レンタルについて 

January 31 [Mon], 2011, 20:23
リース物件はリース契約が終了してもユーザーの所有物にはならにようです。契約満了時には物件を返却するか、再リースするか、買い取るしか選択肢はないようです。 しかし、特に中小企業の場合、設備投資のために企業が自前でローンを組むよりも資金力のあるリース会社の方が安く設備を調達することができるようです。資金調達能力の差を考慮すると、リース会社の方が安くなるケースもあるというようです。さらに設備の事務管理コストが減するメリットを考えると、どちらが得か一概には言えないようなのです。


ノン・キャンセラブルもリースを利用する企業の足かせになるようです。リースしている物件が契約期間中に不要になっても、レンタルのようにリース契約を打ち切ることは不可だそうです。ユーザーはリース期間が終了するまでリース料を払い続けなければならないようです。もっとも自前でローンを組んで設備を導入しても、不要になったからといって返品やローンの免除が利くわけではないようです。リースに限らず無計画な設備投資はトラブルの元になるようです。


最近はリース契約そのものについてのトラブルよりも、サプライヤーをめぐる周辺トラブルが増えてきたようです。リース契約では通常、リース会社の瑕疵担保責任が特約で免責されているようです。瑕疵とはキズや欠点のことだそうです。つまりリース物件に欠陥があった場合、リース会社に責任はなく、ユーザーは売り主やメーカーと直接交渉して問題を解決しなければならにようです。そのためユーザーはリース契約とは別に、売り主やメーカーと物件の保守管理契約を結ぶのが普通だそうです。


サプライヤーのメンテナンスが悪かったり、メーカーが倒産したために十分な保守サービスを受けられないといったトラブルが急増しているようです。なかでもソフトウエアのリースはメンテナンスの専門性や独自性が高く、他の会社が保守を引き継ぎにくいので、トラブルに発展するケースが多いようなのです。

三国志 生協 パルシステム

レンタルとリース 

July 30 [Thu], 2009, 0:08
レンタルは弊社所有の機器類を基本契約期間2年間でレンタルし、お気軽に導入頂ける、他にはないサービスだそうです。リースの場合はご購入の見積価格に対し、リース会社と5年リースの契約が必要だそうです。月額費用としてはリース料金とシステム管理費用が必要となるようです。企業がリースを利用するメリットはいくつかありますが、最大の利点は所有しないことだそうです。


リース物件はユーザーが占有して自由に使うことができますが、物件の所有権はあくまでリース会社にあるようです。例えばリース期間中に支払うリース料は、全額を必要経費として損金処理することができるようです。購入の場合は物件を資産としてバランスシートに計上し、決められた耐用年数に応じて減価償却する必要があるようです。購入にあたってローンを組むケースでは、ローンを負債として計上しなければならにようです。


企業はリースを利用することで、設備投資による固定資産や負債の膨張を防げるわけだそうです。また物件を所有していないので、企業はリース物件の固定資産税を支払う必要がないようです。これは物件の所有者であるリース会社が負担するようです。もっともリース料には固定資産税に相当する税負担がなくなるわけではありませんが、固定資産税の計算や申告手続きなどの手間がなくなるようです。リース料は毎月一定額なので、設備投資にかかる手間や費用がリース料の支払いに一元化され、コストの把握や管理が楽になる利点もあるようです。まとまった資金がなくても設備を導入できる点も、ユーザーにとって大きなメリットだそうです。


ローンを組むときにかかる頭金も不要なので、企業の資金繰りを圧迫しないようです。 前回はリースのメリットについて解説しましたが、反対にリースを利用するデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。まず思いつくのは、必ずしも安く借りられるわけではないということだそうです。リース料には物件の取得にかかるコストにリース会社のマージンや管理費などがプラスされ、一括購入と比較すると総額では買った方が安くなるようです。

レンタル 熱帯魚

レンタル利用期間 

June 22 [Sun], 2008, 2:43
必要なときに、すぐに利用する事が可能で使用期間も1日単位で設定出来るシステムなのだそうです。つまり使いたいときにすぐに利用でき、必要がなくなったら返却できる便利なシステムです。短期間でも使用したい時に必要な期間だけ利用し、必要なくなれば返却することが可能だそうです。メンテナンスコスト・管理コスト・保管コストが必要ないようです。契約のまずらわしさが必要無いようです。無駄な経費の削減をし、経営のサポートをおこなうシステムだそうです。


レンタルは今、購入、リースに続く第3の選択肢として注目されているようです。リースでは拘束期間を定めた上で契約書の作成する為、わずらわしい手続きが必要な上、契約審査に時間がかかるため、商品をすぐに利用することが出来ないようです。 レンタルでは契約書などが必要ない為に在庫があれば、すぐに利用する事が可能で使用期間もお客様に合わせて設定することが可能だそうです。


通常、リースと呼ばれているものは、正式にはリースファイナンスと言い、客が選んだものをリース会社が客に代わって購入し貸し出すことを指しているようです。そのため、一般的に利用されているレンタルや賃貸借などとは全く異なる契約ですが、そのことをきちんと理解している人は、非常に少ないようなのです。最近は、電話料金が安くなるからと電話のリース契約をした人や自動販売機のリース契約をした人などからの相談が増えているようです。


ほとんどは、レンタルとリースの違いを理解しないまま高額な契約を結んでしまっており、相談者の多くは、個人経営のお店の方だそうです。たとえ小さくても事業者であれば、契約に関する勉強をある程度はしておく必要があるようです。いったん契約を結んでしまうと、当日であっても解約する際には違約金を請求され、中には高額な違約金を請求される場合もあるようです。また、一定期間無料で契約を解除できるクーリングオフ制度は、消費者を保護するものであるため、事業者には適用されないようです。

ビデオカメラ レンタル ジーンズ

レンタルメンテナンス 

April 19 [Sat], 2008, 21:16

また、保守メンテナンスの手間、費用も大きな違いとなってきますので、この点もよく比較して検討されることをお勧めできるようです。大きな違いは貸し出す相手、レンタルは個人なんだそうです。企業で借りてもかまわないのですが、貸す側の扱いは個人と同じ扱いのようなのです。基本的に貸し出し期間は短期ということなのです。貸し出す相手は企業だそうです。

貸し出す品は、コピー機、ファックス、コンピュータ機器など事務機器が中心だそうです。レンタルは借りたい品を選んですぐに持ち帰ることが出来ますが、リースはそうはいかないようです。レンタカー、撮影機材、ギャンブル用品、一式など、レンタルされる品も今や多種多様なようです。実はウイークリーマンションなどはまさに大きなレンタル品とのことですから驚きなのです。常に必要なものは別として短期の使用ですむものならやはり購入するよりもレンタルの方が得だそうです。

今やデスク、ロッカー、事務機器から大型機器まで大半をリースにしている企業もあるようなのです。今度PCをリースしようと思っていますがレンタルとリースの意味が若干違うと聞いたようです。ご存知あれば教えていただければ幸いなのです。レンタル短期賃貸借1〜2週間程度の期間、賃料を払って借りるようです。所有権は無い。壊すと、損害賠償責任が発生するようです。

リースレンタルの長期版と勘違いする人もいるが、商品に対するメンテナンス部分が異なるようです。リース代金全額を支払うことを約束することにより、その商品を利用できるようです。所有権は移転せず、販売会社のものだそうです。メンテナンスも販売会社が行なうようです。リースを受ける側のメリットは、一括¥5000万円を払わず、毎月比較的少額の代金で商品を利用できるようです。建設機器など高額の商品に多い契約形態だそうです。特約として、途中解約などの条項が無ければ、必ず全額支払うことになるようです。

宿泊予約 住宅情報

介護用品のレンタル 

December 24 [Mon], 2007, 13:09
介護用品のレンタルもよく使われているレンタルサービスの一つです。介護用品でよくレンタルされているのは介護ベッド・電動ベッド・介護用ベッド・電動車椅子などですが、これらの介護用品は買うには高額でメンテが必要、いつか壊れる、最新機種がよく発売される、というレンタルに適した要件を満たしているまさにレンタルにピッタリなものだといえるでしょう。

