【 更新情報 】

スポンサード リンク

海賊マンガのワンピースのweb漫画

ワンピースというweb漫画が反響を呼んでいる。
今、漫画がweb上にでていることにより、
昔の漫画や現在の人気がある漫画などが簡単にweb漫画としてみることができる。
ワンピースとは1997年に週刊少年ジャンプに連載が開始されたものである。
その他のweb漫画としてはひぐらし、テニプリ、真実の魔法少女、とらドラ、
bleach、らき☆すた、モンハン、low-tec、空の境界、CLANNAD、ルーツなどがある。
web漫画としてはどれも人気があるものばかりだ。
また、ジャンプのワンピースがweb漫画で無料でダウンロードできるという噂もある。
ワンピースは男性向けというわけではなく、女性からの支持も多い。
web漫画というのは内容は絵日記的なものから、
ギャグ漫画やSF漫画とジャンルが広い。
1ページ漫画の読みきり、一コマ漫画、4コマ漫画、長編漫画などweb漫画がある。
だいたいは無料で閲覧できる。
パソコン上でタブレットやグラフィックソフトウェアを使用して行われるが、
イメージスキャナで紙に描いたものを取り込んで公開しているもの中にはある。

気になるweb漫画のランキング

そもそもweb漫画とはなんだろうか?
webサイト上で、JPEG、GIFなどの画像ファイルフォーマットや
PDF、Adobe Flashでアップロードされ、ウェブブラウザで閲覧する形式である。そしてweb漫画としてアップされるわけだ。
機能性を重視し、各設定されたフォーマットで発表されたりする。
その他の方法としては閲覧ソフトを利用する場合もあるのだ。
web漫画は様々なランキングやコミックルームなどがある。
数が多すぎるためにおすすめという言葉で検索したりする人も多い。
レアなweb漫画が発見されると人気がでてランキングでも上位にランクインされる。
個人的にきになるのは銀魂という漫画がはやっているので、
そのweb漫画が出たら反響が出ることであろう。
その他は『黒執事』というのも人気がある。スクウェア・エニックスから2006年から連載されており、
2007年8月10日にドラマCDが発売。web漫画としてもよく登場してくる。
舞台化のも決定してるくらいに知名度が高いようだ。
web漫画はネットが世の中に出回ってから登場したが、
オリジナルの漫画が本として出ることも夢ではなくなった。
web漫画で人気が出ればweb上で噂になり知名度も上がるからだ。

ドラクエのweb漫画と人気ゲーム

web漫画として人気なのはなにもマンガだけの話ではない。
実はゲームからも多くでているのだ。
私がドラクエweb漫画として期待しているのはドラクエだ。
ドラクエとは正式名称ははドラゴンクエストという。
日本で絶大な人気を集めたRPGだ。それがweb漫画で出たらと思うとワクワクしてしまう。
実際、人生ゲームも出ているらしい。
ガンダムのweb漫画もあるが、ガンダムはアニメから始まりゲームにもなっている。
人気があるので男性向けだとは思うがガンダム00はその中でも頭一つ抜けている。
ローゼンメイデンというweb漫画もあるらしいが、
PEACH-PITによる漫画であり、ノーマッド制作の日本のアニメ作品となっている。
コミックバーズで2002年9月号から2007年7月号まで連載されており、
週刊ヤングジャンプへその後移籍した。もちろんweb漫画も人気だ。
2008年4月からは『ローゼンメイデン』とタイトルを変更して掲載されている。
私はアニメなどには詳しくないが、様々なアニメがweb漫画に出てくることは、
コアなユーザーからの支持も高くなると思うので楽しみな部分ではないかと思っている。

web漫画で人気なスラムダンク

web漫画には様々なものがあるが気になるものがある。
それはスラムダンクだ。
小学生の頃にはやっていたはずだが、web漫画としてもあるらしい。
男性向けに作られているとは思うが、女性からもスラムダンクは人気がある。
web漫画の頭のスポーツという事で「ヒカルの碁」も私としては面白いのでオススメです。
1番絵のきれいな漫画家さんだと思っています。
「頭文字D」、「バリバリ伝説」のモータースポーツということで
しげの秀一さんの作品もweb漫画になるといいですね。
「ふたり鷹」という新谷かおるさんの作品もオススメです。
熱血型・怜悧型の二人の天才ライダーの対比が興味深いweb漫画ですね。
また、2chでもよくweb漫画と検索して見る人も多い。
その中でも面白い作品を探してくる人が多い。
私個人としては、マンガで終了になったスラムダンクをweb漫画限定であったら嬉しいですね。
とても人気がでてランキングなどでも上位になるのではないでしょうか。
そして野球のweb漫画が出てきたらもっと嬉しいですね。
現在は若い世代が見ることが多いですが、
ガンダムや昔のヒーローものが出たら親の世代からweb漫画は反響がでますね。

らくがきweb漫画と人気まんが

インターネット上で内容を公開される漫画のことをweb漫画と言う。
その他の呼び名としてはウェブコミックやオンラインコミックとも呼ばれる。
web漫画はらくがきができるものも存在がしているらしい。
その他にはコミックルームと言うものがあったり、
web漫画のランキングなどで読者の興味をそそるものもあるそうだ。
また、手軽に漫画を公表できる方法として、ウェブコミックの作品がたくさん発表されるサイトもある。
インターネットのウェブならではの特徴として、web漫画は動的な要素を持っているアニメーションなどの作品もある。
らくがきのできる男性向けのサイトや面白い動画も数多く存在しており、隠れファンも多いらしい。
コードギアス、黒執事など様々なweb漫画も多数あり、
ユーチューブやGyaoなどに人気マンガの銀魂などもある。
web漫画2007年の11月時点では、『きょうの猫村さん』(ほしよりこ作、1・2巻で90万部以上発行)、
『ぼく、オタリーマン。』(よしたに作、30万部を発売1ヶ月で達成)、
『となりの801ちゃん』(小島アジコ作の15万部以上を発行)、
『マンガ嫌韓流』(山野車輪作、1?3巻計で78万部以上を発行)している。
ベストセラーになる作品がweb漫画からでる傾向があり、単行本も販売されるほど人気である。