おばあちゃん。 part2

September 10 [Mon], 2012, 2:33
いい人紹介して、と、願った私。

結構以前からわりと真剣におばあちゃんにお願いしてまして。





連絡先を交換した、ある男子から、10日弱ほどで、デートに行くことになりましてね。

は、は、は。



12日にデートです。

相手から『デートしましょう』と。

おばあちゃん。

ありがとう…。

本当に。



先日合コンに行ったのですが、

行く前に

『俺という男がありながら、合コンに行くなんて(笑)   ひどいや!!。・゚・(*ノД`*)・゚・。』

と、メールがきた、かわいいイケメン男子です。

おばあちゃん、好みが合いそうですね。

うまく、いきたい。

でーと、何着て行こう…。

久しぶりすぎて緊張する…。

おばあちゃーん!! ←甘えすぎ

おばあちゃん。

September 06 [Thu], 2012, 0:56
おばあちゃんとは、亡くなってから関わりが深い。

と、いう、ちょっと不思議なお話。

もう今から15年くらい前に亡くなっている、母方の祖母。

もともと住んでいるところが遠く、生前はそんなに関わりも無く、

亡くなる8年くらい前に同居したが、部活だったり友達の家だったり、

部屋も違うので、足腰が悪く動けないおばあちゃんとはあまり接点がないまま

だんだんボケはじめてしまって、そのまま、永遠のお別れをしてしまった。

亡くなったときは実感があまり無かったが、お葬式でやっと実感がわき、

もう少し話しをすればよかった、もう少し部屋にいけば、もう少し…と、

ずいぶんと後悔したものでした。

後半ボケてしまってからは母の手伝いやおばあちゃんの看病をしてはいましたが、

やはり『もう少し』という思いは消えません。

その後悔だけを引きずって、何年か経った、あのソウル行き2日前。

おばあちゃんだけに『告白と挨拶』をして旅立ちました。

『行ってきます。私がいない間、両親を宜しくね』と。

そんなことを忘れてエンジョイして日本へ帰ってきた、その次の日の夢の中で

『おかえりミナミちゃん、あっちは楽しかったね?』

と。

びっくりして起き、

『やっべ、ただいま、て、言ってない!!』と、家のおばあちゃんの写真に挨拶。

そんなことやら、後日お墓参りに行ったときにも、

何かしらおばあちゃんにはお世話になっていましてね。

死後、ですが。

そんな、死んでもなお、おばあちゃんに甘えっぱなしなミナミですが、

ずうずうしくももうひとつ、お願いをしているのです。



『もう年齢的にミナミには時間がないけど、男を見る目がないから、

おばあちゃんが見て『こいつ、ダメだな』と思う人とは、

強制的に連絡を取れなくしてください。ミナミを幸せにしてくれる人とだけ

スムーズに事が進みますように、お願いします』



すると、どうでしょう。

ほんとに、出会っても、頑張って連絡をとっても、続かない…。

連絡のすれ違いが、多いこと、多いこと。

無理やり会っても、その日直前に生理になる、とか(笑)

