マンション購入後に発生した不満-2 

December 03 [Sat], 2005, 4:02
(つづき -階上の生活音が聞こえる-) 
私はパニックになった。信じたくなかった。 そして、階上のドタバタという布団を干しに出る足音、カーテンを開ける音までが窓を閉めていてもはっきりと上から響いてきた時、鬱々とした思いは更に重くなった。 「今までのところでは聞こえなかったのに…、他の住民からも注意したこともされたこともなかったのに!!」 階下には気を使い、夜中にフローリングに置いた箱を開けることすらためらわれた。そろそろと忍び足で夜中に移動するうち、とうとうすっかりストレスを溜め込んでしまった。

そして、おいうちのようにニュースで騒がれ出したヒューザー事件。夫の母が、心配して電話をかけてきた。それを応対する夫の「心配しないで、うちは大丈夫だから。」と話す内容を聞いているうち、胸焼けがしてきたのを感じた。 構造上の耐震性は、大丈夫なんて言い切れるのだろうか…?と。

ネットでこのマンションの管理会社や施工業者などを調べた。 あるマンション関連の掲示板で、この管理会社が良くない造りの他のマンションを建てていたという記事を見つけた。 このマンションもそうだとは言えないが、耐震構造については、まだ調べていないにしても、既にこんなに音が聞こえる時点でそこまで良い構造ではないのではないか、という思いが膨らんでしまう。 

不安のあまり、独り言の声を荒げていた私に夫がどうしたんだと話しかけて来る。訳を説明すると、「これぐらいの生活音、集合住宅なんだから聞こえることもあるんじゃないのか?自分は気にならないよ」との返事。「私は気になるのに…!」と言い争いになってしまった。

確かに、住んでみなければ判らなかった部分もあるのだろう。しかし音が聞こえる点は、自分にとってはかなりのマイナスポイントとなってしまった。 夫の言うとおり、ここに慣れていき、快適に暮らす努力をするべきなのだとは思う。

マンション購入後に発生した不満-1 

December 03 [Sat], 2005, 3:39
マンション購入後にヒューザー事件で不安に

今年、念願のマンションを購入。このファミリータイプの部屋は、夫と不動産屋めぐりをしていて見つけた、築5年の真新しい中古物件だ。

9月から入居して3ヶ月が経ったが、実はもう早も「くここを人に貸してしまいたい」と思っている。

他室の生活音が聞こえるのだ。

きっかけは、夫の両親を新居に招いた2日後だった。 下の階の住人が、「申し上げにくいんですが、夜中や朝にごとごとしている音が、頻繁に聞こえるんですが…。」と、苦情を直接伝えに来たのだ。 愕然とした。確かに、夫の両親を招く直前に、2日ほど夜中にも片づけをしていたのだが、それが聞こえていたらしいのだ。

そういえばここに越してきてから、時々上の階の住人のガタンゴトンというフローリング床に何か置いたりひきずったりするような音、階上の廊下をコツコツとヒールで歩く音が聞こえていた。  「余程大きな家具でも動かしているのかな…?」と思おうとしたが、以前まで住んでいた築30年や15年の賃貸マンションでは、一度も聞こえなかった生活音だ。 「まさかこんなに聞こえるはずないよなぁ、この新しいマンションで?」とその不安を打ち消そうと思っていたが、それが今日、確信に変わってしまった…!

ここは、遮音性にはあまり気を使わずに作られた、”ソコソコのレベル(?)の、遮音には配慮が不十分なマンション”だったのだろう。 新しいから、見た目が綺麗だからと油断していた。購入の際の内見時に、音について充分確認してなかったように思う。  「……失敗した!?35年ローンを組んだばかりのこの家が、こんなに音が聞こえる壁の薄い作りであったなんて!!」  (続く)

保険が信用できなくなった日-3 

December 02 [Fri], 2005, 6:20
あまりにも保険に対して無知すぎた。口頭説明による思い込みも手伝って、確認も怠っていた。だから私が悪いということなのだろう。しかし、釈然としない思いが残った。

解約希望の書類に記入しようとしている今、以前他社の保険に加入するとき、「あそこは場合によって出ない事が多いから」という保険外交員の女性の言葉をぼんやりと思い出していた。
…自分みたいな馬鹿な加入の仕方をするぐらいなら、現金を母にあげていればよかったと思った。もし母が入院したとき、カンポはちゃんと出るのだろうか。またかなり待たされて、出ても入院費には全然足りないのではないか。そんな不安が今もある。 …もっと自分は、保険について勉強する必要がありそうだ。

しかし、もうあの会社での保険には加入したくないと思った。勧誘時は電話で熱心に勧めてきたが、確認してみれば違った内容。馬鹿は保険に入ると損をするという事なのだろうか? 決してそうではないはずなのだろうが、今はどうしてもその会社に対して、心情的に良いイメージを抱くことができそうにない。

