とある世界のおとぎ話 

2007年08月15日(水) 15時30分
夜の世界の御話。



夜の世界の住人はみんな華やかで、瞳の奥には大きな花火をもっています。

沢山の嘘と欲で毎晩がお祭り騒ぎ。

香水と煙草の匂いで色づいた街はそれはそれは綺麗です。

楽しくてキラキラした話は誰にもみんなに訪れます。

「ぼくだけはとくべつなんじゃないかな?」

今日初めてこの世界にやってきた男の子はそう思いました。

彼は人間という生き物だから。

頭の中が麻痺する甘い甘いお酒と素敵なお城。

遊んでいるのか遊ばれているのか、もう自分ではわからなくなってしまいます。

そして朝陽が昇ると夜がかけていた魔法は解けて、夜が見せた夢は消えます。

朝陽は瞳の奥の花火を消してふたつに分けてくれるのです。

本当に悪い夜の住人と、本当は心の綺麗な迷い込んだだけの人間を。

淋しさや虚しさは朝陽の光でなくなりました。

しかし夢の中毒性は残ってしまうのです。

「つづきがみたいよ」

騙されても構いません。真実がどこにあるのかもう見えていないのですから。

今夜も女の子はお姫様。

今夜も男の子は王子様。

住人になってしまった人の大きな花火は今宵も夜空にあがる事でしょう。

御盆 

2007年08月15日(水) 15時19分

扇風機がのれんに音を浸ける




麦茶の氷は水滴に鳴り




入道雲の白は素麺に成る




太陽の赤は西瓜に吸われ




夕焼け、蜻蛉 新緑も更に深く




初孫、父 母




笑い肥え

夏の風 

2007年08月07日(火) 14時56分
私の一番好きな季節 夏。


午前中に家事をさっと済ましちゃう。



家族一人分増えた洗濯物をゴトゴト音をたてて綺麗に洗う。


ベランダの網戸を開ける。



カラカラカラ



眩しい陽射しと気持ちいい風。


髪がサラサラ流れる。

ふわっ

地面の方から沸きあがる熱気。


一枚一枚丁寧に家族の洗濯物を干していく。


布団を干して背伸びしてぽん、ぽん、ぽん。



「あ〜」



成陽


起きたの?


おはようね。




カラカラカラカラ





涼しい部屋の中、抱っこ。



 

2007年07月31日(火) 10時02分
この手を伸ばす

星だった人とか

月な人とか

降りたってみれば穴だらけ
酸素も無いかも?

雲にのっかれば

堕ちる


此処でこうして存在してる私も過去にあの人が羨んだ場所


掴んだもの

掴めなかったもの


憧れた人

蔑んだ人


繋がっていたい人



星も月も爆破しちゃうよ

キラキラ 

2007年07月30日(月) 16時21分
キラキラしてる人に会いました。

立っているだけで、キラキラの光の結晶が天から降り注いでるみたいな。


こんな人には何をしても敵わないんだろうなって思いながら、消えないキラキラに見入ってた。


天性 かな?


こういうの?




過去にオーラが蛇口の水みたいな人と会った事があります。
全開にオーラが激しく放たれてる時は恐い位。
それを本人に言うと、
「よく言われるけど自分では解らん」
だって。笑って。




キラキラな人間にも、強いオーラの人間にも憧れます。


でも
あたしはなれるなら



オレンジ色のあたたかい○。



人の目を引かなくても触れると暖かくて優しい人間でいたい。

繋ぐ 

2007年07月29日(日) 3時55分
みんな友達になればいい
「友達」はあたしに何も求めてない。

メリットなんか考え無い。
計算も嫉妬も無い。

存在が必要だから傍にいる。
それだけが全ての友達になりたい。

ずっと続いていくのは、求め過ぎる熱さじゃなくて心地良い体温位の温かさ。


なんとなく侘しくなっちゃった。

なれるかもしれない。
なれないのかもしれない。

紅茶 

2007年07月26日(木) 0時01分
今夜はチャイ。

たっぷりミルクを注いで真っ赤なハートのマドラーでくるくる。
湯気がほっこり。
甘いミルクとお砂糖の匂い。

ふーぅ。

身体があったまって良い気持ち。

ある日に飲もうと決めてる紅茶があります。



「Chanpagne Rose」
ストロベリーとシャンパンの紅茶…



見た目も可愛いくってお祝いにぴったりの紅茶。

いっぱいの嬉しい気持ちで包まれるって、

そう信じてる。

 

2007年07月20日(金) 23時55分
私は神様に見られてると思う。

子宮内膜症になったのは甘くなく厳しくない調度良いあたしへの戒めだと思った。

この病気で死ぬ事は無い。
でもこの病気が完治する事も無い。

不妊だと思ってたあたしに赤ちゃんが授かって無事に産まれて健康な子だった。
その直後多分帝王切開がきっかけで不妊につながる可能性があるこの病気になった。

自分を軽く扱ってた代償だと思いました。

人には言えない人として最低な色んな事何度も繰り返した。
そしてその度に神様は居て、その罰は与えられてきた。
でもあたしは馬鹿で根本的には懲りてなかったんだ。

これから先も、その最低な事を冒しかねないから私に一生付き纏うこの罰を与えたんだ。

終わる事なく歯痒いこの病気は性交痛も伴うと。

あ〜あたしにぴったりだね。

いつだって不思議な力感じてきた様な気がする。

神様か仏様か誰かは定かじゃないけど、居る気がして仕様が無いです。

過去を思えば成陽を授けてくれた事に感謝します。

慈悲深い。

一生付き纏う病気をもらって感じたよ。

精一杯人生を楽しんでやる!って。

三日間落ちたけどね。
これからもたまに落ちるけどね。


まだ呆れずに見ていてよ。神様も皆さんも。

欲張り 

2007年07月18日(水) 2時52分
やっぱりあたしの欲張りはなおんないな。
大事な宝物を授かったのに友達と会いたい時に会えないのが淋しいって思ってしまうの。
色んな人に必要に思われたい欲張りは簡単に消えないみたい。
自分がみんなに会えてない事が仲間外れみたいで。
優先順位…
お母さんなんだから。
お母さんだから。

自我 

2007年07月15日(日) 11時32分
たまに自分の感情がよくわからない時がある。

この気持ちは言葉にすると何なんだろうって何日も考えている。

知っている感情を表現する言葉では到底すっきり出来なくて、とりあえず当てはめてみては違うと悶々とする。

でも気持ちにぴったりな言葉を見つけた所で何も変わらないかこじつけなのも薄々解ってる。

感情と行動が伴わないのも感情が単純な言葉ひとつに出来ないのも私がこれでも多少大人になったからだと思う。

大人に成るって複雑。
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像かな
» 此処は何ですか (2007年06月11日)
アイコン画像うさぎ
» 此処は何ですか (2007年06月03日)
アイコン画像かな
» これからと今まで (2007年05月26日)
アイコン画像ワンダ
» これからと今まで (2007年05月15日)
アイコン画像かな
» 黄色い自転車 (2007年03月08日)
アイコン画像うに
» 黄色い自転車 (2007年03月08日)
アイコン画像かな
» 毎晩の幸せ (2007年03月02日)
アイコン画像うに
» 毎晩の幸せ (2007年03月02日)
アイコン画像かな
» さきのばし (2007年02月22日)
アイコン画像うに
» さきのばし (2007年02月22日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kana-charmy
読者になる
Yapme!一覧
読者になる