[言葉]限界マンション 

June 28 [Wed], 2017, 20:26
 過疎化が進んだ村や地域などを「限界集落」といいますが、それのマンション版のようです。下の記事には、「修繕もままならず、廃墟と化すのを待つしかないマンション」と説明があります。最初は高級マンションとして売り出された物件でも、年がたち古くなるにつれ、物件の価値もどんどん下がり、やがて低所得者しか住まなくなる。先日火災のあったロンドンのタワーマンションもリノベートされる前は、きっとスラム化してたんじゃないかと思います。

 この手の廃墟となった高層アパートのイメージで真っ先に思い浮かぶのは映画の「ブレードランナー」です。最初に見たときは、なぜ都会のど真ん中に朽ち果てたそういうビルが取り壊されずにあるのか設定が理解できませんでしたが、結局大規模アパートについては欧米の方が先行していたわけですから、もう1980年頃にその兆しが現われていたということなんでしょうね。

●「限界マンション」が急増、やがてスラム化し廃墟となる
 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170627-00033729-biz_plus-bus_all&pos=3

 修繕もままならず、廃墟と化すのを待つしかない「限界マンション」が全国で増えてきた。行き場のない高齢者が取り残され、都会に生まれた限界集落の様相を示している。そこに見えるのは、人口減少時代を迎えながら住宅の過剰供給に打つ手を持たない住宅政策の貧困ぶりと、世界に類のない速度で少子高齢化が進む未来の縮図だ。(以下省略)

[言葉]ボツイチ 

June 17 [Sat], 2017, 17:48
勘の良い皆さんは聞いただけで分かりますね。すっかり定着したものの最近やや聞く頻度が減っている感のある「バツイチ」の関連語ということになりますか。配偶者が死亡してしまい独り身になっている状態のことを意味する言葉のようです。

幸せな結婚生活を送っている人からすれば、なんといやな響きの言葉だろうということになるのでしょうが、私のような恐妻家からすると、なんともうっとりとする光輝く言葉であります。早くそのステータスにたどり着きたいものですが、そのころにはきっと「ボツイチ」ならぬ「ボケイチ」になってしまっているのかなあ。

あっ!「ボケイチ」は今自分で作った言葉です。ボケて一人養護老人ホームに入れられて配偶者と別れて一人暮らしをしているといった意味にでもしておきましょうか。

底を打ちました! 

May 27 [Sat], 2017, 17:43