介護用品については、介護保険制度ができたことにより、もともと無料で介護用品を使えていた障害者のhとたちにとっては思いっきりデメリット状態、つまり支払増状態が続いています。なんたって介護保険は弱者いたぶり法律ですから仕方がないかも知れませんが...。そんな状況の中、介護保険を使わない高齢者の生活支援レンタルサービスライフテックホームインレンタルを開始したという話もききます。そのサービスは、介護保険の枠を利用しないことにより、制度の枠に関係なく自由気ままにレンタルを利用してもらうことができるというものです。レンタルシステムの特徴は、高額商品のレンタルを介護保険の枠外で利用することによって、利用者が介護保険を他の介護サービスに全額割り振ることが可能となることだそうです。

このため利用者だけではなく、今回の制度改正によって利用料の大幅なカットを受けた介護サービス事業者にとっても、充実した介護環境をプランニングできるようになるようです。レンタルシステムでは、最低1年間のレンタル契約とする事でレンタル料金を1年目から抑えた金額で提供し、2年目以降は1年目よりさらに安くレンタルすることが可能で、実質レンタル金額は長く使用することにより安くなるという特徴があるようです。これにより、利用者の負担は年々軽減されることになるようです。

日雇いバイト セシール

DVDのレンタル 

December 24 [Mon], 2007, 12:56
レンタルDVDをネットで行うことができるようになって久しいです。借りたいDVDを選ぶのも手続きもネットで行うことができます。DVDは郵送で送られてくるので、労力は返却でポストに入れるだけです。もちろん送料は無料です。あえてレンタルDVDの問題点を挙げると、定額なので、借りる数が少ないと普通のレンタルより割高になるケースがあることくらいです。ということで、ネットでのレンタルDVDは利用者がかなり増えてきているサービスです。

さらに、ネットでのレンタルDVDは延滞料金がかからないというメリットもあります。延滞料金がかからないなんて都合のいい話があるの?と、疑いたくなる方も居られることと思いますが、延滞料金がかからないのにもちゃんと理由があります。それは、借りていたDVDを返却しなければ、新しくDVDを借りることができないようになっている点です。つまり、返却を忘れれば自分の借りれる回数が減るだけなのです。定額料金なので、レンタル会社は痛くも痒くもないようです。ただ、普通のレンタル店で返却を忘れれば、一日でも数百円と取られることを考えると、店と客の双方にメリットのあるシステムだといえるんじゃないかと思います。

レンタル開始日に第1回目のレンタル料、運送費および消費税を弊社指定の銀行口座に振り込みましょう。第2回目からは当該レンタル期間開始日にレンタル料と消費税を弊社指定の銀行口座に振り込む必要があります。長期レンタルの場合は、銀行口座からの自動引き落としも扱っているようです。レンタル料金は1ヶ月ご利用料金を基本料金とするようになっている例が多いです。

はとバス

レンタルとは 

November 24 [Sat], 2007, 17:24
レンタルとは、一言で言うと「借りる」ことです。「借りる」のと「買う」のとの大きな違いは、期限をくぎっていることで、それにより、必要なものを必要な期間だけ使う場合にとても便利な方法です。

「借りる」つまり「自分のものにしない」ことにより、必要なものを安い値段で使うことができます。

特に、買うと値段が高いもの、たまにしか使わないものの場合は、買うよりもレンタルの方がお得な場合が多いです。

レンタルという形態がよく使われているのは、レンタルビデオ、レンタカー、レンタサイクル、貸し布団などの個人用のものですが、企業向けでも、例えば、おしぼりとか、建設機械などでレンタルという形態が一般的に使われています。

建設機械ではレンタルのニッケンなどが有名ですね。

[PR] 生協 パルシステム ハーバルエッセンス
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/kamikun/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる