髪の毛が濡れると地肌が透けて見える!髪の毛の量を増やす方法

July 28 [Thu], 2016, 12:45
10代のころから決して髪の毛に恵まれていたわけじゃありませんでしたが、20代になるとますます髪の毛が頼りなく弱弱しくなってしまいました。

雨に濡れたときにはもちろん、湿気の高い日ですら髪の毛が頭皮にへばりつくような有様で、地肌がもろに透けて見えていました。



どれだけ髪形を工夫しても髪が薄くなっている部分を隠し切れず、スキンヘッドにしようか?散々悩んだものの、今は髪の毛をフサフサにすることができました。

どうやったら元気な髪の毛を増やせるのか?徹底的に調べて研究をした結果、むしろ10代のころよりも髪の毛が太く丈夫になったんですが、僕がどんな薄毛対策をしたのか?その方法をこのブログで詳しく紹介しています。



■毛根を活性化しよう

髪の毛を増やすには、毛根を活発に働かせる必要があります。逆に言うと、抜け毛が進んでしまうのは毛根が正常に機能していないことを意味しています。

たとえば、頭皮に汚れがたまったり、雑菌が繁殖すると毛穴を詰まらせます。その影響で毛根がダメージを受けてしまい、髪の毛を伸ばす力を失ってしまいます。



頭皮環境を清潔に保つことは最低限必要なことになります。その上で、失われた毛根の力を取り戻すために、育毛剤の力を借りるんです。



■育毛剤を使う意味

育毛剤はいろんな種類があるものの、どれを選んだらよいのかというと、毛根を元気にするタイプのものを使うべきです。


間違っても、弱った毛根を無理やり働かせて、無理やり発毛を促すものは使っちゃいけません。たとえばAGA治療にも使われるミノキシジル配合の育毛剤は、使うのをやめた途端、ごっそり抜け毛が増える危険があります。



毛根を元気にするにしても、単なる栄養補給では力不足です。傷んだ毛根の傷を直接癒してあげられるようなタイプを使うべきです。



■毛根を活性化する育毛剤

僕が自力で髪の毛を増やすことができたのは、毛根の傷を細胞レベルで癒してくれるキャピキシルという育毛成分を配合したスカルプ5.0cを使ったおかげです。

キャピキシルには様々な有効成分がいくつも混ぜ合わされていて、その中の一つが、傷ついた細胞をいやす効果があるんです。なんと、切断された指をつなぎ合わせるほど修復力が高いんです。



他にもフィナステリド並みにDHTの影響を帳消しにしてくれる成分まで含まれているうえに、ほとんど天然成分なんです。

頭皮に悪影響を与える心配がなかったし、何よりも返金保証がついていたので、試しに使ってみたんですが、1ヶ月目で確実に抜け毛の量が減ったんです。



その後、2か月もしないうちに太くて丈夫な髪の毛が生えるようになり、3か月を過ぎたあたりで、弱々しい毛がどんどん太くて丈夫な毛に生まれ変わっていきました。

おかげさまで今は、どの角度からのぞいても髪の毛が薄い部分が見当たらなくなりました。かろうじて、つむじが薄い感じがしますが、時間の問題といった感じです。



以前は人目を避けるようにコソコソ振舞うことが多かったものの、今は色んなファッションも楽しめるようになり、どこでも自分らしく振舞えるようになりました。

僕の頭に髪の毛を甦らせてくれたスカルプ5.0cがこれです。今ならまだ返金保証がついているし、初回割引もしてくれるので、効果を試すなら今のうちですよ。
↓↓↓
ザスカルプ





キャピキシルは効果なし?副作用の心配は?

July 28 [Thu], 2016, 12:43
キャピキシルに含まれている成分は天然成分しかないので、頭皮に悪影響を与える心配がありません。スカルプ5.0cももちろん、保存料や界面活性剤など頭皮に負担を欠ける成分は使われていません。

ネットでキャピキシルに関する口コミを見てみると、効果がないという感想もありますが、効果が出るまでには個人差があるんです。



それに思ったほど髪の毛が増えない!という意味で効果なしと書き込んでいる人もいるので、キャピキシルは全く効果がないわけじゃないんです。

スカルプ5.0cなら返金保証がついているし、自分の頭皮に合うかどうか?髪の毛が増える期待が持てそうか?を事前に確認しやすいですよ。