平清盛【第3回】NHK大河ドラマ

January 27 [Fri], 2012, 16:55
源平の御曹司 

「オレ…、オレは…、どうしようも無い男じゃ…。赤子のように、守られているとも知らず…、思い上がって…、ひとりで生きておるつもりになって…、オレはぁ…、なにもできない…、つまらないヤツだ…。平氏のもとにいなければ…、のたれ死ぬしかない…、弱き…、野良犬なんじゃ…。オレなどいらぬっ!!!いらぬっ!!!オレなどいらぬっ!!!」by平清盛(松山ケンイチ)。

祝・厨二病卒業っ!!!おめでとう清盛。これでようやくあなたを大人として見ても違和感なくなるんですね、そうなんですねっ!!!

あぁもうホントどうなることかと思っちゃいました。第2回を見て、リアル中二が厨二病発病して暴れているだけなのに、松ケンが演じているもんですからどうにもこうにも厨二病をこじらせてしまったいい年ぶっこいた大人が暴れているようにしか見えず、見るのもうやめちゃおうかななんて思っていたんです。でもコメントくださった方たちのおかげで第3回を見てみる気になったんです。序盤は相変わらずの大暴れっぷりをかましていて、ありゃりゃりゃどうしたもんだか、こりゃ清盛よりもなによりも朝廷のドロドロドラマとして楽しめばいいのかなんて思っていたところに、厨二病卒業の知らせがやってきたわけで、これでだいぶ見やすくなったかなぁなんて思っています。
っていうか、しつこいようですが、今回くらいまで子役でいった方がよかったでしょ。だってホントに厨二病卒業したんだし、これからは大人として武士としてキリリとした清盛を見られるってことで、いざ松ケン登場ってした方がよっぽどもよかったと思っちゃうわけで…。←ホントしつこい。

いや〜〜〜〜、マジで序盤くそガキ清盛が暴れていたときは見てられないななんて思ったんですが、忠盛(中井貴一)の説教あたりからはぐぐぐいっと引き込まれちゃいました。「お前がこうして生きておられるのはお前の知らぬところで平氏一門がお前を守っておるからだっ!!!」と言い放った忠盛はカッコよかったしスカッとしたわよぉ。できることならもっと早くからこうして諌めてほしかったんですけどね…。もうホントこの忠盛が「最後から二番目の恋」の和平と同一人物とは思えないわよ。すごいな中井貴一、いいよいいよいいよ〜。
でもさ、ドラマの設定上、清盛は忠盛の実の子供ではないわけで、それなのに「清盛は平氏に、なくてはならぬ男であるっ!!!」と言い切っちゃってるのはなんでだろうって思っちゃうんですよねぇ。清盛に「平氏と縁を切れ」と言っている忠正(豊原功輔)の方が正しいんじゃないかって思うほどです。
宗子(和久井映見)が「清盛は私の子でございますっ!!!」と言っていたんですが、前回のくそガキ清盛と同様、あのとき冷たくしたことを忘れてね〜ぞっなんて思っちゃいました。←心狭すぎ。
確かさ、平治の乱で源義朝を倒したあと、頼朝と義経の命を助けてやってくれと懇願したのって、清盛のお母さん、つまり宗子だったんじゃなかったっけか…。あぁなんかそう考えると超因縁めいている気がしてきちゃいました。義理の息子が、自分が助命嘆願した源氏の子に滅ぼされるなんてねぇ…。

さて、それはさておき朝廷ですよ朝廷っ!!!もはや平清盛よりもなによりも、朝廷側のドロドロの方がおもしろいんじゃないかって気がしてきちゃいました。
なんといっても璋子(壇れい)です。どうしたらいいんでしょう。鳥羽上皇(三上博史)もよくもまぁ発狂しないもんだって話です。イヤもう半分どうかしちゃっているのかもしれません。
だってさ、息子の崇徳帝は鳥羽上皇との子供ではないってわかっていながら「ないゆえ上皇様は、かように帝に、辛うあたられまするか??帝が、愛しくはございませぬか??」なんて平気で聞いちゃっているんですもの。そりゃ鳥羽上皇だって「愛しく思えと申すか。我が胤ではない、先の院の子である帝を、我が子のように慈しめと申すかっ!!!」って怒るっつ〜のっ!!!そんな鳥羽上皇の怒りなんてほぼ完全スルーでさらに璋子は「それでも、上皇様のお祖父様の子ではございませぬか。上皇様には、大叔父様にあたられる子にございますから、叔父子…とでもお思いになるといかがです??」なんてイケシャーシャーと言ってのけちゃうんですもの。なにこの女…。天然ですか??空気読めないだけですか??
なんだろな、「あさきゆめみし」のあまり感情のない女三宮に見えちゃいました。そういや女三宮も叔父子ではないけれど、不義の子を産んじゃうのよね。それにしたって怖すぎます…。鳥羽上皇の怒りの睨みも怖かったんですが、それに対してケロッとしている璋子の方が怖いです。なんなんでしょう一体…。璋子…、恐ろしい子…。
事情をすべて知っているんであろう堀河局(りょう)のほとんどあるんだかないんだかわからないような眉もぴくぴくしっぱなしになるっつ〜のっ!!!鳥羽上皇の血管が切れるのが先か、堀河局がぴくつかせすぎて顔面麻痺ナスターズになるのが先か、これも見どころです。←それはない。
鳥羽上皇が哀れで哀れで…。こんなこと言われたら愛そうにも絶対に愛せませんってのっ!!!あぁ、今後の鳥羽上皇と崇徳上皇の対立が楽しみになってきちゃったわぁ。

ところで、元服の年齢は10代前半だとは思っていましたが、清盛の元服は当時数えで12歳だったと聞いて、改めて子役を使うべきだったと思っちゃいました。ホントにただのガキンチョじゃね〜かって話でして、おまけにそのとき源義朝(玉木宏)は数えで6歳だってんですからもう笑うしかありません。これをちゃんと子役でやってくれていればなぁと思えてなりません。←しつこすぎ。
「大河ドラマの主役に抜擢〜〜〜」なんてすんごく前から大々的に宣伝しちゃうわけで、だからこそその主役である俳優をなるべく早いうちから出したいんだろうなという大人の事情が見え隠れというかミエミエなのがなんだか残念でなりません。
でもホント、今回クソガキ清盛が自分の愚かさに気付いてくれたので、だいぶよくなったと思います。次回も見ちゃおうってな気持ちにもなりましたから。

あっそうだ、西行として藤木直人が出てきたんですが、最初義朝の玉木宏かと思っちゃいました。烏帽子なんてかぶってると、この2人なんか似てるって思っちゃいました。




これまでの感想
【第1回】【第2回】


  • URL:http://yaplog.jp/kamei/archive/949
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:仮名
読者になる
ヒキヲタニートって時点で終わってるわけですが、その上アラフォーときた日には、終わってるを通り越しているわけで…。ミーハーでお調子者、新しモノ好きで飽きっぽい、ゲーマーでありテレビっ子、怠け者でいい加減、どこからどう見てもパンピーそのもの、パンピー中のパンピーです。 こんなヒキヲタニートに救いの手を差し伸べてくれた奇特な御仁サコタさんと同居しております。

そしてこんな駄文垂れ流しサイトにようこそお越しくださいました。くだらないことばかり書いております。きっと有益な情報などひとつもないでしょう…。スミマセン。 リンク・トラックバックフリーです。


ツイッターやってます。 ツイッターロゴ
フォローリムーブブロックご自由にどうぞ。フォローしてくださる際に@返信でコメントいただけると、喜んでリフォローしさらに無用に絡む可能性があります。ブログが更新されていなくても、無駄に呟いていることもあります。


ただ今ハマり中のゲーム
とびだせどうぶつの森

ブログが滞っているのはこれが原因の可能性大。プレイ日記もどきはツイッターにて絶賛つぶやき中っ!!!かもしれません。←テキトー。


ブログ内検索
Google
このブログを検索
WWWを検索
ヤプログ!広告
2012年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
TBPドラマ好き集まれ
http://yaplog.jp/kamei/index1_0.rdf