結婚式のスピーチについて

August 09 [Fri], 2013, 5:15
スピーチ内容
式のスピーチを行う場合、概ね3〜5分程度が目安とされています。話し好きの方であれば、雰囲気とお酒の効果も相まって、長く話しすぎてしまう事もありますが、あまりにも長いと周りも飽きてしまいます。また、あまりにも長いと他の段取り等にも影響が出てしまいますので、注意しましょう。

またスピーチで話す内容は、事前にしっかりと調べておきましょう。花言葉などをスピーチに使う方も沢山いらっしゃいますが、花言葉には思いもよらないマイナスイメージのものもあります。また、格言等を用いる場合も、自分の解釈と異なっていたりすると、せっかくのスピーチが台無しになってしまうので、事前に意味合いを調べておくことは、大切です。

スピーチでのタブー
式場にはたくさんの方が出席されますので、様々な価値観を持った方が集まります。立場や考え方も異なりますので、一般的には政治や宗教など、人によって捉え方の異なる話題は避けたほうが良いでしょう。

また、新郎新婦の過去の異性関係や、収入、学歴、身体的特徴等についても避けたほうが良いです。ごく小さな式で、集まっている方が全員知り合い、事前に話す内容を新郎新婦や両家と打ち合わせ済みというなら話は別ですが、軽く笑いを取るつもりで話したプライベートな内容が、聞く人によっては不快と取られてしまう事もあります。

受付準備
結婚式、披露宴での受付を担当する場合は、招待されたお客さまが困らないよう、そして結婚されるお二人の晴れの舞台を陰から支えられるよう、以下のことに注意しましょう。

当日は早めに到着し、余裕をもって準備できるように
会場内のトイレや喫煙所など、設備の場所を確認
芳名帳、招待客名簿、筆記具、席次表などの準備
新郎側、新婦側それぞれで受付
通常、受付役は新郎側、新婦側それぞれから2名ずつ依頼されるのが一般的です。ご祝儀等を受け取る際も、それぞれ新郎側、新婦側で別途受け付け、一緒にしてはいけません。従って、芳名帳や筆記用具等も必然的に2セット必要となります。それぞれ2名ずつお願いされるのは、1人がトイレ等で席を離れても、受付不在という自体が避けられるためです。間違っても、ご祝儀袋を置いたまま離席などしてはなりません。

受付対応
招待者の方がいらしたら一礼し、『ご多忙の中、本日はありがとうございます』と一礼。あくまで主催者側の一人として対応します。

芳名帳にご記入頂き、ご祝儀袋を渡された場合には、専用の受け皿に入れていきます。晴れの日に盗難事件等があっては大変です。ご祝儀からは決して目を離さず、席を離れる事も考え、上に記載したように最低でも2名以上で対応するようにしましょう。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:香奈
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1986年1月13日
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:専門職
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像同性婚
» 同性婚 (2013年07月08日)
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/kana3927/index1_0.rdf