平清盛【第30回】NHK大河ドラマ

August 01 [Wed], 2012, 17:42
平家納経 

「なにゆえじゃぁっ!!!なにゆえじゃっ!!!なにゆえ…、なにゆえじゃぁっ!!!なにゆえじゃぁぁぁっ!!!あぁぁえぇぇぇぇああぁぁぁぁぁうおあぁぁぁぁぁぁぁっ!!!我、深き罪に、行わるるに、愁鬱浅からず。日本国の大魔王となりて、皇を民に引き下ろし、民をば、皇に成し上げんっ!!!んんんんんんんんんぅぅぅぅぅっ!!!うわぁぁぁぁぁぁっぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!!」by崇徳上皇(井浦新)。

ひっひっひっひっひえ〜〜〜〜〜〜〜〜〜っ!!!怖いっ!!!怖すぎるっ!!!まるでホラー。完全にホラ―。まさかここまでとは…。私個人的には大満足だけど、ちょっとホラー色強すぎというか、あれ、子供が見たらトラウマになるレベルだわよ。あぁだからオリンピックに合わせて時間をずらしにずらしまくったってことなのね、納得納得。イヤでもホントに、私でも夢に見ちゃいそうなほどのホラー状態だったわよ。よくぞそこまでって感じがしちゃったわ。

いやでもさ、なんていうかさ、歴史をよく知らない人が見たら、いきなり崇徳上皇が出てきて、いきなり発狂して、いきなり怨霊になって、そして死んだ…っていうふうに見えちゃいやしないかしら…。保元の乱以降、ちょっとずつでも崇徳上皇の讃岐での暮らしを見せてくれていればよかったのになぁ…。そういや崇徳上皇なんていたっけなぁなんて感じで、久しぶりに登場したと思ったら、あれよあれよって家に形相まで変わっちゃって、恐ろしい怨霊になっちゃったわけで、崇徳上皇のこと知らない人が見たら、一体どういうこっちゃって感じでしょうに…。そりゃこのドラマの主役は平清盛(松山ケンイチ)で崇徳上皇では決してないけれど、保元の乱以降ほっとかれていた崇徳上皇がいきなり出てきて怨霊になりました〜〜〜って見せられても、お茶の間ビックリって感じでしょうに…。それともなにかい、「平清盛」を見ている人がみな崇徳上皇の怨霊伝説を知っていると思って作っているんでしょうか。
ま、私個人としては崇徳上皇のというか井浦新の凄まじい怨念を感じることができたので満足しているんですけどね。でも視聴率悪いっていうのもなんとなくわかるような気もしてきちゃいました。

イヤでも、ホントに恐ろしかったわ。恐ろしすぎたわ。あんなにも穏やかに讃岐で暮らしていたのに…。ホントになにひとつ思うとおりにならなかったわよ、崇徳上皇…。っていうか、崇徳上皇ってなにひとつ悪いことしていないわよね…。それなのにホントに不遇というかなんというか…。
だってさ、父@鳥羽院(三上博史)には叔父子と呼ばれて忌み嫌われて、皇位を譲られたはいいけれど単に中継ぎってだけで、騙されたような状態で譲位させられ、それでも次に自分の息子@重仁親王に皇位を譲られると信じていたら今様にかぶれている弟@後白河上皇(松田翔太)が皇位につき、力になると言ってくれた男@西行(藤木直人)は叔父子の産みの親である母@璋子(壇れい)に惚れて振られて力になってくれるどころか放置プレイでさっさと出家してトンズラされ、鳥羽院崩御の際には家臣@清盛に剣を突き立てられおっ返され、進退窮まって乱を起こしたものの惨敗し讃岐に流罪され、それでも讃岐で穏やかに鎮魂のために写経しそれを京に送ったら弟@後白河上皇に呪いだなんだのと因縁つけられ突っ返され、最後の望みである息子@重仁親王の死まで知らされ…。あぁ、書いててなんだか涙が出てきたわ…。どうよこの崇徳上皇の不幸っぷり…。そりゃ「なにひとつ思うままにならぬ我が人生」と嘆くのも無理ないってもんです。なんにも悪いことしてないわよ、崇徳上皇はさ…。
何度も書いちゃいますけど、ホントに崇徳上皇すごかった…。怖かった…。目は真っ赤で血の涙を流し、髪も髭も爪まで伸び放題になっちゃって、顔なんてまさに般若のごとき形相…。怨霊化がレベルアップするごとに、顔はどんどん般若になっていくわ、日本語なんだかもはや判別不能な呪文を唱えるわ、住んでいた家まで荒れ放題になるわ…。いやマジでホントに恐ろしかった…。
っていうか、井浦新バンザイですよ。さすが井浦新ですよ。こういう役やらせたら右に出るものがいないわよ。あっぱれすぎて、リタイアしちゃった月9も見ちゃおうかって勢いです。月9もきっと井浦新っぷり発揮して胡散臭い役なんだろうなとは思うんですけど、井浦新の真骨頂といえば断然こういう役だわよね。いやはやホント崇徳上皇が井浦新でよかったわ。
このあと明治時代になるまでの数百年間、大怨霊として崇徳上皇は恐れられるわけですが、この崇徳上皇は憑き物が落ちたような穏やかな顔をして最期を迎えられました。あぁホントに…、崇徳上皇…、ていうか井浦新…、お疲れ様…。

もうね、ホントに崇徳上皇が凄まじすぎて、基盛(渡部豪太)が急死しちゃったことも、時忠(森田剛)がさりげなく出雲に流罪になっちゃったことも、藤原忠通(堀部圭亮)がお亡くなりになったことも、すっかり霞んでしまいました。
でも今回のメイン平家納経は一応記憶に残っています。すごく立派にきれいに見事にできたなぁなんて平家の面々ではなくドラマの美術班に感心しちゃいました。崇徳上皇もですが、平家の面々もみんな字が上手だなぁなんてどうでもいいことにも感心しちゃったりなんかして。
それを厳島神社に供えるってんで、なぜだか一族みんなを引き連れていくという…。平家は一蓮托生ってことなのかもしれませんが、船が転覆でもしようもんなら、ここで平家滅亡ですよ。頼朝の挙兵を待たずして滅亡ですよ。そのくらいの凄まじい嵐に遭っちゃってました。ま、無事に到着できましたけど。っていうか、瀬戸内海ってすんごく穏やかだって私が勝手なイメージを持っているんですが、あんなにも大荒れ大時化になることってあるんですかね…。ま、ドラマってことで…。

ところで…、西行…、お前なにしに来たんだマジで…。ちゃっかり平氏の船にも乗っていたけれど、そんなことよりなによりやることあるだろうがぁぁぁぁぁぁっ!!!言うか言うまいか迷った挙句、ホントとんでもないこと言い出すんですよ、こいつは…。
「実は、基盛殿が、宇治川を渡っておったであろう刻限、高野山におりました拙僧は、確かに見たのです。なにか物の怪、いや、怨念の塊の如きものが、空を行くのを。そして、それは確かに、讃岐の方角より現れました。かの保元の戦の後、上皇様が流罪となられた地にござります。拙僧が見たものは、讃岐の院の、怨念だったのではないかと…」とかなんとかほざいちゃってますよ。だったらこんなところにいないで崇徳上皇に会いに行くなりなんなりしやがれってんだよっ!!!お前が崇徳上皇を裏切ったこと、私は忘れていないぞっ!!!
っていうかさ、そもそもお前僧だろっ!!!崇徳の怨霊を鎮めるとかなんとかしろっつ〜のっ!!!せめてその努力をしてくれっつ〜のっ!!!そういうポーズでもいいから、それだけでもいいから見せてくれっつ〜のっ!!!
もうさ、これじゃ西行がなんのために出てきたのかさっぱりわからないわ…。怨念を見たというその足ですぐさま讃岐にでも向かってくれよもう…。
で、なんのために平家の船に一緒に乗ってるんだか…。なんにもしてない…。西行マジでなんにもしてない…。さすが娘を足蹴にして出家しただけのことはあるわ…。なんの力も持ってないってことがわかったわ。

えっと、なんの力もない西行もいらないだろって思っているんですが、兎丸(加藤浩次)と桃李(柊瑠美)の恋愛模様なんて本気でいりません。どうでもいいです。

あぁもうホントに今回は崇徳上皇を堪能したわ。井浦新ホントにすごかった。崇徳上皇ホントに怖かった。
あぁいい最終回だった。←違うっつ〜の。
うんでも次回からはどうしようかなって感じです。9月に神木隆之介くんの義経登場ってことで、そのあたりでまた見るかもしれませんし、惰性で見ちゃうかもしれません。えぇえぇテキトーです。私のドラマ見るスタンスなんてそんなもんです。






これまでの感想
【第1回】【第2回】 【第3回】【第4回】【第5回】【第6回】……【第8回】【第9回】【第10回】………………【第14回】【第15回】【第16回】【第17回】【第18回】【第19回】【第20回】【第21回】【第22回】【第23回】【第24回】……【第26回】【第27回】【第28回】【第29回】



  • URL:http://yaplog.jp/kamei/archive/1098
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:仮名
読者になる
ヒキヲタニートって時点で終わってるわけですが、その上アラフォーときた日には、終わってるを通り越しているわけで…。ミーハーでお調子者、新しモノ好きで飽きっぽい、ゲーマーでありテレビっ子、怠け者でいい加減、どこからどう見てもパンピーそのもの、パンピー中のパンピーです。 こんなヒキヲタニートに救いの手を差し伸べてくれた奇特な御仁サコタさんと同居しております。

そしてこんな駄文垂れ流しサイトにようこそお越しくださいました。くだらないことばかり書いております。きっと有益な情報などひとつもないでしょう…。スミマセン。 リンク・トラックバックフリーです。


ツイッターやってます。 ツイッターロゴ
フォローリムーブブロックご自由にどうぞ。フォローしてくださる際に@返信でコメントいただけると、喜んでリフォローしさらに無用に絡む可能性があります。ブログが更新されていなくても、無駄に呟いていることもあります。


ただ今ハマり中のゲーム
とびだせどうぶつの森

ブログが滞っているのはこれが原因の可能性大。プレイ日記もどきはツイッターにて絶賛つぶやき中っ!!!かもしれません。←テキトー。


ブログ内検索
Google
このブログを検索
WWWを検索
ヤプログ!広告
2012年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
TBPドラマ好き集まれ
http://yaplog.jp/kamei/index1_0.rdf