保険が信用できなくなった日-2(続き) 

December 02 [Fri], 2005, 6:12
母にそれを伝えると、やはりなかなか保険料を払ってもらえない会社なのではないか、もしくは契約なのではないか?だからそこは止めて欲しい、と言う。もし入院しても、カンポに自分も入っているから大丈夫だと言う。

それが気になっていたが、3ヵ月後にやはり不安に思いカスタマーセンターに電話をして契約内容を確認した。それは「入院8日後に、その病気で通院を続けた場合にのみ」通院でも保険が下りるという保険内容だった。単純に「通院した場合に保険料が支払われる」保険だと思っていたのだが、全く違ったようだ。通院で保険料が出るからと勧誘され特約をつけたと思っていたのに、ただの通院で出ない保険に高額に上がった保険料を払い続けていた事がかなりショックだった。…自分が勝手に契約内容を勘違いしていた、という事なのか!?

いや、4月に特約を勧誘された時、私は何度もただの通院でも出る保険なのかをアリ○の電話の向こうの勧誘員に聞いて確認したはずだ。それでも、勘違いがあったということなのか。電話で成立した契約は、その後保険料が上がりましたという通知が来たのを見たが、細かい内容を確認しなかった自分が悪かったのだろうか。きっとそう言われるのだろう。……1年で8万円近くを払い、通院に保険が下りる事も返礼金もなく、ただ解約するのは惜しい。

私は、今の保険を他の保険に切り替えたり、内容を変更はできないのかと尋ねた。他にもTVでCMしている、積み立て型や様々な内容のものがあるはずだが、終身保険の勧誘をされたとき、代理店の男性に言われた「この社に保険の種類は多々ありますが、基本は同じで細かい部分が違うだけですから」と。だから、切り替えが出来るのだろうと漠然と思い聞いてみた。 しかし、答えは一切出来ないとのこと。他の保険や内容のものにしたければ、今の保険を解約し、新たに加入しなおす必要があると言う。1年払ったものは、掛け捨てのものだから次に加入したい保険に、期間を継続するかたちで、というのは無理なようだった。  代理店の勧誘で言われた「切り替え」という言葉は、今までの医療保険を解約し、新たに終身保険に「切り替え」ませんか、という意味だったらしい。そんな事もわからずに、私は保険料を払い続けていたのだ。

保険が信用できなくなった日-1 

December 02 [Fri], 2005, 5:23
父が昨年秋、脳梗塞で入院。 それほど体調がよくなかった母は、父の介護中に一度、無理をして倒れた。

点滴と注射で一日後に母はもちなおしたが、今後母まで入院しては、父も妹も母も共倒れだ…!といった不安から、私が契約者で母が被保険者として急遽今年1月から入った入院保険。父の入院時に金銭の給付が非常に遅かったカンポが信用できなくなっていた私は、54歳の母に外資系保険会社・アリ○の「手○で○っち○入院保険」というものに加入させた。

そして今は12月、今年の1月から1年間母への保険料を払い続けていた私だが、それを解約しようとしている。 月約8600円の保険料が負担に感じられて来たからだ。

1月に54歳の母を加入させた当初は約5040円程度の保険料が、4月頃にアリ○の女性からかかってきた勧誘電話で「通院にも保険料が支払われるもの」に特約をつける契約に変更した。

そして7月、アリ○の代理店だと名乗る男性からの勧誘電話。終身保険に切り替えれば、加齢により保険料が上がっていくのを抑えられますよ、とのこと。しばらく迷ったが結局、終身保険への加入を母に勧めた。

母は、7月に体調を崩し血圧が上がって、血圧を下げる薬を飲んでいる時期があった。それを終身保険の告知用紙に書くか迷ったが、伝えてなかった後になって告知義務に違反したので保険が出ない…という状況になるくらいなら、と簡潔にそれも記入した。結果は、終身保険加入のお断りの通知として届いた。当然の結果といえば結果なのだろう。しかし、最初に入った医療保険の契約は残っていたので、今度通院をすることがあれば請求できるものなのだろうと思い、そのままにしておいた。

父が倒れてからの実家の家計-3 

December 02 [Fri], 2005, 5:20
真面目に働いてきた両親。生活にはむしろ余裕があり、入院などに備えた保険や年金、共済などいろいろと備えはしてきたはずだったのに。
10年以上、本業の自営の傍ら、町の議員としても忙しく町の道作りや改善に向けて働いてきた父。2年前の改革、そして今は議員年金の廃止。
33年以上、祖母から継いだ小売業を続けてきた母。自営業・小売業の共済で出た額は父の入院で必要なため、一括で貰う選択をし、支給額は減額された。
35年以上も自営でやってきた父。脳梗塞で倒れ、まだ父に仕事を頼みたいと言ってくれる人々もいるが今は働けなくなってしまった。

