2日目。 

2010年05月29日(土) 0時37分

こんばんは〜〜〜。


なんとか2日目も更新できそうですね。
3日どころか、1日坊主な私なもので〜〜(笑)


今日は少し肌寒かったですね。


でもやっぱり子供は風の子ですね、全然寒くないんですって。
半袖で来ますからね〜〜信じられん。(笑)



ただいま、勤務している教室で、9月末にある発表会に向け、準備が進んでおります。
私もこれまでたくさん発表会には出演させていただきましたが、講師としての発表会は3回目。
本当につくづく感じる事は、先生達は死に物狂いなんですね!!!(笑)

生徒1人1人が、これから生きていく人生の中で、素敵な思い出として残ってほしい。
自分が「がんばった!」って思える発表会にしたい。

この一心なんですよね。

上手くなってほしいというのは当然といいますか、でもそれは「かたち」でしかなくて。
それよりもっと大事なことを、築いてほしいんですよね。
私自身、そうだったし。
発表会は何十回も出ましたが、どれも素敵な思い出です。
もちろん全て上手く弾けたものではありません。むしろ失敗の方が多いかな(笑)
でもやっぱり、がんばれたこと、ほめられたこと、自信に繋がった事が一番自分の中で大きいものとして残っているんですよね。


だから、絶対手を抜いてられないんです。

日々のレッスンでももちろんですが、「楽しい!」と思ってもらうのが一番だしね!

私は指導力もなくまだまだ技術も未熟者の若造講師でございますが、
これだけは!と思うものがあって、

「生徒に嫌な思いをさせない」

なんですよね。
そりゃね、お子様ですから、大人からみて驚くような言動は多いかもしれませんが、

 ・練習しない
 ・さぼる
 ・反抗する

云々、全部講師の責任だと思うのです。
だから生徒に怒ることって、本当はめったにないと思います。

まぁ約束を守らなかったり、暴力をふるったり悪口を言ったりなど、「注意」することはあるとは思いますが。

せっかく好きになれるはずの音楽を、先生のせいで嫌いになった子供たちは、今まで本当にたくさんいると思います。
本当にもったいないことだと思うし、もっと見つめ直すべきだと思います。

子供がレッスンに来るのが楽しいと思えるようになって始めて、ピアノが大好きになるのだと思います。
そのために、何でも話せる素敵な先生に、なりたいのです。




ありゃ〜〜なんかまたたくさん書いてしまった。
私は普段こういう事はあまりお話しないので、つい暴走してしまいますね(笑)


9月の発表会は生徒が1人も残らず「素敵な思い出になったなぁ」と思っていただけるような発表会にしていきたいなと思います。




さ、明日も5時起きだ、
がんばります。



では、おやすみなさい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kamijun。
読者になる
大阪でピアノ講師として日々奮闘中。
たくさんの人と出会い、たくさんの音楽に触れ、
人の心に響く音楽をつくっていきたいと思っております。
そしてそんな人を育てていける人になりたい!!
2010年05月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる