診察日和でした 

2006年03月18日(土) 19時42分
今週は仕事が忙しくて水虫の薬を貰いに行き損ねたから
今日、痔の診察とダブルでした。
痔と水虫の病院は駅を挟んでいるので遠い・・。
おまけに土曜は午前中で終わるところが多いっしょ?
効率よく回りたいけど土曜は私のような平日労働してる人がたくさん来るから混む。
二箇所のハシゴ・・・診察時間が早く締め切る痔を優先し、水虫は後へ。

痔の診察、先週初診だったから二回目からの受付に戸惑う。
受付のお姉さん(40くらいかな)が言いなれた感じで教えてくれたー。
マニュアルを暗記して棒読みしています!バレバレな言い回しでしたー

診察は無事終わり、痔も小さくなってきているそうなので今回で診察は終わり。
すごくあっさり患者を逃がすのねーと感心した。
だって今までの経験から行くと完治してきてるから大丈夫だなんて!
おまけに尻だ。尻を切ったのだ。
でも来なくていいって。
何かあったら来てくれってさ。
ついでに尻の中に痔核がないか診てくれたが痔核はなかった。
ホッとしたねー。
最後に整腸剤を一ヶ月ぶん出してくれた。
あっーこれが餌ですか

水虫は診察券を出したのにも関わらず
後から診察券を出した人、3〜4人に抜かれた。ナゼ?
もしかして忘れられたのかしらー?
そんな被害妄想が膨らんだとき名前を呼ばれた
まー、今日もわかりませんが薬を貰って帰ってきた。
毎回検査とかしてくれたらいいのになー
六ヶ月も薬を塗り続けなきゃ、本当にいけないのか?
調べると二ヶ月だったり三ヶ月だったり、先生にもよるのか
薬にもよるのか・・・すんごい疑問なんだよね。
で、私のかかりつけは六ヶ月塗れと言う。
痔のようにアッサリ開放してくれないのは金のためなのか!!
簡単に治らないのは知っているがこうも長いと疑ってしまうのぅー。

痔・その後 

2006年03月13日(月) 21時54分
痔になって、切られて、消毒が済んで日付が変わって今日。
あっという間に二日間が過ぎた。
覚えているようで覚えているのは断片しかない。
なんかもー必死で病院行ったから昨日の夜はグッタリ。
尻が化膿しないようにトイレのあとはシャワーで流したりと
旦那にも使わない気を尻に注ぐ。

今日はマンデー・仕事だった。
さすがに会社の人にも痔のことは言えず、尻をかばいつつ悟られないように仕事に励んだ。
(言ったところで私の尻の話しだからねー)
二日間はトイレの後豪快にシャワーで流せたのだが
会社はウォシュレットなんぞないから
そっと拭いて新しいガーゼを装着するのみ。
そっとしか拭かないもんだからしばらくすると尻が湿気で痒くなってきた。
でも傷に障るといけないので掻きたくても掻けない・・・。
傷が無くても仕事中そんなに激しく尻を掻く女は嫌われるだろうー
現実は痒みに耐えるのみ!!
今までの人生のように耐えます!!
といいたいが痒みと人生比較しちゃあいけん。

今日の朝方まで血が出ていたけど
夕方には止まった。
ガーゼはいらないのかしら?
そのへん医者に聞かなかったわ。

抗生剤かなんかの薬の副作用?動悸がします・・・。
やばいかなー
あっ?!昼に整腸剤飲み忘れた罪悪感?

消毒してきましたー 

2006年03月12日(日) 16時10分
昨日、切った後は出血も止まっているものだと思った。
看護婦さんにも確認してもらって安心していたのに
昨日は駅まで歩いたから出血が止まらず
今日もまだ少し出血してました。
でも痛くもなんともないし出血も徐々に減ってるみたい。
消毒のために見せた私の尻に看護婦さんは「痛くないですか?」って聞いてきたよー。
薬が効いてるのか痛みもなんにもない。
でもウンチはまだ出ていなかったのである。
やっぱ切ったところが穴に近いから不安でしょ。
とかいいながら今日は昼過ぎに出してしまったー。
でるまでの時間は
「出すべきか戻すべきか?」便器に座りながら悶々としたけど
そのうち波がきて戻せなくなりドドドーと。
こんなときだけウォシュレットが羨ましいね。
しばらくはトイレのたびに風呂場でシャワーだもん。

昨日の今日なのにウンチしても痛くないってすごい。
回復に向かっているのを尻で感じます。
痔の絶頂期はウインナーが穴にはまってる間隔がずっとあったけど
今はないもんねー。
イボ痔よいずこへ?!

