予防

July 16 [Mon], 2012, 9:30
自殺を予防する方法を私なりに書きます。
でもこれはあくまでも親様へのお言葉です。

女の子は結構おしゃべりなのでいじめられていてもSOSを出せる場合が結構あります。
しかし男の子はあまり出さない子が多いです。
いじめは大抵小学校高学年〜始まると私は思っています。
なので中学年辺りになったらお子様に最初に伝えておくといいかと思います。
「何があっても私はあなたの味方だよ」ってことを伝えてくださるといいかもしれません。
これは必ずきくというわけではありませんが、伝えておくのとそうでない場合ではだいぶ違うかなと思います。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

誰が悪いのか

July 10 [Tue], 2012, 18:53
色々書きましたが結局の所親が悪いのか?
いじめられる子が悪いのか
いいえ。
誰も悪くない…。
ではどうしたらよかったのかと自問自答をしてしまうようになってしまいがちですが
「何が悪かったのか」と過去を振り返る時間を未来に向けて見てください。

結果不登校になってしまっていても
結果いじめられてしまったとしても
もう過去に戻ってやり直すことはできません。
ですから未来のことを考えていくのです。

きっと後ろ髪を引かれる思いです…。あの時こうしておけば…と
ちょっとでも考えたらすぐさま「今はそれどころじゃない」と打ち消してください。
過去を振り返るのは現在が良くなった状態になったときでいいのです。

何が悪かったのか、自分が悪かったのか、そういうのは心に余裕がある人間が考えればいいのです。
今は自分のことで精一杯になってください。

いじめられている子も自分が悪いわけではないのですよ。
いじめられるあなたが悪いわけではない。
もし悪いところがあるなら直す努力を死ぬ思いでやればいいのだと思います。
チャンスはあります。大丈夫。
世界は学校の人間だけではないです。

不登校のお子様がいらっしゃる親様。
子供が不登校になったのはあなたのせいではありません。
大丈夫。少しも恥ずかしいことはないです。
あなたは学校から子供を守ったむしろ素敵な人です。
ゆっくり焦らず子供のペースで一緒に生きていってあげてください。
大丈夫です。色んな生き方があるからあまり不安に思わないでください。
親が不安だと子供は絶望します。
だから元気でいてくださいね。にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

難しい選択

July 10 [Tue], 2012, 18:40
子供の立場になってお話をしましたが
私は親ではありませんが親様の言い分や立場も理解しているつもりです
子供のいうことを全部鵜呑みにしていたらいけないと分かっております。

例えば「今日は学校を休みたい」といった場合
大抵の大人の人はダメというのではないでしょうか?
それはそうだと思います。いちいち小さなことがあるたびに休んでいたらそのうち社会にさえ出ていけなくなるからです。

でも私個人の意見といたしましては
何故行きたくないかを聞いてからにして欲しい。
最初から駄目と決め付けて、更に何故ダメかと問うと
なんでも!とにかくダメなの!というのはやめていただきたいと思っております。

子供が解決できそうなことなら行くべきだと教えてください。そしてほんの少し解決の方向へ導いてあげていただきたいです。
そんないちいち時間を削ってられないわ!っていう親様もいらっしゃるかと思います。
親も一人の人間で生活があって悩みがあって全てを子供に与えることはできないとお思いかもしれませんが
それでも子供にとっては親だけなのです。
他に神様なんていません
親が神様なのです。
もしお子様が大切ならどうか子供が成人するまでは頑張ってあげてください。
一緒に生きてあげてください。にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

そんな君でも大丈夫

July 06 [Fri], 2012, 16:58
こんな私でごめんね。
いじめられるような子でごめんね…
と子供は思います。

どうかお父さんお母さんその子に一回だけでいいので伝えてください。
「それでもいい…どんなあなたでも愛している」と
そんなあなたでも自分には必要でこの家があなたの居場所で
どんなあなたでも私だけは最後まで味方でいるといってあげてください。
言ってくれるだけでどれほどの救いになるでしょうか。
どんないじめを受けたかとか誰にとかそういったことを言う前にちゃんとこの世界に必要であるということを
教えてあげてください。

そしてこれは私の場合というだけなのですが
いじめられている子供はいじめている子をどうにかして欲しいのではないのです。
学校に言いつけて欲しいなんて願っていません。
だから相談をされたら学校に行かなくてもこれからの人生生きていけるということを教えてあげることを
はじめにして欲しいです。
どういう未来が道があるかを親が提案してあげることによってきっと未来が見えると思います。

もちろん学校へ普通にいけることが一番かもしれません。
でも行かなくてもいい方法を提案して欲しいです。
いつも「これからも生きていける」「大丈夫だよ」と頼れる存在でいてあげてください。
責めるでもなく動揺するでもなく。
親も一人の人間ですが、子供からしてみたら人間ではなく神様に近いものなのです。
いつでも神様でいてあげてください。
救いはあると言ってください。
まだ大丈夫と言ってください。
それがきっと勇気になります。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

意味のない電話

July 06 [Fri], 2012, 16:00
いじめ電話センターのポスターをよく見ます。
学校にも貼ってあります。

一人で悩んでないで電話してと書いてありました。
電話しました。
何の解決にもなりません。
まず電話にでた女性が強い口調で何を学校でされているかを聞いてきます。
それだけです。
特に何の解決にもなりません。
結局の所いじめを受けている子を助けられる人間というのは
全てをその子のために捧げることのできる人間だけだと思います。

都合のいい人というと聞こえが悪いのですが
例えば助けて欲しいときいつでも助けてくれる人のことです。

重い自分を受け止めてくれる人が必要です。
本来それは家族なのですが
家族がそうでない場合はとても辛いことですね。
他人の人生をまるまる引き受けてくれる人は相当少ないと思います。
(私は出会ったことがないです)
むろん学校の先生なんてもってのほかです。
担任の先生は単なるサラリーマンにすぎません…。
学校側が何かしてくれるわけがないのです。

だからどうか逃げさせてください…不登校というと聞こえが悪いですが…
確かに学校をいってないと将来…という人がいると思いますが

では学校に行ったら子供は幸せになれるのか?強くなれるのか?
私は世の中はとても広いと思っております。
学力がさえあればいいなんて思いません。
だから学校へ行っていない人生を送ってもいいと思っております。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

大人に助けを…

July 06 [Fri], 2012, 15:27
よく聞く言葉です。
いじめられているなら何故黙っているのか?
相談してくれればよかったのに。
親に相談すればいいのに。
…そうよく言われます。

まず黙っていると思っているのは大人だけだと思う。
きっと何かSOSを送ってる。小さくても送ってます。

親が悪いとか善悪を決めたいわけではないけれど
こう言われました。
「学校に言いに行くか?いじめている子の親に言いに行くか?」
…と。
どちらも子供には荷が重い言葉です。学校に言えないから親に相談したのではないのでしょうか?
いじめられている子の親に言ったら余計にダメなのではないのでしょうか?

続けてその後言われた言葉。
「学校にもうずっといかないのなら家の事をやりなさい。」
働かざるもの食うべからずという言葉がありますよね。
言いたいことはわかります。

そう言った親は今でもその対応が正しいと思っていると言いました。

しかし子供なんですよ…
逃げさせて欲しいのです。
少しくらい「頑張ったね」と言って欲しいのです。
そしたらもう一日頑張れるのに…
「いかなくてもいいよ」って嘘でも言って欲しい。
それが救いなのです。

大人の皆様嘘でもいい
行かなくてもいいと言ってください。
家にも学校にも親にも頼れない、居場所がないと判断したとき
子供は世の中に絶望しそしてかえってこなくなってしまいます。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村

いじめられている気持ち

July 06 [Fri], 2012, 15:25
はじめまして。
このブログはいじめられている子供の気持ちを考えていくブログです。
一緒に大人も子供も考えて行けたらいいなと思っております。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ いじめ・登校拒否へ
にほんブログ村
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:亀太
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kametadaihuku/index1_0.rdf