列車内で帰省客200人年越し JR釜石線が立ち往生

January 04 [Tue], 2011, 4:55
青森 検索
青森 SEO
青森 ホームページ制作
青森 アフィリエイト
青森 無料ブログ
新橋 ライブハウス ともん
産地直送・物産
パソコン・携帯・スマートフォン
2010年大みそかの午後、帰省客ら約200人を乗せたJR釜石線の釜石行き下り普通列車が大雪の影響により遠野市の山中で約8時間立ち往生した。予期せぬ長時間の「缶詰め状態」に乗客はぐったり。列車から代替バスに乗り込んだところで新年を迎えた。

 JR盛岡支社によると、列車は正常ダイヤの12月31日午後2時38分、花巻駅を出発したが、遠野市宮守町の宮守?柏木平駅間を走行中の同3時35分ごろ、レール上に複数の倒木を発見し、緊急停車。倒木の撤去の間に列車の前後に雪が積もり、身動きが取れなくなった。現場付近の積雪は同3時時点で約30センチに達していた。

 現場は山の中で付近に大きな道路はなく、バス輸送に切り替えることができない状態だった。

 緊急停車から約8時間後、除雪車が遠野駅から現場に到着。乗客は遠野駅から3台のバスで釜石駅に代替輸送された。

 バスが遠野駅を出発したのは1月1日午前0時10分。通常ならば12月31日午後4時39分に釜石駅に到着する予定だった。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kanasama1204/index1_0.rdf