おばあちゃん、すごいな…。


ほんと、お世話かけます…。

そろそろ、彼氏が欲しいなぁ、おばあちゃん。

いい人紹介して…。

定まらない…

August 12 [Sun], 2012, 1:09
自分の方向性が。

難しい話ではないのですが、なんか、フラフラしてんなぁ、と。


あああああああああああああああああああああ


なんだかなぁ。

とりあえず、今度は友人と豪華ディナーなので、それを楽しんできます。

ワンピース着ようっと☆

すごーい…

May 21 [Mon], 2012, 7:17
初めて生で見た…。

真ん中の小さいオレンジが太陽です。

…なんてね

April 03 [Tue], 2012, 16:43
まあそういうこともあったわけですが、

なんだかんだ、いろいろと

いろんな話が沸いては消えていったわけです。

相変わらずの生活と、環境。

ミナミは今後自分の家庭を築いていくことができるのでしょうか…。

ナゾのお泊り。

February 29 [Wed], 2012, 1:20
そして、当日。

ギリギリまで迷っていたのですが、

カレの自宅には同居人の男子が1人いるため、完全な2人きりではないこと、

仕事があるのでそんなにかまってはあげられない、一人で好きに過ごしていい、

絶対に何もしない、信用してもらうのが目的であること、というところで、

『どうすんだ』と言われ、終電が近かったのもあり、しぶしぶお泊りしました。



もともとミナミはお泊りが苦手で、他人の家のお風呂に入るのが好きでないのです。

すごく無防備な姿を他人にさらけ出す気がして、お風呂上りは誰にも会いたくないのです。

あ、温泉やスーパー銭湯は別です。

家のお風呂、というのが苦手なのです。

しかし、そうも言ってられない。

そして『女性用のシャンプーとかないから、買いに行こう。コンビニ行くぞ』

と、言うので、3人でコンビニへ。

お風呂上り用のアイスも買ってもらい、またおうちへ。



お風呂に入り、すっぴんであがると、カレに借りたでかいシャツとスエットのパンツに着替え

ドライヤーを拝借すべく、カレの仕事部屋をノック。

『…ドライヤー、貸して』と、ちょっと下を向きながら言ったミナミに対し

ニヤーとしながら動かない。

『…なにニヤニヤしてんだよ、ドライヤー貸して、て言ってんじゃん

と、再び言うと『ハイハイ』と言いながらドライヤーを貸してくれました。

その後は一人寝室でゴロゴロしながらDVDみたり、PC触ったりして遊んでました。



寝る場所、ですが。



当然、ベッドはひとつ。


寝る人は2人。

カレ『キミ、ベッドで寝ていいよ』

ミナミ『いや、ソファで寝るからいいよ。仕事するんでしょ?疲れてるんだから、ベッドで寝れば?』

カレ『いや、キミがソファで寝ると、朝起きたときに同居人が気まずい。だからキミはベッドでいい』

ミナミ『…』

カレ『…で、おれがソファで寝るけど、もし疲れてたらベッドに行くかも知れない。嫌なら言って』

ミナミ『いや、別にいいけど、ソファで寝るってば』

カレ『いいよ、ベッドにいて。じゃ、おやすみ』

と、いう具合になってましてね。

夜中3時くらいに眠くなったので、ミナミも寝たわけですよ。

出会って、それから。

February 29 [Wed], 2012, 1:04
一時期言葉のあやで大嫌いな時期があったものの、なんだかんだ韓国にいる一年のうちの半年、

だいぶお世話になったので、帰国前にきちんとお礼はしておこうと思い、最後に連絡をとりました。

最後に一緒に明洞に買い物に行き、私がほしかったものを全て買ってくれました。

帰国前に揃えたかった化粧品とかですけどね。

けっこうギリギリまでいろいろお世話になり、まあそれなりにいい思い出で帰国しました。



その後も、そこそこ連絡を取り続け、メールしたり、電話したり、韓国にいった際には

すこし会ったりもしてました。

別に、どこに行くわけでもなかったりするのですが。

少し話して帰る、みたいな、幼馴染ににたような感じで。

そして今から約2年半前、正式に離婚が受理され、就職も決まり、地元を離れました。

で。


新しい就職先地域が、カレが日本で住んでいる地域でした。

まあ、別に珍しくはないのですけどね。

東京ですから。

で、『東京デビュー』なんていいながら連絡を、まあ、ぼちぼちとっていましたが。


ある日『君は、なんでそんなに警戒心が強いのか』という話になり

ミ『そんなに強いかなぁ?』

カレ『強ぇよ。ちょっと仲良くなって近づいたかと思うと、ブワッとぶ厚い壁ができてる。

そのブ厚い壁をとっぱらいやがれ、バカ娘。』

と。

で、その壁をとっぱらうために『泊まりに来い』と。






…へ?




いきなりお泊り?

海外逃亡、続き

February 29 [Wed], 2012, 0:41
初めて海外に、行き先は韓国に行ったとき、ミナミは20歳でした。

屋台では当時歌手達のカセットテープが販売されており、

いくつか手当たり次第に購入し、帰国しました。

今思うとその中には多分H.O.TやらCLICK-Bやらgodやらが入っていたのでしょうが、

記憶の中には神話しかいません。(笑)

3本のカセットテープの中で、神話を繰り返し聞いていた記憶があります。

その記憶がよみがえり、検索したらまだ活動していた、聞いてみたらやっぱり好きで、

なんとなく韓国自体に馴染みがあったのもあり、韓国に決めた、というのもあります。



周りには出発ギリギリまで渡韓することも言わなかった上、

『神話に会いに行く』なんて、ミーハーなことをいいふらし、

友人達にはあきれられたり怒られたりしました。

ごめんね、と、心のなかで謝りながら。



行ったからには楽しもう、と、初の海外生活を、緊張しながらもエンジョイしました。

もともとの目的が『語学』ではなく『逃亡』のため、最初語学堂で基礎を学んだ後は

ひたすらバイトしてマイペースに生活していました。



そんな中、知り合った人がいまして。

ひょんなことから知り合った、まあ日本と韓国のハーフがいましてね。

両国で仕事をしているため、行き来をしている人らしいのですが。




なんか、やたらと親切だったのです。

もしかして…と、思う程。

バッグ、荷物を全部持ってくれるし、風邪引いた、といえばいろんなものを買って家の前まで来てくれる、

お金が無い、といえば自分のところに遊びにくれば、なんでも出してあげる、と。

一緒にいて、何もしなくてもいいのです。全部、やってくれるのです。

年末も友人とのパーティーがあるから来ないか、と。

韓国人男性としてみれば、このくらいの親切は当たり前なのかもしれない、とは思いながらも

一応まだ籍が入っている身、なにかトラブルに巻き込んでも申し訳ないし、

これが原因でまた話し合いがこじれたり長引いたりしても嫌だったので

ちょっと一線引いて距離を置く意味で、相手もひいてくれたらいいな、と、思いながら

自分の身上を話したのです、バツイチ候補なんだよね、と。

そしたら『そんな大事なことを話してくれてありがとう』と。

そしてなんとカレもバツイチで。

もうそうなったら『先輩』にいろいろ聞きたい。

離婚のことについていろいろ聞きました。

最近は。

February 29 [Wed], 2012, 0:18
先日お話した異動の件は、いまのところ順調にいってます。

まだ慣れないところはありますが、まあ、それなりに順調な感じで。

ただ、最近のミナミさんは、それどころでない。

申し訳ないのですが、異動どころではなかったのです。





話は長くなりますが…




実は、2007年に韓国へ行った理由が

『海外逃亡』

でして。




韓国へ行った本当の理由は、当時別居生活を送っていた自分を取り巻く状況に、

ものすごく嫌気がさしたからなんです。



そうです。

ミナミは結婚していました。

まあ、いろんな理由があって、限界を迎えて別居という道を選択したのですが

相手方の家族との話し合いが進まず、離婚という決着をつけさせてくれなかったのです。

一向に進まない話し合いに疲れ、もう関わりたくなく、このまま連絡せずにいられるなら、

その方が楽だ、と、相手家族と関わること自体に疲れ果てていたミナミに、

家族や友人達は

『まだ離婚できないのか』

『話し合いはドコまで進んでいるのか』

などなど、毎日誰かしらが聞いてくるのです。

心配してくれているのは百も承知です。

それを鬱陶しがるのは無礼な上このほかないとは思います。

ですが。

ですが。

もう限界だったのです。

もう、ミナミはみんなの前から消えてしまいたかったのです。

思い出でいい。

存在を、全て消したかったのです。

全てを、無かったことに。





でも、現実そんなことは許されません。

そこで『海外逃亡』に思い当たりました。

これなら、誰も自分を知らない場所に行ける。

みんなの前からは消え、でもいなくなるわけではない。

海外といっても広い。

アメリカやヨーロッパ、オーストラリアは遠い。

両親や大切な友人に何かがあったときにはすぐ駆けつけたい。

そんな理由から逃亡先を韓国に選びました。

異動

December 14 [Wed], 2011, 23:01
来年2月に、異動が決まりまして。

ミナミは今販売員をしていて、路面店に勤務しているのですが、2月からは百貨店へ異動。

いちおうステップアップでして、副店長になります。

これまで、一日一日を無事に過ごせればあとは無関心、というスタンスで仕事をして参りましたが、

これからはそうもいかない状態です。

もともとそんなにいい加減な仕事っぷりではなかったのですが、

ショップの店長が、




まぁ、




ひどい人でして…。







まったくやる気がなくなってしまって、というよりも

深く係わらない、というか、淡々と、というか、当たり障り無く、というか。

無難に一日過ごせればいい、深く係わると本当にロクなことにならないんです。

なので、一日無事に働いて、適当なところで寿退社したいな、くらいにしか思ってなかったんです。


ところが、この異動。

まぁ、それならもう少ししっかりお仕事しましょうかね。

今はまだスタッフには内緒なので、引継ぎなどはしていないのですが、

もうそろそろお話があるようで、そしたら一気に引き継ぎモードに入ります。

今も頭の中でいろいろ考えてはいるのですが、

きちんと仕事を残さずに異動できるよう毎日自分だけ忙しいです。



そしてこの先、副店長になったら、海外出張が実現する可能性があるんです。

それは、行きたい。

なので、ちょっぴりがんばります。



yaplog!PR
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミナミ。
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-韓国やイギリスの音楽が好きです。でも、全般的に好きです。オペラもミュージカルも、クラシックも…。
    ・語学-ただいま韓国へ留学中☆←帰国済み
読者になる
最近のあだ名は『お母さん』
コメント☆コマウォ(ありがと)☆
アイコン画像nao-beetle
» 地球を作ろうその5 (2010年10月15日)
アイコン画像nao-beetle
» 地球を作ろう その2 (2010年10月12日)
アイコン画像nao-beetle
» なんと。 (2010年09月09日)
アイコン画像ミナミ。
» どうもどうも。 (2010年09月08日)
アイコン画像nao-beetle
» どうもどうも。 (2010年09月04日)
アイコン画像ミナミ
» 宮崎へ行ってきました。A (2008年12月14日)
アイコン画像ミナミ
» 宮崎へ行ってきました。A (2008年12月14日)
アイコン画像nao-beetle
» 宮崎へ行ってきました。A (2008年12月13日)
アイコン画像宮崎の原住民
» 宮崎へ行ってきました。A (2008年12月13日)
アイコン画像nao-beetle
» 姉が。 (2008年10月21日)