ニンニクを食べて時間がたつとげんなりするような臭いに変化してしまう理由 

May 15 [Mon], 2017, 22:27
うちの旦那は自営業なので、昼を家で食べることも多いです。
仕事から帰ってくると、たまに廊下にニンニクの匂いがしてきて、
「あ、今日は餃子食べたんだな」なんてわかるときもあります。

今は無臭ニンニクなんてものもありますが、ニンニクってあの匂いが食欲をそそりますよね♪
でも、食べて時間がたつと、なんであんなにげんなりするような臭いに変化してしまうのでしょう...

理由をネットで調べてみました。
どうやら臭い成分の中でもかなり強い悪臭「AMS」という成分が原因のようです。
食べてからだんだん増えていき、時間がたっても消えないという厄介な成分で、尿や血液中にもそのままの形で入り込むようなんです。
なので、ニンニクを食べた後に胃や腸から呼気としてそのまま出てしまうみたいなんですよね。
さらに血液から汗の体臭になったりもするみたいなんです(>_<)

臭いのは息だけじゃなくて、体臭にもなるからかぁ!
確かに我が家で嗅ぐ、時間がたったニンニクの臭いは、若干おっさんくさいような……(笑)

そういうわけで、身体に臭み成分が回る前に、消臭成分を一緒に摂取すると臭い対策になるようです!
すぐっていうのがコツらしくて、牛乳やマテ茶、ウーロン茶などが良いらしいですよ。

……旦那にも勧めてみよう。
2017年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。
http://www.ミュゼ広島アッセ・ゆめタウン.jp/