仮面うつ病の治療



仮面うつ病身体的な症状を伴っていますが、治療は比較的容易なんだそうです。

ですからそれほど悲観的になる必要はないといえます。
多少時間がかかっても90%ぐらいの人が治るそうです。
ただし再発には気をつけないといけません。

うつ病はだいたい30%ぐらいの人が再発するといわれています。

また、うつ病になりやすい性格というのがあるそうです。

・きまじめ
・几帳面
・完璧主義
・責任感が強い
・几帳面
・義理がたい


そんな人がうつ病になりやすいのだそうです。

あなたはあてはまっていませんか?


職場や家庭でストレスを感じたときは

「完璧にやらなくてもいいんだ!」

と考えて作業を進めていくと気も楽になります!

体のどこかに異常が出るというのは

「ストレスがたまっていますよ」

というサインなのかもしれませんね!

>>うつ病から脱出するには


その他参考サイトはこちら
うつ病で入院
うつから復職
ストレス解消法いろいろ

仮面うつ病と薬物療法


仮面うつ病になってもうつ病と同じように薬物治療をおこなう場合が多いようです。

身体症状を伴っていますからその症状が薬によって改善するかどうかというのが治療の課題になっていきますね。

パキシルトレドミンアモキサンといった薬が処方されます。

一般に抗うつ剤は2週間ぐらいしないと効果があらわれてこないので、あなたに合った薬をさがすのも時間がかかり大変かもしれません。

これで症状が改善する人もいますし、逆にひどくなる人もいます。
また、症状が変わっていくという人もいます。

初めは頭痛だったのが倦怠感、次は不眠など


職場や家庭環境が原因となっている場合もありますので、薬だけに頼らず家族や友人が協力したり、原因となっている問題を解決したりしていくというのも大切かもしれません。


>>うつから脱出するには


その他サイトも参考に
抗うつ剤の種類と副作用
うつ病を克服するには
産後うつに対処する

仮面うつ病の診断名


仮面うつ病というのがありますね。

仮面ということからうつ病になんかかぶったように何も分からないような印象がありますがちょっと違うようです。

仮面うつ病とはうつ病なんだけれども頭痛とか異物感、不眠、眼痛など身体症状が目立って、精神的な症状が分かりにくいものをいうそうです。

しかし、仮面うつ病というのは正式な診断名ではありません。身体表現性障害、抑うつを伴う適応障害とかちょっと分かりにくい診断名のようです。


初めは痛みや異物感などで病院などで検査をするのですが、特に異常は見られず改善されないことから精神科心療内科などで診察されることになる人が多いようです。

>>プチ認知療法でうつから脱出


その他参考サイトもどうぞ
ストレス解消ゲームをさがす
ストレスで過食しないために
ストレス解消グッズで心を癒す

仮面うつ病とは

仮面うつ病というのを最近よく聞きますね。

仮面うつ病というのはうつ病とどう違うのでしょうか?

仮面というからにはなにか普段は通常で、内面に何かあるような印象を受けますが…。

実際には仮面うつ病というのは正式な名称ではないそうです。
身体表現性障害などと呼ばれるそうですが、うつ病についてはハッキリとした分類はないそうです。


ストレス解消ゲームをさがす
ストレスで過食しないために