自分の事 

May 17 [Wed], 2006, 20:40
メンズ服が好きだ。
男のように振る舞いたい。
私というのが違和感。
可愛いと言われるより、格好いいと言われたい。
女の子に触れたいと思う。
好みのタイプはアネゴ気質の実は脆い子。
男の子人の容姿に強い憧れがある。
痴漢に会ってショックを受けた内容が
「男に見える努力で、今出来る事全てを駆使してもまだダメなのか…」

女の子に頼られたい。

男のように女の子を抱いてみたいという願望がちょっとある…
男と寝るのは無理てか、頭に無い寧ろ気持ち悪い。

男みたいなバランスのいい筋肉の付け方をしたい。
マジ切実。


だから何よって話ですが…

漠然とした不安 

May 17 [Wed], 2006, 18:57
最近ボクは漠然とした不安に駆られてる。
このまま中途半端な性で生きるのか、それともオトコとして生きる決意をするのか。

小学生の頃、イトコに悪戯を受けた。
ボクはその親戚の家が大好きで、オムツの頃から泊まりに行っていたらしい。
おじさんもおばさんも、三人のイトコの兄ちゃん達も大好きだった。
悪戯を受け始めても、やっぱりその家は好きで、泊まりに行く事は止めなかった。
両親は勿論、おじさん、おばさんにも悪戯の事は打ち明けられず、兄ちゃんに対しても恋愛感情とは別に大好きだったから、拒んでしまったら嫌われるんじゃないかと思い悪戯されている事に気付かないフリをするしかなかった。
昔の記憶ながらに凄く怖くて痛かった事だけは鮮明に残っている。


そんな事があったからか、気付けばメンズ服を好んで着るようになる。
高校に入って同じクラスの男の子から告白されて、付き合うことに。
大人しかったその子は、家に遊びに行って例え2人きりになったとしても特に何か行動を起こすわけでもなく、若い男子高校生にしちゃ誠実なタイプだった。
キスさえも無く、帰り道で手を繋いで歩くレベル。

それでもやっぱり駄目だった。
いくら誠実でも、いくら手を出して来なかったとしても、何か…その時は漠然と何かが嫌で仕方なかった。
ごめん、もてあそんだとかじゃないんだ、Y君。
その頃から男性の目に、自分が女として映る事が嫌になっていたんだと思う。

専門に入学して、チャットで知り合った女性(たぶんタチ)と遠距離恋愛をした。
女の子から告白された事に対して、特に違和感も抱かなかったように思う。
この恋愛は本当に幼稚だった…。
ボクもその人もお互い苦しめる付き合い方しか出来なかったんかな。
その時のボクのセクはネコ。
この頃、今の彼女と知り合い、友人として付き合い始めてた。
そのうち、遠恋の彼女とこじれ始め、専門も中退。
親父と大喧嘩して千葉の現彼女の元へと家出。
彼女の好意で同居させてもらい、遠恋の人とも別れる。
そのうち現彼女に見初められて交際をスタートさせました。

最初はやっぱりボクがネコでした。
自分でもネコだと思ってた。
甘えたいし、可愛がられたいし。
まー、エッチもね。
最初の頃はね、そりゃしましたよ。
今考えるとビックリですが。



P R
2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kanata666
読者になる
Yapme!一覧
読者になる