おしらせ

June 10 [Sat], 2017, 15:42
思うところあって、しばらくブログをお休みしようと思います。
ちょっと充電してくるよ。


『猫の夢』書影です。

November 17 [Thu], 2016, 17:30


『猫の夢 夢探偵久遠』は、コスミック文庫αさまより、明日発売です。

見本誌いただきました

イラストは、引き続き、紫真依様です
相変わらず、久遠がイケメンです



『猫の夢』は、『潜脳』の続編にあたります。
他人の夢に潜入することのできる能力を持つ久遠と、たまたま久遠と知り合うこととなった平凡な大学生美桜が、不思議な夢の世界を調査します。
今回の調査対象は、病床にある大富豪の女性と(『いまわの喜和子』)、姿の見えないストーカーに脅える若い女性(『猫の夢』)。
大学ではいつも穏やかな笑顔を絶やさぬ『微笑み王子』、しかし、その実態は傲慢な俺様という久遠の正体に、美桜は少しは近付けたのでしょうか?


明日11月18日からは、pixivノベルにて試し読みもできるようになる予定です。
どうぞ、よろしくお願いいたします。









続編出ます。

November 09 [Wed], 2016, 12:04
拙作『潜脳 夢探偵久遠』の続編を出していただけることになりました。
これも、読んでくださった皆様のお陰です。ありがとうございます。

発売日は11月18日。コスミックα文庫様よりの発行です。
見本誌が届きましたら、また、書影などお知らせしたいと思います。

今回は、『いまわの喜和子』と『猫の夢』との二本立て。
『潜脳』で、ちらっと気配だけ出てきた久遠の恩人も登場します。
そして、美桜はドキドキの探偵デビュー?

あ。タイトルは『猫の夢 夢探偵久遠』です!
どうぞ、よろしくお願いいたします。

『潜脳 夢探偵久遠』本日発売です。

February 19 [Fri], 2016, 9:40
人は、なぜ、夢を見る?
記憶するため? 忘れるため? それとも、もっと別の理由のため?
最新科学でさえ未だ解明できぬ夢の世界に、ただ、ひとり、潜脳<ダイブ>し、夢を喰らう魔を狩る夢探偵。
彼の名は、久遠<くおん>。
女子大生の美桜は、目覚めぬ夢から久遠によって救い出されたことで、その存在を知る。
久遠は謎だ。その能力も、その存在も、周到に、隠され、匿われている。
誰にも見せることのない久遠のその素顔に触れた美桜は、やがて、久遠と共に夢の世界へといざなわれていく……。


《主な登場人物》

美桜<みお> …… このストーリーの語り手。普通の女子大生。身長・体重・成績・容姿、3サイズに至るまで平凡。久遠のことは「タイプじゃない」らしい。

久遠<くおん> …… 他人の夢の中に入り込むことのできる特殊能力を持つ謎の青年。不愛想で口の悪い俺様だが、大学では巨大猫を被っていて、容姿端麗、成績優秀、品行方正、ついでに、性格も温和な優良物件として、『微笑み王子』のふたつ名で呼ばれている。

亜子<あこ> …… 美桜の友人。華やか女子。美桜が久遠のことを好きだと勘違いしている。

牛島<うしじま> …… 久遠の依頼人。空気の読めない、冴えない男。夢の中で出会った女を探してほしいと久遠に依頼する。




よろしくお願い致します











入力ミスがありました……。

February 18 [Thu], 2016, 17:21



帯付きだとこんな感じ



明日発売予定の『潜脳 夢探偵 久遠』ですが……。
よく見たら入力ミスがありました……。嗚呼。

P303の参考文献ページです。『脳はすすんでだまされたがる』の著者のお一方のお名前が『サナ・マルティネス=コンデ』となっておりますが、正しくは『スサナ・マルティネス=コンデ』です。
この場をお借りして、謹んでお詫び申し上げます。ほんとうに、すみません。
よりによって、なんで、名前間違えちゃうかなぁ。もう
ほかにもいろいろと校正ミスがありそうです。もしも、ご発見の際は指さして笑ってやってください(恥)。