水虫は小康状態。
生活の一部に足への薬塗りが浸透しました。
このまま消滅してくれるといいんだけどー

イボ痔が爆発 

2006年03月11日(土) 23時43分
イボ痔になりました。
まぁ、イボ痔は何度か経験していて市販薬でこっそり治していたわけです。
今回は一週間くらい前から立ったり座ったりすると激しい痛みがありました。
結局イボ痔が爆発し出血したので病院に行かざるをえなかったんですが。
病院いくと初診の人に問診表をかかせるでしょ?
今かかっている病院と病名を書かされてね、
水虫・・・ちゃんと書いたよ、最悪っ!
痔だし水虫だし・・・なんて現実をちょっと直視してしまったので気が遠のきました。
凄く混んでたけど肛門科は30分くらいで順番が来た。
先生に尻を見せたら
「あー!これは痛かったでしょう。ちょっと切って中身を出してしまいましょうね。」
といいながら看護婦さんにいろいろ指示を出して器具を準備。
「切る前に麻酔打ちますよ、チョッと痛いけど我慢してねー」
ブチっと打たれた瞬間イボ痔に打ち込んでいるらしく激しい痛みが!!
「うぅぅぅ・・・痛い・・・・うぅぅぅ・・・」
チョッとどころじゃないけどこれしか言えません。
麻酔が打ち終わったのと同時に先生から痔のQ&Aなる冊子を渡され
「あなたは急性血栓性外痔核ですよ。」
と言ってる間に痔をきっていて
痛みの原因であった血の塊を見せてくれました。
「こんなプルプルした塊が入ってたんですよー。取り除いたら痛みは楽になるはずですからー。」
見せなくていいから・・・と突っ込みたい衝動に駆られつつ
流れ作業的にそのまま尻の穴の中を検査されました。
なにか器具を穴に突っ込んでましたがもうびっくりしてされるがまま。
尻見せた上に穴まで・・・
その後縫うわけでもなく、ガーゼを当てて硬い椅子に30分拘束。
自分の体重で傷口を圧迫して血を止めるらしい。
尻は切っても意外と強かったのね。
で、出血も止まっていたから放免された。

帰ってから小へ行くのも怖かったですが
いろいと思いがけない一日にひどく疲れて眠気が・・・。
薬のせいもあったのか?まぁ一眠りして小へ行きました。
特に傷口に沁みるわけでもなく、痛くも無かったけど
病院帰りに歩いて駅まで行ったので
出血していましたが薬飲むのが遅かったからかねー?
また消毒行くから平気平気。
でもウンチは怖くてできないー。


病院通いも楽じゃない 

2006年03月02日(木) 18時45分
水虫さんにとって薬を塗り始めたら薬を切らしてはいけない。
そんなの医者にきつく言われてることだから
薬が切れかける半月にいっぺん水虫足を医者に診せに行く。
「あ〜、良くなっとるね〜。」といわれて診察終了。
時間にして10秒足らずやね。
だからなのか月替わりの初めの診察行っても月替わりの診察料?
みたいなものは取られない。
一度、診察受けずに薬だけ貰ったときの金額と毎回変わらないので
診察を受けても受けなくても薬代と処方箋代なのか・・・。
整形外科や産婦人科は取るんだけど私が行ってるとこだけなのですかね?
産婦人科で「これなに?なんでこんなにするの?」って聞いたら
私には理解できなかった・・・そこには二度と行くまい。
患者に納得できる説明ができなきゃだめだよな。
(私のレベルの低さもあるんですけどね)
 
水虫さんには最適だといわれる五本足靴下。
これって快適なんだけど靴が小さくなったみたいに感じちゃうよ。
スニーカーもきつく感じる・・・太ったからか?

病院にいき薬を塗り始めて満二ヶ月が過ぎ
三ヶ月目に突入。
薬の塗り方がうまくなりました。


新年初診察 

2006年01月08日(日) 20時12分
年が明けたので薬をもらいに先生のところへ駆け足で行く。
水虫治療を始めた人間にとって薬切れは死活問題だ。
初診のとき一本しか処方されず、
正月明けまで持ちこたえるのか不安だったが
ナントカ乗り切りました。
(生きた心地しなかったけど)
もし一回でも塗り忘れたら・・・足の裏に水虫ガーデン復活!!
そんな妄想で押しつぶされそうな正月でした。

一本じゃ不安で仕方なかったので今回は二本だしてもらった。
だって片足だけとは限らないし・・・
怖いので両足塗ります。

水虫になった女 

2006年01月02日(月) 22時18分
水虫になった自分を励ますために日記を書く。

一応女。

年末の月末、最終診察日に駆け込んだ私に無情な 水虫宣告 。

頭が真っ白になるってこんな瞬間ね・・・

そして開き直って顕微鏡見た。

これから半年も薬を朝晩塗って治療(退治?)に専念。

薬はゼフナートです。

水虫について日々思うことを書いていきます。

みなさんよろしく。






2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kanamizu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる