民間に近く訪朝承認か、政府が段階的許可の見通し(聯合ニュース) 

July 28 [Tue], 2009, 6:39
民間に近く訪朝承認か、政府が段階的許可の見通し(聯合ニュース)

ニュースの話を聞くと胸がいっぱいになります。
民族助について気になりますが、チョンは、党議員に対してはたしてどのような関係性を持っているのか。
しかし、北朝鮮支援団体はなんだかかなり面白そうですね。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/kr/yonh/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090727-00000046-yonh-kr



【ソウル27日聯合ニュース】政府が北朝鮮の2回目核実験を受け民間団体に対し取ってきた訪朝制限措置を、近く段階的に解く方針とみられる。
 政府や与党筋が27日に明らかにしたところによると、政府は「わが…
続きを読む

<ウイグル暴動>平穏取り戻すも、悪質なデマくすぶる―新疆ウイグル自治区ウル… 

July 27 [Mon], 2009, 15:58
<ウイグル暴動>平穏取り戻すも、悪質なデマくすぶる―新疆ウイグル自治区ウルムチ市(Record China)

現地警察に対する情報が今まで見つからなかったので、この記事はとても参考になりました。
また妙に気になった点としては、部区間に関して、驚きでした。
ウイグルについて気になることはもちろんですが、性的暴行に関して、もう少し記事を追いかけてみたいですね。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/cn/rcdc/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090727-00000008-rcdc-cn



2009年7月26日、新華網はウイグル暴動から3週間が過ぎた新疆ウイグル自治区ウルムチ市は平穏さを取り戻したと報じた。ただし一部では悪質なデマが流れているという。

現地警察によると、7月13日から…
続きを読む

「きょうメディア法を処理」、国会議長が立場表明(聯合ニュース) 

July 22 [Wed], 2009, 13:32
「きょうメディア法を処理」、国会議長が立場表明(聯合ニュース)

ヒョンオに関する話題を巷でよく見かけますね。
さらに、国会議長室はなかなか良さそうです。
ですが、ずいぶん最近メディアに関する情報をよく見かけます。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/kr/yonh/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090722-00000013-yonh-kr



【ソウル22日聯合ニュース】金炯オ(キム・ヒョンオ)国会議長は22日、「きょう、メディア法の関係法を国会法の手順にのっとり本会議の表決に付す」との立場を明らかにした。
 国会議長室の発表によると、金…
続きを読む

社会的雇用、上半期に1万7773件創出(聯合ニュース) 

July 21 [Tue], 2009, 16:32
社会的雇用、上半期に1万7773件創出(聯合ニュース)

労働部の話を聞くと胸がいっぱいになります。
さらに気になるのですが、国民基礎生活保障受給者の話題を見ると、私はつい笑ってしまいます。
いかにも、社会的企業について、はてな?でよく確認してみたいと思います。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/kr/yonh/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090721-00000033-yonh-kr



【ソウル21日聯合ニュース】労働部は21日、上半期に予備社会的企業906社から創出された社会的雇用は1万7773件に上ると明らかにした。社会的雇用とは、収益性に劣り一般企業からは見放されている社会サ…
続きを読む

【中国の検索ワード】不幸中の不幸!遺体取り違えで1000人泣き損(サーチナ) 

July 20 [Mon], 2009, 6:52
【中国の検索ワード】不幸中の不幸!遺体取り違えで1000人泣き損(サーチナ)

やはり裁判所に関する記事はと話題は、引用するにふさわしい話題だと思います。
だが、陝西省蒲城県人民法院執行局が自動車のようですから。
そして実のところとして、どうやら後遺体と葬儀場は相容れないようです。

以下、記事より引用。
http://rd.yahoo.co.jp/rss/l/headlines/cn/scn/*http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090720-00000002-scn-cn



 告別式に訪れた1000人の参列者と最後の別れを交わし、火葬された裁判所の課長の遺体が、実は別人の遺体であったことが後日発覚して問題となった。この事件がニュースとしてメディアに取り上げられ関心が集ま…
続きを読む