四国大会感想

December 29 [Mon], 2008, 19:00
上演@ 徳島県立城北高校 「坂の上の家」
上演意図:長崎。過去と土俗、闇と希望、無垢とリアルが交差する場所。五年前に両親を亡くし兄弟で肩を寄せ合って暮らす本上家の人々。そして夏になると帰ってくる叔父。長男の結婚話をメインに、それぞれの人たちの人間模様を丁寧に舞台に寄せてみました。不器用な私たちですがよろしくお願いします。

感想:ラストのキンチョーが中盤のキンチョーと一緒。まだ少しやりすぎ感。恥心、テレ演技だけ誇張している。背景のなさによって役者を際立たせる。しっかりしているのに空気がニオわない。泣き声が聞こえず。かみなりのシーンがいい。県よりわかりやすい。両端の時計の数がビミョー。ミドリのセット違和感。りつ
55分/部屋の設定がおかしいと思います。特に見えない上手下手の大きさ距離感が曖昧です。時間的に早すぎると思います。リアリズムが徹底であれば不徹底の所がチラホラありました。全体の時間の流れがわかりにくいと思いました。SEや照明や衣装では表現しきれていませんし付いていけません。違和感が残りました。弟の演技がはしゃぎすぎで、妹は力みすぎだと思いました。そんなに濃くやらなくてもいいような作風と思いましたが。本はウザイほどつじつま合わせが多く、ジワジワくる展開のおもしろさが損なわれました。左右のデジタル数字板が少ない小さい気がしました。精霊流しのイメージには見えませんでした。ナカ

上演A 高知学芸中学校・高等学校「o.n!」
上演意図:only Now 今だけ 僕たちには今だけできることがある今だけしかできないことがある ちょっぴり怖い、あるお化け屋敷の中のonly Now 少しのぞいでいきませんか?

感想:どれがテーマかわかりにくい。セットはもっと散らかしておくべき。先生、親など、取り巻くものに対して偏見だらけ。都合よく敵にしているような。高校生以外の視点が欲しい。自殺だのいじめだの思いテーマを重くやりすぎ。病みすぎ。笑いがあっても筋と関係がなのでもどかしい。結局青春で終わってしまうのか。テーマがうまく統合されていたらいいけど。お化け屋敷にもっと工夫を。オンリーナウをO・Nに略する意味は?りつ
53分/教室に閉じ込められるのは説得力がないと思いました。なにも学校の教室じゃなくても閉塞空間は他にもたくさんいろいろあると思います。ある意味場所設定が成功のカギになるお話ではなかったのか。女子が男子をやるのは違和感が残りあまり効果も上がりませんでした。男子の必然は無いと思います。文化祭のお化け屋敷の設定なのに暗幕はないし、脅かす仕掛け物がほとんど無く、操作する人の場所とか気配がほとんどありません。血の付いた墓石が多すぎて、舞台全体がキタナイ感じがしました。あくまでも舞台は美しく仕上げなければならないと思います。不要品が多すぎてアクティングエリアを潰してしまった。文化祭クラスの出し物だからと言ってもショボすぎです。先生の出も変だし、いっそ登場人物全員幽霊だとかが面白いと思います。対立葛藤が立ち上がらない本は書き込めていないと思います。ナカ

上演B 高松高等学校「Take 0」
上演意図;見られなかったら何をしてもいいの?それぞれのも来て気お為にゴミ捨て場にやってきた三人
かれらがそこで「見る」ものとは…?

感想:女・メディア?プライバシー侵。小説の話になりすぎ。中盤ゴミ関係。ラスト殺すまでにもう少しにおいが欲しい。落としどころ 啓発?りつ
50分/舞台が広すぎてアクションが散漫に見えました。特に下手のエリアがガラガラスカスカでした。不法投棄を市に告発するにしては、ゴミが少なすぎると思いました。小道具のすべてをゴミ山から出してゴミ山に戻す方が殺人のテーマ性が明確になると思いました。何がぶつかっているのか不明瞭なために、ラストの殺人事件が唐突で腑に落ちない感じがしました。本の構成や構造が不徹底だと思いました。現代人の喪失感とか真実を求める恋の虜、自意識の目覚めとしての小説家志望青年の焦り、メディアのあるべき姿の三つどもえとしても、最初のゴミ問題啓発が展開するのかと思いきやどっかへ行っちゃって、小説家の話になっていました。テンポも一定で飽きがきますね。未だ何も始まっちゃいないとか言うメッセージなんかなと思いました。ナカ

上演C 松山北高等学校「A SUMMER DAY」
上演意図:昭和40年 最近やっと我が家に電気洗濯機が来ました 電話は近所に二台だけついています カラーテレビも電気冷蔵庫もありません そんなある夏の日… どこか懐かしくて、なんだかあったかい…そんな松北ワールドをお楽しみください

感想:コントみたいなセット。テンポの悪さはキライ!かきわりの荒さが目立つ。ガムテ。いっそコントにしたら。登場人物もステレオタイプなんだからいっそギャグ芝居にしてしまったほうが。昭和四十年でどうしたの?郷愁だけか?あのころはよかったでいいのか?古き良きの考えで説教されているよう。テンポが悪い。一時間近く引っ張っておいて病院、美容院のカン違いで終わらすのはがっかり。もっと役者は(とくに恋人と母)役を作りこまなければいけない。りつ
56分/ナゼラジオ体操なのか?ナゼランニングシャツなのか?ナゼ坊主頭なのか?ナゼおばはんなのか?ナゼ向日葵なのか?ナゼ御手洗家なのか?ナゼ父親がいないのか?ナゼこの装置なのか?ナゼ裏庭なのか?ナゼこんなに広く立ったのか?ナゼ夏なのか?ナゼスイカ3つなのか?ナゼ1965年なのか?ナゼ?ナゼ?ナゼ?懐古趣味?復古主義?正当主義?保守派?原理調?儒教?日本民族?精神主義?純潔教育?昔は良かった?古き良き時代?モラル啓発?風物詩?スケッチ?羅列?ノスタルジャー?無思想?素朴?稚拙?ヘタヘタ?40年モノじゃなく30年前の作品か?だからナンバーワン!だからナンナンダ!どんな家?いったいなんなん?ヘタヘタ狙い?日本昔話にすればおもしろい。無声にすればおもしろい。リハビリテーションにすればおもしろい。コンプライアンス劇にすればおもしろい。ナカ


上演D 徳島県立城西高校 「すだちに優しく」
上演意図:かつてカエサルは言った。「人は己の欲する現実しか見ない」と。かつて巷を席巻した古き良き高度経済成長時代。私たちはipodから流れる懐かしいアニソンに浸っているだけなのか。スダチよスダチこのまま完熟してゆくのか晩秋日本。エコロジック日本。懐かしのメロディーに乗せて近未来に生きる私たちをセンチメンタルに描きます。

Mon劇とはおさらばできず。新しい形が欲しい。試行錯誤を繰り返して。演出・小芝居が増えた。中途半端。元気がテーマなのにもうひとつ。声量・セリフ力。パンチなし。セリフがことごとく届かない。何を見せるのか矛先があいまいなので、疲労感があっても刺さってこない。現実の何かと重なって見えるところ、学校とか授業とか自分自身だとか、どこに僕らはあがくのか!?リアルな感覚、脚本・演出のテーマがない。ラストのダンスとぎれ何者かがおりてくる、そこだけストーリーを感じる。全編と通して欲しい。緑出したんだからもっとだせばいいのにね。りつ
47分/ストーリやテーマが明確でなかったため、意図が伝わってこないと思いました。素材に失敗したのか、練習不足か訓練不足か、動きにキレがないと思いました。ダンスにもセリフにもキレがないと思いました。セリフが聞き取れないので、散発のギャグがことごとく不発でした。テンポが悪く、変な間ができて盛り上がりに欠けたと思います。最大の理由はメリハリ無くセリフを投げ出すからじゃないかと思います。Xmasプレゼントの飴とか、框に一列に座って携帯をするところに、客電や前明かりがなかったので、表情が見えませんでした。使い捨て道具や袋ゴミが大量にあって、段取り芝居になっていたと思います。道具をたくさん使うと失敗も増えると思いますから、ご用心です。ナカ



高知県立安芸高校 「注文の少ない料理店」
上演意図:ここは森の中にある小さなの料理店です 注文はたった一つしかありません あなたを食べさせてください それは、僕を死なせてくれるってことですよね

感想:ヌルヌル演技。男はやんでるの記号。身の回りを整理してからきやがれ。自殺の覚悟と品格を。「食べさせてください」一言になった理由をしっかりやって欲しい。自殺の思いを打ち明け話。結局ひっぱといてドジ。りつ
46分/ネット本の最大に欠点はやや受けな事だと思います。しっかりした本は戯曲集に収められているでしょうし、いい加減な落とし方はしていません。顧問は書かない、生徒創作に自信はない、既成作品は大きすぎる。ネット本を選ぶゲキ部はネットゲキ部だと思います。どうしてもネット本な場合は徹底した改変が必要でしょう。ネット本だけは使いたくないと思います舞台が広すぎ・歩きすぎ・遅すぎ・叫びすぎ・ダレすぎ・大道具無さすぎ・小道具無さすぎ・腹へりすぎです。一回一回上手に引っ込む必要がありますか?その度に流れが中断します。演出が無いと言うことでしょう。ナカ

香川県立高松工芸 「ミネルヴァの肖像」
上演意図:方がこの日本が気洋室美術大学を目指す六人の生徒たち三年間それぞれの目標や思いを抱き絵を描き続けます。見つめる物の先にあるのはモチーフ…紙・・・目に見える物だけ?ありのままの自分を見つめ舞台というキャンパスに自分たちを描きだしたミネルヴァの肖像。はたして芸術の神ミネルヴァは生徒たちに微笑むのでしょうか?

感想:美術に象徴されるもの。タマキ怒ったら何言ってるのかわからない。評論しゃべってるだけ。借りてきた言葉な感じいっぱい。セット大きいが荒い。美術部である必要は?ただ書くのではなく絵を書いている生徒達から何かが見えてこなくちゃ。受験でそんなに大っぴらな嫉妬はしない。もっと人前では軽くかまえているようにみせるんじゃないかな。演技が無駄に丁寧にやりすぎ。テンポが悪くなる。不良とダンスのところそんなに何回もしなくていい。停滞するし飽きる。最後に何か大きな(絵)が完成して欲しかった。ラスト急展開もきついがセリフが聞こえない。演出不在でしょう。りつ
57分/美術デッサン教室の必然性はないように思いました。ジャンピング芝居が多く、演出不在で勝手に芝居しすぎ。本当に進路問題であそこまでつっこんでみんな喋るだろうかなと思いました。進路はナーバスだからもっと陰湿な感じだと思います。。討論劇なの?あれは青春群像ではない。落ち込んだら下を向く、元気な時は上を向く。興奮すると高音で叫びすぎる。重厚な舞台装置の命の教室出入り口パネルにぐらつきがあったのは玉に瑕。開閉も後半引っかかってスムーズにいきませんでした。役者の体当たり演技の勢いがいいので、壊れるのではないかと心配しました。絵画技術論?美学美術論?芸術論?もっと消化しなきゃ、ストレートで生すぎて、聞きたかねぇー。ナカ

愛媛県立川之江高校 「ふ号作戦」
上演意図:11月8日に川之江高校創立百周年記念文化祭がありました。その日は巨大紙風船を浮かべるイベントも予定されていて、百周年実行委員さんがずっとがんばってきていました雨で11日に延期になりましたが川高のグラウンドに浮かんだ巨大紙風船は思ったよりもさらに巨大でした。文化祭でこの劇を上演することができて本当によかったです。今日もがんばります

感想:そんなに説明してほしくない。祖母の手記の紹介になってる。風船爆弾が今のわれわれにとってどのような存在か。全校ワックスと青森中央のナベみたいな。泣きすぎ。ずっと前半の笑いのままで行って欲しかった。作業が展開していかない。風船の紙を出してきただけではもの足りない。りつ
56分/役者が揃い、満を持しての満を持しての登場!本が薄っぺらなのに仕掛けが多く少し興ざめでした。男子と教育実習性が狂言回しでウザイ。「女子挺身隊風船爆弾製作手記」感傷日記引用?はあざとい。セリフ劇として成立しているのだろうか?現状追認型・大政翼賛会、結局巨大紙風船作るのかよ。ガッカリ。むしろあっけらかん紙風船作る方が怖いかもよ。七人部長みたいな、全校ワックスみたいな、河童みたいな。紆余曲折がチンタラでテンポが上がらないと思いました。道具は必要最小限と習いましたが、あまりにも必必要要最最小小限限。型どり作業だけで引っ張りすぎだよと思いました。作業がチンタラ遅すぎます。不織布移動じゃなく、具体的に作業工程が見たいなぁと思いました。幕切れ寸前に熱気球?が完成して?全部省略してブラバンの頭上に浮かぶんだもの。都合良くないですか。反戦劇ですか。最後まで抵抗します。ナカ

徳島県立鳴門第一高校 「OUT TAKE」
上演意図:こんにちは、鳴門第一高校演劇同好会です。今回は時代劇です。演劇部モノです。珍しいって?いえいえ文森とかヨンデンでは現代ものばかりやっています。やっぱり高校演劇を愛するみなさんぁらと冷笑を買った「昭和二十年シリーズ」の印象が強いのでしようか?それは置いといて取り組むバックステージコメディちょっとはまともな芝居になったでしょうかやっぱり相変わらずダメダメのものなんでしょうか楽しみだすねぇえ?全然期待してないって?そうおっしゃらずに最後までが観劇いただければ幸いです。

感想:調子が悪いのか。セリフが残らないセリフ芝居。内輪。交互セリフやマリオネットみたいなものがもっと欲しい。りつ
51分/大事のセリフは大事に。演出ですか、セリフが早すぎて聞き取れませんでした。おもしろいセリフなのに笑えませんでした。佃先生ノリ過ぎやらせすぎ。スギキノシタ先生登場から話が急転、木に竹を接いだような本になっている不自然さが残る作品だと思います。キノシタ東高のフジイフミヤが…。竹を割ったような性格の部員達なのにツッコミが弱いと思いました。舞台はせめすぎでちょっとキツイ。練習しすぎた好例か。休部?閉鎖?の勝手に活動開始部室には見えない。スポットライトが点く、賞状が出る、マント衣装がある、巻き布の残りが黒ばっかとかは、どこまでもリアリズムを追求しなければ成立しない作品ではないのだろうか。ビバ!顰蹙と冷笑の下手下手芝居。ナカ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kamekame1973
読者になる
2008年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/kamekame1973/index1_0.rdf