木の上から見張り続けて

June 01 [Sat], 2013, 19:30


木の上の軍隊 / 北九州芸術劇場

原案/井上ひさし
脚本/蓬莱竜太
演出/栗山民也
出演/藤原竜也 山西惇 片平なぎさ


久しぶりの日記です。
一度書かなくなると、もう一度始めるのはとても体力のいる作業ですね。
でも、これはメモしておかんと!と思ったので。
えっちらおっちらがんばります。

盛大にネタバレです。

いろとりどり

September 27 [Thu], 2012, 19:45
父のカバンからおもむろに出てきた大量の折り紙手裏剣・・・
全部父ちゃんが作ったんだってさ。
父ちゃん・・・なにしとん・・・・・

でもなかなかの圧巻

暑い夏にはコレ☆

August 25 [Sat], 2012, 23:59


幽霊・妖怪画大全集 / 福岡市立博物館

行きたい行きたいさわぎながらなかなか行けてなかった幽霊・妖怪画大全集。
やっと行ってきましたー
ちょうど行く直前に歌川国芳の番組を見ていたので、ますますわくわく

先に行った人から、ひたすらあるよーといううわさを聞いてはいたのですが、ほんとにひたすらあった!!
長かった!!
しかもずーっと幽霊と妖怪の絵!!
その上全部市博のコレクション!!
画家で風俗研究家の吉川観方のコレクションを亡くなったあとまとめて買い取ったんだそうです。
信じられない量でしたよ。
それでもコレクションのごく一部だとか・・・・
観方さんぱねぇ。。

夏休みの企画展だから、子どもも楽しめるように細かな仕掛けがいっぱい
キャプションやタイトルにそえられたキャッチコピーを読むだけでもすごく楽しかったです。
なんかキャプションが妙にフレンドリーでした。
やたらナルトだドラゴンボールだマンガのネタつっこんでくるし。

今回特に面白かったのは怪談物の芝居絵。
舞台の様子が含めて描かれてるんですが、それがかなり大がかりなの!
人がヘビに変身するやら、早着替えやら、もはやマジックの域・・・・
一人でメインキャスト3役こなしてたとかね・・・・・
歌舞伎って最高のエンターテイメントだったんだなぁ・・・と改めて。
やっぱり一回生で見に行きたいなぁ。。

それから伊藤若冲の付喪神がめちゃくちゃかわいかったです
若冲の絵って立体感があって独特の気配がするよね。
おもわずポストカード買っちゃった。

あと猫又ちゃんもお気に入り
YKI48総選挙とかアホ企画やっていたので、とりあえず猫又ちゃんに入れときました。

好きすぎて支離滅裂になったよ。

August 20 [Mon], 2012, 1:07


五味太郎作品展 絵本の時間 / 北九州市立文学館

だーいすきな五味太郎さんの原画展。
しかも店で招待券もらってタダで行けちゃうという事件!!
うきうきしながら行ってきました。

小さい頃クリスマスとか関係なくしょっちゅう読んでもらっていた絵本「まどからおくりもの」の原画が来るというので、それだけでもう大興奮。
文学館なのであまり広い会場ではなかったですが、120点も並んでいて、もう幸せすぎました
作品ごとに五味さんのコメントが添えられているのもすごく興味深かった。

五味さんの絵はカラーインクで描かれた絵の、色と色が微妙に混ざり合うふちのところがすごく好きです。
原画だとそのふちのとこがいっそう美しかった。
シンプルでほのぼのして、あざやかな色合いがやっぱりすごく魅力です。
でも、「みんな うんち」での、絵の具だから表現できる動物たちの質感も、あらためてじっくり見てみるとおもしろかったです。

最初にあげた「まどからおくりもの」もそうだけど、「きんぎょがにげた」とか「ことわざ絵本」とか、本当にたくさんの五味さん作品に育てられてきたんだよねー。
特に「きんぎょがにげた」は私の原点。
きんぎょがどこににげたかなんてわかりきってても、なんどでも読んでもらいたくなるくらい大好きでした。
今でもお店の読み聞かせでときどき読みます。

いつかきんぎょの原画も見てみたいなー。


ところで五味さんってサル系イケメンだよねー。
すごくすき。

気づけば夏が終わるらしい

August 18 [Sat], 2012, 1:00
まだまだ暑いけどね!!


すっかりブログを書かない人になってしまっておりますが、忘れたくないイベントごととかはここに書いとくのが一番なんで、しれーっと過去に遡って、ぼちぼち書いていきたい感じです。
まあ自己満だけど、展覧会とかは感じたこと書いておきたいし。
つまりは主に美術館日記です。
そんな言うほど行けてないけど。
日付も行った日に合わせていじるので、ちょんと6月の日記とか増えるかもです。


写真は先日行った、姪浜の花火大会
いかにもお盆な感じに、おじおばいとこたち大集合で、わいわい行ってきました
花火が始まるくらいに会場についたのに、ゆたーっと見れたよ。
ちょう穴場!
しかも花火がちょう近い!!
中高生のいとこたちに浴衣着せて、自分も浴衣きて、日本の夏を満喫でした


ちなみに集まった親戚は9割B型でした。
日本人なのに。
まー自由だたよ。笑

たまにはいわゆるメルヘンに浸りたくなる。

August 13 [Mon], 2012, 23:59


トチ狂った事件としか言えないのですが、24歳にもなって両親とハーモニーランド行きました。
父の実家からの帰り道にあるんです。ハーモニーランド。
通ったのがちょうど入場料が安くなる夕方だったんです。
なんか行きたくなったんだよねー

やっべぇ!親子連れとカップルしかいねぇ!!
みたいな状況でしたが、開き直って楽しんでみました。
一番開き直ってたのは母でしたが。
うちの母ちゃんはおかしい。

でも、夜の遊園地って久しぶりで、いるだけでワクワクしました。
ライトアップされた非現実って幸せになるよねー

あいかわらず夢の国と呼ぶにはちょっとぬるい感じでしたが、そこが魅力だと思います。
ハーモニーランド。
夜のショーでキティちゃんがAKBやガガ様に合わせて踊り倒したりね。
小芝居が寒すぎたりね。
全体的に漂う子どもだまし感とかね。
俗物的で、空回ってて、そこがなんか好きです。

ちっちゃいときは素直にだまされて、めちゃくちゃ楽しかったんだけどなー。
や。今でも楽しかったんだけど。
でも参加型アトラクションとか増えてて、ちびさんのいない両親と私では、楽しみ切れない感じでした。
つぎは小さいいとこをつれていこう。

柔らかくて、胸に刺さる。

August 08 [Wed], 2012, 23:59

生誕100年 丸木俊・絵本原画展〜いのちへのまなざし〜 / 下関市立美術館

今回の展覧会がはじまるまで、恥ずかしながら男の人と思ってました。
丸木俊さん。
やっぱり「ひろしまのピカ」のイメージが強くて、どうにも手が伸びなくて、作品もあまり読んだことなかったのですが、今回展覧会に行ってみると、イメージよりずっとやわらかくて幸せで、かわいらしい作品も多くて、びっくり。
丸木夫妻の写真もたくさん展示してあったのですが、俊さんの快活でチャーミングなこと
当時にしてはとても革新的な女性だったんだとうかがい知れました。

さらにびっくりしたのが、小さかったころ大好きだった「でてきておひさま」という絵本。
私は堀内誠一さんの絵で読んでいたのですが、俊さんも挿絵をつけていたことがあったそうで、その絵も展示されていました。
ストーリーはばっちり覚えているので、絵を見ていると、ここはあのシーンだな・・・なんてわかって、とても楽しかったです。

そらから俊さんの義母、丸木スマさんの絵も好きでした。
なんともかわいらしくて、味があって・・・・スマさんの天真爛漫な性格がにじみ出ているようでした。
俊さんがスマさんを描いた絵もあったのですが、二人の良い関係がありありと伝わってきて、あったかい絵でした。

やっぱり位里さんと共作の原爆の図はインパクトが強かったけれど、それ以上にやわらかであたたかい、俊さんの魅力を発見できた展覧会でした。
あの優しさがあったからこそ、原爆なんかと向かい合うパワーがあったんだろうな・・・

夏の夕空に魅せられて

July 28 [Sat], 2012, 23:59
ユベール・ロベール 悠久の古代を憧憬した、フランス18世紀の画家 / 福岡市立美術館


正月にレオナルド・ダヴィンチ展に市美に行った時、ポスターを見かけてすごーく気になっていたユベール・ロベール。
正直名前も一度もきいたことなかったのですが、そのポスターに描かれていた「古代遺物の発見者たち」という絵に、すごく中二心をくすぐられたのでした。笑
だって・・・廃墟
たぶんまだ別の美術館での展覧会のポスターに、速報で福岡市美にも来ます!みたいなのが書き添えてあったんだと思う。
でもあのポスター見なきゃ、行くことはなかっただろうなぁ・・・・
福岡市美のポスターの絵は「凱旋橋」でしたが、私は先にあげた「古代遺物の〜」のほうが好きでした


仕事が最高潮に忙しい時期で、うっかりしてるあいだに、会期が終わってしまいそうだったので、あわててばたばた行ってきました。
もうね。行って正解だった!!
遺跡とか、古代建築を中心に、古代の人々や描かれた当時の人々が入り混じる、独特の幻想世界。
つーぼーでーしーたー
廃墟の画家と呼ばれてたってのがたまらんよね。
廃墟好きです。
独特のロマン。
インディージョーンズな感じ??
素描が中心だったけど、素描でも十分魅力的。
写実的なのに、ありえない光景が広がってたりするので、幻想世界が際立たされている感じでした。

今回特に気になったのは、ロベールの描きだす空!
オレンジがかった独特の雰囲気。
でもなんだか懐かしいような、切ないような気持ちにさせられる空の色。
夕焼け、とは違うんだけど、夕方の空。
色のついている絵はほとんどこの空の色でした。
これはいつの空だっけ・・・?とずーっと考えながら見ていて、そのときは結局気付かずじまいだったのですが、後日仕事帰りに開けた道を運転していて気づきました。
ロベールの描いていた空は、夏の夕方だ!
や。美術史なんて、画家研究なんて、さっぱりなんで勝手な想像ですけど。
はっきりしすぎるくらいきりっとして、まぶしい昼間の青空に比べ、赤く染まるでもなく、ゆるゆるとぼやけていく夏の夕方。
なんだか泣きたくなる空でした。


無理して行って、ほんとうに良かった。
たぶん行けなかったら、ずっときになってぐるぐるしていたと思う。
それぐらい、なぜか心にくる展覧会でした。
好き!行きたい!!って思ったのはちゃんと行かないとだめだよねー。
最初のフィーリング大事!!

おとなのたのしみ

July 22 [Sun], 2012, 23:59

夏休みに入って仕事がひと段落する頃、お店の人たちやいつもお世話になっている方々(主に社長の悪友さんたち)と大人の遠足に行きました。

ちなみに上の写真はお蕎麦屋で迎えてくれたしがらきタヌキくんです。


佐賀の山の中にある、うまいと評判のお蕎麦屋さん
蕎麦湯のあるお蕎麦屋さんなんてあまり行かないので(というかあまり蕎麦屋に行かない)、それだけでもうわくわく
最年少参加者の2才くんとたわむれつつ、お蕎麦を堪能させていただきました
おあげがひっくり返してある見慣れない形のお稲荷さんも、大きくて美味しかった。
この時点ですでに酒飲みの人は日本酒で良い感じになってました。

場所を移動して、社長のお友達さんが定年してから自分で建てた山小屋へ!!
見た目にも涼やかな、湧水で冷やされるすいか
水がすごく冷たくて気持ち良くて、このまわりで2才くんと水遊びもしました。
基本2才くんとセットで年齢差22歳のお子様組でした
お酒は飲んだけど。

山小屋の内装はすごくおしゃれ!!
ステンドグラスがはまっていたり、こまこまと作られたいろんなオブジェが隠れてたり。
そして全部手作り!!
あの人はなにものだったんだろう・・・・
ちなみに現役時代は新聞記者さんだったそうです。

宴会の会場は優雅なテラス席。
写真じゃあまりもの乗ってませんが、この後山小屋にありったけの椅子が運ばれてきて、大宴会になりました
ふだん私じゃ絶対手を出せないような良いワインとか。
チーズとか。ハムとか。
オイルサーディンをバケットにそえてとか。


風も涼しくて、たいそう優雅な一日でした。
まずなにがすごいってみんなで酒が飲みたいという理由で、マイクロバスチャータとか
バスに乗り込んだらまず缶ビールもらったりとか。朝から。
小娘には大人すぎてドキドキしっぱなしの遠足でした。
あんな大人の遊び、お店の人たち・・・てか社長主導じゃないとできなーい。
たぶん社長は若い頃は浮名を流した小悪魔系だったんだろうと、お店の人たちで勝手に予想立ててます。
だって社長のファンの地元ではちょっと名の知れたおじさまたちが多すぎる。

ころがりおちちゅ

July 02 [Mon], 2012, 0:22
すっかりお久しぶり。
相変わらずユニクロカーデに色々付けて遊んでます
300円ショップに売ってるボタンとリボンのセットが大活躍だよ
ちなみにボタンは手芸屋さんの100円コーナーで10個100円だった木のボタンに付け替えてます。
センス無さすぎて泣けてくるけどね・・・・


さてさて、GW明けに小学校回りが始まって以来、怒濤の日々を過ごし、気づいたら7月て!!!
毎日倉庫で汗まみれになったり、パソコンの廃熱で熱中症になりかけるという稀有な体験してみたり・・・・・
なんかもうひたすら来たら打ち返してる感じで過ごしてました。
2年目だしもうちょい余裕出来るかと思ったら全然ですよ。
今年から発送とか色々任せてもらえるようになったのもあるけど。
やりたいことはたくさんあるのに、すぐ力つきちゃって歯痒い感じ・・・・
もっと効率よく仕事出来るようにならないとね!


忙しい分お休みの日は狂ったように遊んでます
高校時代の友達に久しぶりに再会して飲んだり、おバカ可愛いJKのいとこたんと羽海野チカさんの原画展デートしたり、そのままお泊まりして翌日におばさんとアウトレット堪能したり、母ともお買い物デートして夜は二人で飲みに行ったり
なんかストレスが物欲と食欲に行くよー
大変残念な感じ。
昨日もearthのタイムセールに遭遇して、散財しちまいました
生まれて初めてレジ待ちに1時間もかかるセールに参戦したよ


夏休みに入ったら小学校回りは終わりになるので、とりあえずあとちょっと・・・・
ひたすら流されて転がり落ちながら生き延びるよ!!
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:陽月かなん
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1988年2月18日
  • アイコン画像 血液型:B型
読者になる
こどもの本の専門店で児童書のプロになるべく修業の日々二年目。

大学では文芸創作を学んでました。
今でも創作活動はせんせーにお尻叩かれつつ、ぼちぼち。
毎日いろんな刺激をもらっているので、どうにか生かしたいなと考え中。

高校〜大学まで地元のアマ劇団に7年在籍したり、演劇部だったり、友達とユニット組んだり、いろいろお芝居してたけど、今はちょっとお休み中。
でもなんかやりたいなーと妄想はしてます。



別名義でツイッタに生息してます。
mochaemon(モカ)です。
日常のどうでも良い発見はこちらに。


P R
月別アーカイブ