ルドンの黙示。 

August 24 [Sun], 2008, 22:49
みっちゃんは世界を支配する帝国シハージャの将軍ケアルガ役
衣装はフライヤーの衣装と、茶色のスケスケマントを羽織った2パターン
ケアルガはすべてを力でねじ伏せる、冷血無比な将軍
かつてないほどの悪役っぷりでした。
けれど、妹のマリアに対しては、すごく優しいお兄様
声色や視線もすごく優しくて、そのギャップがすごくよかったです
が、途中からはマリアを女王にするために、徐々にマリアの理想が実現させることなどできないものだと自らでわからせるべく、マリアに対しても厳しい態度を
マリアも自分の理想を捨て、ケアルガの思想を完璧なまでに引き継ぎます
マリアが自らと同じ志を話す間、目を閉じじっと聞き入る姿が印象的でした
そして、世界を統べる王は2人いらないと、マリアは自らの手でケアルガの命を奪います
妹に剣を突き立てられたその時ですら、ケアルガの表情は穏やかでした
まるでその時を悟っていたかのように…。

というわけで、なかなか激しい内容でした、色んな意味でw
芝居にはなかったけど、やってきたことが酷過ぎww
あの表現いるんかな?ちょっと疑問にも思ったけど。
とりあえずみっちゃん悪者ー!非道ー!傍若無人!!(笑)
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kamosu-kamo
読者になる
2008年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる