東京の洗面化粧室のリフォームで、給湯エネルギーの無駄を省く方法とは

January 12 [Mon], 2015, 12:44
何事も最先端な東京では、エコロジー意識も高く、お風呂やトイレだけではなく、洗面所での節水にもこだわるひとが多いです。東京の洗面化粧室のリフォームでも、エコに貢献できるエコハンドルが人気です。
東京の洗面化粧室のリフォームでエコに貢献するには、洗面所での水温を適温にすることがたいせつです。いつも必要ないのにお湯を出していたりしているひとも多いのではないでしょうか。そうすると、むだなガス代や電気代、水道代がかかってきてしまいます。東京の洗面化粧室リフォームでつけられるエコハンドルなら、いちばんよく使用する正面の位置で水が出るようになっています。ですから、これまでのように、むだにお湯を出してしまうことがありません。当然、給湯に必要なエネルギーを節約できることになるわけです。お湯を出すには、意識的にハンドルを回さなければならない仕掛けとなっています。
一般的な洗面台のハンドルでは、正面に向かって右側が水、左側がお湯が出せるようになっていて、水湯混合が正面となっていました。ちょっとしたハンドルの位置なのですが、これだけで節約できるエネルギー量は大きなものになり、十分地球にも家計にも貢献できるようなエコが東京の洗面台のまわりのリフォームで実現できてしまうのです。
また、水はねをおさえて、お掃除をしやすくしたいといった場合には、ビルトインタイプの水栓もおすすめです。ビルトインなら凹凸もすくないので、お掃除も断然しやすくなります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:上岡ゆみ
読者になる
2015年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31