[言葉]利き顔 

November 03 [Thu], 2016, 20:24
長年日本人をやってきましたが、利き手、利き腕、利き足くらいは知っていても、今回の「利き顔」というのは初めて知りました。

利き手、利き足だと、字を書いたりボールを投げたりと細かな制御が利く方の手や足というになるわけですが、利き顔の場合は、単に映りが良い方向から見た顔ということなので、ちょっと手足の場合とはニュアンスが違うようです。

昔からタレントさんの間では映りが良い角度からの撮影を希望する人がいたようですが、やはり昨今のSNSの流行りで、自分の顔を世間様に晒す機会が増えたからポピュラーになりつつある言葉ということでしょうか。

●【スマホ撮影のコツ】自撮りは「利き顔+斜め構図」でキレイ度3割増!
 http://learning.yahoo.co.jp/infant/article/171283

子どもとママがいっしょの写真を手軽に残す方法といえば、やっぱり自撮り。でも、自撮りだとキレイに撮れないからイヤ、というママが少なくありません。
『たまひよの写真スタジオ』スーパーバイザーとして、多くのママの撮影をサポートしている藍郷友香さんに、子どもといっしょの自撮りでキレイママに写るコツをお聞きしました。
(以下省略)


多分、こずかい稼ぎ 

October 30 [Sun], 2016, 19:52
さきほど、PCでブログのコメ返を書こうとして気がつきました。ロボットを使ったスパムコメントの書き込みを防止するために今まで行われていた画像認証(CAPTCHA)機能は読みにくく変形したひらがな5文字を入力させるというものでしたが、今度は写真に写っている内容を判断する高度なものになりました。とはいっても、既に2年位前にグーグルさんがリリースしたもののようですが、これはスパムの防止と同時に、グーグルさんの人工知能の学習用データとして使われるんですよね。我々が正解として選んだものとグーグルさんの人工知能が選んだものが合っていれば一回で通過させてもらえるけれど、本当は人間の入力が正しいのにグーグルさんの人工知能が選んだ回答と違っていると、もう一度回答しないといけません。あー、面倒くさ!

考えてみれば、もう長い間、サイトの改良を行っていないヤプログがあえてユーザのために、この機能を導入しているわけがありません。きっと、グーグルさんから営業をかけられて、我々が一回使うごとにヤプログに幾らかのお金が入ってくるような仕組みになっているのだと思います。

そもそも気にいらないのは、ヤプログにログインした状態で自分のブログにコメ返するのに、毎回、この画像認証をしなければいけないというのは絶対不親切な仕様ですよね。自分がサイトの運営者だったら、ユーザさんのことを第一に考えたら、こんなバカな仕様には絶対しません。明らかに、自分たち(ヤプログ)の金儲けを第一に考えた仕様であり、新機能導入だと思います。








[言葉]四十膝・五十膝 

October 30 [Sun], 2016, 19:34
四十肩・五十肩があるのだから、これがあっても別に不思議ではないと思うのですが、なぜ今までそれほど取り上げられてこなかったんでしょうね。普通に考えれば、肩が突然痛くなって上がらないというような症状になる人が圧倒的に多いということなんでしょうけど。でも、単に痛いくらいでは、やはり四十肩・五十肩に比べると症状が多少軽いような感じがしますし、その程度なら、別に四十、五十をつけないただの膝痛でよいと思えるんですがね。

●四十膝、五十膝が増加中…正座がキツイは“壊れる”サイン
 http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/191975

四十肩、五十肩ならぬ「四十膝・五十膝」を放置していないか? 症状が悪化してから対策を講じるのでは遅い。

「季節の変わり目に膝が痛いと感じたら、『四十膝・五十膝』かもしれません」

 こう指摘するのは、埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長の高山かおる医師。高山医師は爪の変形、たこ・うおのめ、糖尿病性足病変などを主に診ているが、これら足のトラブルは膝と密接な関係にあるという。

「足の使い方が悪ければ、足のトラブルの治療をしても再発します。そして足の使い方は、X脚、O脚といった膝の間違った使い方と切り離せません。長年の膝の間違った使い方で膝に負担がかかって軟骨が摩耗し、やがて膝痛を生じる人が多いのです」

「膝痛=高齢者」とのイメージが強いが、実は症状が出始めるのは40〜50代。膝の間違った使い方に、肥満、運動不足による筋力低下が加わり、膝が悲鳴を上げ始める。
(以下省略)