車椅子で週2回のデイケアサービス(施設での入浴)が唯一の楽しみの父。父を看る事が生活の中心となってしまった母。都市に居たが2年前から実家の近くで働き始めた妹。他に欲しいものも買う事ができない、ぎりぎりの生活となってしまっていたようだ。

なんでこうなってしまったんだろう。不慮の事態に備え(保険や貯金)はある程度あったはずなのに。
私が助けなければ駄目だ…、きっとそうだ。 そして、来週からの毎月の送金再開を決めた。

父が倒れてからの実家の家計-2(続き) 

December 02 [Fri], 2005, 5:12
父が倒れてからの実家の家計(続き)

■収入:以前までは、家には父母の3本柱の収入があり、特に貧窮しているといった事はなかった。
・数年前までは母の小売業の収入が月6万前後→母の体調で休業。
・2年前までは月15万の議員給与→父が議員を60歳で定年退職。(退職金はそう多くはなかったらしい)
・昨年まで父が本業としてずっと続けてきた自営業。
そんな三本柱の収入があったものが、1本減り、また一本減り、そして昨年の父が倒れてからは最後の一本が無くなった。

■入院での支出:倒れた当時、父の入院は約4ヶ月。うち、残り3ヶ月はリハビリのある他より高額な専門病院にいたため、100万円以上の支出があったが、カンポから支払われるのはだいぶあととなり不安感がつのった。

■年金や保証の内分け:
・障害一級であれば最大90万円近く年に貰えるはずなのに、家では年間10万円とかなり少ない? 60歳からもらってしまったためなのかどうか、詳細は不明。
・父が倒れ、カンポと呼ばれる簡易保険で支払われた額は、かなり待たされたあげく結果は50万円、ただそれだけ。
・父は自営の傍ら、地方の町会議員として10年以上働いていたが(月給は15万前後)、本来なら議員年金が支払われるはずだった。しかし、2年前の改正からは支給額が減り、今は全く期待できない状態。

・母が小売店を経営していたが、数年前に店をたたむ。昨年父が倒れ、自営業小売業者が入る共済みたいなものでもらった退職金は、長く貰わず一括で払ってもらったために減額され200万円弱。これと今までの貯金を切り崩し、足りない収入をどうにか補っている。

父が倒れてからの実家の家計-1 

December 02 [Fri], 2005, 4:26
聞いて愕然!実家の家計簿   父の倒れた1年後、両親の収入は…

私は今、結婚して夫の世帯に入っている。 遠く離れた実家の両親とは年に2、3回帰省で逢える程度。
昨年秋に父が脳梗塞で倒れ右半身麻痺で働けなくなってからは心配になり、毎月の収入は大丈夫か?と母にたずねたが詳細など教えてくれることもなく「大丈夫だよ」とだけ。すぐに自分の銀行からまとめて送金し、その後も定期的にささやかながら現金を送っていたのだが、今日電話をするまでは、実家の家計がどうなっているかを掴みきれておらず、ずっと心にひっかかっていた。

約240万。 母、障害一級の父、そして未婚の妹。これがこの3人の暮らす世帯の年収だった。「3人で月20万?障害の残った父の医療費・介護にもお金がかかるのに、それで生活していけるの!?」 思わず電話口の向こうの母に声をあげて聞き返してしまったほど。光熱費・食費・雑費その他で精一杯、余裕などあるはずもなかったことだろう。

父の年金その他10万円+妹の給料から10万円=月20万円。 ×12ヶ月=年収240万円。
生活費の他に、父の介護・医療費も多少介護保険で割引はされるが、やはりかかる。

ちなみに妹の勤める地方の職場では、月給14万前後。実家暮らしとはいえ、車のガソリン代や服飾・昼食・雑費を引いた10万円を月に家に入れているとのこと。この月10万を世帯の年収から差し引くと、たったの10万円。その妹も、同居の条件をのめる入り婿などなかなか見つかるはずもない。

障害一級・62歳の父の年金がその残り10万円ということだった。

母は体調を崩しがちなうえ、父の介護もあるので働きに出るのも難しく、55で年金を貰うまで10年近くあり、自営業だったため10年後に出ても月5万円出るかどうかとのこと。

あまりにも心もとない金銭的状況にショックを受けると共に、私の送金を増額の方向で再度考え直す必要がある事を知った。 

自分の無知さ・呑気さが口惜しく、両親や妹の苦労が思われて忍びなかった…。
2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kamonegi84
読者になる
Yapme!一覧
読者になる