【 更新情報 】

スポンサード リンク

オムツポーチは外出での必需品

新生児の頃はたくさんの赤ちゃん用品を購入しないといけないためかなり出費がかさんでしまいます。
オムツポーチは必要かどうかと思っているお母さんも多いのではと思います。
でもやはり外出する時にはオムツポーチがあると便利だと思います。
外出時間が長いと4,5枚位は必要だったりしますし、特に外で捨てるわけにはいきませんし。
使用済みのオムツを入れるオムツポーチがあると助かると思います。
底がビニール製になっているものが良いと思います。
さらに消臭機能付きのオムツポーチもあるので探してみるといいと思います。
オムツポーチにもいろいろな種類やデザインがあります。
1000円くらいから3000円くらいが主流みたいですが、ネットで検索してみるとたくさん出てきます。
ネットオークションですとかなり激安のものも見つかりますよ。
さらにネットでは手づくりのオムツポーチの作り方というのもあります。これ結構使えますよ。
布の切り方縫い方、型紙まで細かく紹介されています。
手作りが好きなお母さんは自作のオムツポーチを作ってみるのも良いかと思います。

布オムツの良い点

新生児の場合はオムツを取り替える回数が多くなるため紙オムツの方が良いというお母さんが多いです。
布オムツは洗濯が面倒で大変だという意見が多く聞かれるのも事実です。しかし、布オムツの良い点は逆にいえば頻繁に取り替える分赤ちゃんとのスキンシップが生まれ感受性豊かな子供に育つという意見もあります。さらに、赤ちゃん自身が気持ち悪いのでオムツ離れが早くなり、トイレを早く覚えるということもあります。
布オムツにした場合必要となるのがオムツカバーでサイズもいくつかありますので成長に合わせたものが必要になります。あと便利なのが「さらさらシート」でうんちが落ちやすく便利です。
成型オムツというのもありますので試してみると良いと思います。
歩き始めたらオムツの買う量を減らして変わりにトレーニングパンツを使ってみるのも良いのではと思います。赤ちゃんも動きやすくていいと思います。
布オムツはお母さんにとっては取替えや洗濯が紙オムツに比べると大変になるかもしれませんがそれなりのメリットもあります。
是非、試してみてはいかがでしょうか。

オムツかぶれの原因と対処

赤ちゃんのオムツかぶれで悩んでいるお母さんは結構いらしゃるのではないでしょうか。
オムツかぶれの原因として考えられるのが、まずおしりをしっかり乾燥させていないということです。
この場合はオムツ交換する時におしりを拭いた後、ドライヤーで乾燥させてあげてクリームやベビーオイルを
おしり全体に塗ってあげると良いと思います。ドライヤーの温風をやさしくあててあげると赤ちゃんは
気持ちが良かったりします。クリームやベビーオイルは油なのでうんちが拭き取りやすいという利点もあります。
あとオムツかぶれの原因としてはオムツによっては合わない赤ちゃんもいるようです。
オムツも試供品などをうまく利用していろいろ試してみると良いと思います。
かなりデリケートな部分ですので個人差もかなりあるようです。
おしり拭きが原因の場合もあります。この場合は塗らしたガーゼでうんちを
ぬぐった後、乾いたガーゼでやさしく拭いてあげると良いと思います。
オムツかぶれは赤ちゃんのおしりを良く乾燥させてあげるこで結構直ることが
多いみたいですが、それでも直らない場合はやはり小児科か皮膚科に行って診てもらいましょう。

紙オムツの試供品利用術

赤ちゃんに適切な紙オムツを選ぶにはまず試供品を利用すると良いと思います。
試供品の貰い方ですが、各オムツメーカーに直接問い合わせをして見ましょう。
または「たまごクラブ」などの雑誌にも載っているのでハガキを出してみるといいと思います。
後は赤ちゃんメーカーの両親学級に参加することでお土産に紙オムツを貰えたりするみたいです。
ほとんどのメーカーは少量ですが試供品をくれると思います。
やはり赤ちゃんによっては合う合わないが出てくるこもあると思いますので試供品で試してみましょう。
赤ちゃんの皮膚に合わないとかぶれの原因になることもあります。
さらに紙オムツは赤ちゃんの目的用途、成長に合わせたサイズ選びをすることが
必要になってくると思われます。
赤ちゃんの成長によって新生児用、Sサイズ、Mサイズ、Lサイズ、BIGサイズ
と大きさもありますし、テープ式、パンツ式といった種類もさまざまです。
さらに、オムツトレーニング用として赤ちゃんが濡れた感触がわかるもの
水遊び用やおねしょ専用ものなど種類は豊富です。
まずは、試供品を積極的に利用して最適な紙オムツを見つけましょう。

オムツ比較で紙オムツ、布オムツを使い分けましょう

オムツは赤ちゃんを育てる上で必ず必要になりますが、成長や用途によって
種類を使い分けると良いと思います。紙オムツと布オムツがありますが、
比較するとそれぞれの良い点があります。
紙オムツの場合は吸収力が良いためかぶれにくい、横漏れしにくい、濡れても
気持ち悪くないので夜はゆっくり寝てくれる、洗濯する必要がなくお母さんの負担が減る。
布オムツの良い点はおむつ代があまりかからない、濡れて気持ちが悪いので泣いて教えてくれる、
ゴミがあまりでない、などでしょうか。
赤ちゃんによっては相性があって、紙オムツの方がかぶれる赤ちゃんもいるみたいです。
新生児の場合は頻繁にオムツ交換が必要になりますので紙オムツの方がお母さんにとっては
負担がかからないかもしれません。3ヶ月位たってから布オムツに変えてみるのも良いかと思います。
あと外出の時や夜寝る時はオムツ交換が大変ですので、紙オムツを利用するのが
お母さんにとって楽かと思います。
以上のように比較してみると成長や用途によって両方をうまく使い分けることが良いかと思います。