ちなみに、この『脳はすすんでだまされたがる』は、認知科学者の方々が自らマジシャンに弟子入りし、マジックがいかに人間の錯覚や脳の思い込みを利用しているかを解き明かした本です。
多くのマジックは、大掛かりなタネや仕込みなどではなく、マジシャンの、身振り、手振り、話術といった技術によって成り立っているのだと知って驚きました。
人間の脳は、ものすごく大量の情報を信じ難いスピードで処理しますが、一方で、けっこう『おバカさん』でもあるようです。
大変、面白い本でした。脳の機能等についてもわかりやすく解説されていますし、マジックの種明かしもあります(それは、もう、惜しみなく)。マジックに興味のある方もそうでない方も、楽しめる一冊だと思います。












『潜脳 夢探偵久遠』の登場人物紹介です。

February 16 [Tue], 2016, 14:04



ISBN978-4-7747-2906-0

表紙イラストは紫真依様です



一応、『キャラクター』エンターテインメント小説なので、キャラ紹介など……。

《主な登場人物》

美桜<みお> …… このストーリーの語り手。普通の女子大生。身長・体重・成績・容姿、3サイズに至るまで平凡。久遠のことは「タイプじゃない」らしい。

久遠<くおん> …… 他人の夢の中に入り込むことのできる特殊能力を持つ謎の青年。不愛想で口の悪い俺様だが、大学では巨大猫を被っていて、容姿端麗、成績優秀、品行方正、ついでに、性格も温和な優良物件として、『微笑み王子』のふたつ名で呼ばれている。

亜子<あこ> …… 美桜の友人。華やか女子。美桜が久遠のことを好きだと勘違いしている。

牛島<うしじま> …… 久遠の依頼人。空気の読めない、冴えない男。夢の中で出会った女を探してほしいと久遠に依頼する。













2月19日発売です。

February 15 [Mon], 2016, 19:17
2月19日にコスミック文庫α<アルファ>様より拙作が発売の運びとなりましたので、僭越ながら、紹介させていただきたいと思います。




人は、なぜ、夢を見る?
記憶するため? 忘れるため? それとも、もっと別の理由のため?
最新科学でさえ未だ解明できぬ夢の世界に、ただ、ひとり、潜脳<ダイブ>し、夢を喰らう魔を狩る夢探偵。
彼の名は、久遠<くおん>。
女子大生の美桜は、目覚めぬ夢から久遠によって救い出されたことで、その存在を知る。
久遠は謎だ。その能力も、その存在も、周到に、隠され、匿われている。
誰にも見せることのない久遠のその素顔に触れた美桜は、やがて、久遠と共に夢の世界へといざなわれていく……。


ジャンルは、いわゆるキャラクター・エンタテインメント小説です。ちょっと年齢層が高めのラノベといった位置付けになるのでしょうか。
タイトルは『夢探偵』ですが、ミステリというよりはホラー風味ファンタジーだと思います(でも、ホラー風味とはいっても、あまり怖くはないはず……)。
脳の機能や夢に関する話題も少しだけ取り入れさせていただきました。知れば知るほど、つくづく、人体は不思議です。今、こうしている間も、私の頭の中では、私の意図しないことが次々と(そして粛々と)行われているとは、いっそ、不気味でさえあります。
ちなみに、本体価格650円+税52円となっております。本屋さんやネットでお見かけの際は、どうぞよろしくお願い申し上げます。


しかし、ようやく本になりました……。
色々初めてだったので、編集様には多大なご迷惑をおかけしてしまいました。これも、編集さまが辛抱強く待っていてくださったお陰です。ほんとうに、ほんとうに、恐縮です……。
とりあえず、編集様からいただいたお題その1である『イケメン俺様大学生』はなんとかクリアできたかなと思います(特に、『イケメン』に関しては、本文に『イケメン』と書いておけばイラスト様がイケメンを描いてくださるのですから、楽勝ですよ!)。
もう一つのお題は『読み終わった後スカッとする話』でした。
そのあたりは上手く書けているかどうか自分ではわかりませんが、明るいラストにはなっているはず(たぶん)











P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:神在月うみねこ
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
神在月うみねこ
» 『潜脳 夢探偵久遠』本日発売です。 (2016年04月11日)
to4
» 『潜脳 夢探偵久遠』本日発売です。 (2016年04月11日)
神在月うみねこ
» 『潜脳 夢探偵久遠』本日発売です。 (2016年03月17日)
春菜さえ
» 『潜脳 夢探偵久遠』本日発売です。 (2016年03月16日)
http://yaplog.jp/kamiari/index1_0.rdf