

飲み込まれないように、私はウラちゃんに電話をかけた。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kanchan-dal
読者になる
こんにちは
初めまして

29歳女子、東京都在住、
モデル、ファッションライターをしています。

甘い物に目がなくて、
朝食は必ず、ケーキというツワモノです
2008年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE