コンサートホールの形状による分類

April 10 [Mon], 2017, 11:01
■ シューボックス型
靴を入れる箱の形、すなわち直方体の形をシューボックス型という。代表的なのはウィーン楽友協会大ホールやコンセルトヘボウなど。日本の例として、ステージ四面を客席が囲んでいる形(この特徴をアリーナ型という)の大阪のザ・シンフォニーホールなど。

■ ヴィンヤード型
客席がブドウ畑のように(段々畑のように)ブロックに分割されている形をヴィンヤード型という。英語のvineyard(ぶどう畑)から来ている。ワインヤードと表記されていることがあるが誤りである。
ドイツではベルリン・フィルハーモニー、ライプツィヒ・ゲヴァントハウスをはじめ、新たなコンサートホールの多くがこの型である。アメリカでは2003年完成したウォルト・ディズニー・コンサートホールがある。欧米に加えて、日本・中国などアジア各地にもこの型のホールが増えている。日本の例として、東京のサントリーホールが挙げられる。

長戸大幸長戸大幸長戸大幸長戸大幸長戸大幸長戸大幸長戸大幸長戸大幸長戸大幸長戸大幸
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:長戸大幸
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる