平清盛【第14回】NHK大河ドラマ

April 11 [Wed], 2012, 20:34
家盛決起 

「そなたも飲むがいい。よいから近う寄れ。長かったであろう。怪しげな出自の兄の陰で過ごした不遇のときは。物分かりの良い弟のかをしながら、なにゆえ正妻の子である自分が、こんな思いをせねばならぬのかと。まことならば、己こそが嫡男。己こそが次なる棟梁。あの兄さえいなければと、そう思うて生きてきたはずじゃ。私が叶えてやろう。清盛なんぞ取るに足らぬ。まこと世にきらめくべきは、家盛、そなたじゃ。そう思い知らせてやろう。平氏一門にも、鳥羽の院にも」by藤原頼長(山本耕史)。

あひゃひゃあひゃひゃあひゃひゃひゃひゃ〜〜〜〜〜〜っ!!!いいの??いいのこれ??大河ドラマこんなのでいいの??あひゃひゃあひゃひゃあひゃひゃひゃひゃ〜〜〜〜〜〜っ!!!←なにかが壊れた。

えっと、あまりにもアレがナニなので、そこばかりにしかもはや目がいかず、内容もそこしか覚えておらず、ほろりとくる展開もあったような気もしますがなにぶんアレがナニなので、非常に下品な感想にしかなりませんでした。下ネタ下品がお嫌いな方はこれ以降お読みになりませぬようよろしくお願いいたします。

見終わる前から頼長(山本耕史)の男色祭りしか記憶に残っていません。家盛(大東駿輔)なんて決起した途端、失意のどん底で死亡フラグビンビンです。そしてあっちがビンビンなのは頼長です。もはや「頼長勃起」の方がよほど内容に合ってると思われます。←下品すぎて放送できないっつ〜の。
いや〜〜〜〜でも悪左府悪左府悪左府〜っ!!!誰でもいいわけではなく見目麗しき若者を選り好みしまくってる悪左府悪左府悪左府悪左府〜〜〜〜〜〜っ!!!とことんやっちゃえっ!!!うん、言われなくてもやりまくってるわね。

「シュクセイ」という言葉を覚えているという頼長の大切にしている白オウムは「チコウヨレ」という言葉も覚えるに違いありません。そして白オウムは頼長のアッー!なことを目撃するたび、激しさに応じてバッタバッタ羽ばたいているのでしょう。家盛のときなんてもう羽が抜けんばかりの、白オウム自身がイっちゃいそうなくらいの羽ばたきっぷりです。もういっそ白オウムが「アッー!アッー!アッー!」ってな喘ぎ声も発しちゃって欲しいくらいです。

っていうか、これが大河ドラマの感想だってんだから自分でもビックリしちゃいます。これでいいのか、大河ドラマ…。

家盛が早死にしたのは知っていましたが、あんなふうにいきなり失意のうちに死んじゃうんでしょうか。頼長に弄ばれ、頼長に唆され、挙句頼長に「いよいよ清盛も終わりじゃ。どうした浮かない顔をして。心のこまい男じゃ。そんなことでは、世を正せぬぞ。院が頼みに思うておる、平氏の武力と財力、そなたが後継ぎとなれば、これらはわしの物も同然じゃ。院は我らを頼らざるを得なくなる。そのときこそ、藤原摂関家の栄華を取り戻すときじゃ。そなたが、清盛を蹴落としたのじゃ。院が頼みに思うておる清盛を。家盛よ、まことに私が、そなたを棟梁の器だと思い、引き立てたと思うておるのか??そなたが清盛よりも優れておるのは、はるかに御しやすい男ということじゃ。見目も申し分ないしのう。もう遅いっ!!!己こそが嫡男。己こそが次なる棟梁。その欲に目がくらみ、そなたは一門を売ったのだ」なんてヤリ捨て同然にされたら死にたくもなっちゃうってなもんでしょうかね。でもさすがに気の毒すぎるわ…。
っていうか、頼長にしてみりゃ家盛にネタ晴らしなんかせずに、見目麗しい家盛の体を弄ぶだけ弄んで、平氏の財力掠め取る方がうまみがあるんじゃないかしら。根っからのクソドSってことでしょうか。←違うっつ〜の。
ま、家盛が急死するっていうことに悪左府絡めちゃうわよ〜ってことなんでしょうけどね。
幼いころ、兄弟仲良く力を合わせて、弟が兄を慕い兄が弟を助けての木登りシーンがもう切なくて切なくて…。ちょうどそのころ清盛(松山ケンイチ)も同じようにそのときのことに思いを馳せているわけで…。兄上〜〜〜〜っ!!!主人公のはずなのに蚊帳の外の兄上〜〜〜〜〜っ!!!

おもしろく見ちゃっているんだけど、あくまでもこれは「平清盛」のはずなのよ…。大河ドラマでこんな大きな腐女子釣り針みたいの垂らしまくっちゃうのはどうなんだって思っちゃったりして。だって本来なら清盛のカッコよさで魅せるべきでしょう…。一応天下の大河ドラマなんて思っちゃっているところもあるので、これでいいの??っていう気持ちはすんごくあったりします。
でも頼長アッー!で視聴率アップしたみたいですね。視聴率的にはこの路線でオッケーってことなのね…。大河ドラマもこうなったか…。って、今までロクに大河ドラマなんて見てこなかったんですけどね…。

えっと、これ実はツイッターでつぶやいたものの再編集だったりします。もちろんツイッターではこんなにつぶやいていませんけども、この回はやっぱりブログに残しておこうかななんて思って書き足していったらやっぱりこんなにだらだら長くなっちゃいました。

第11回から第13回まではツイッターでも感想を書いていませんが、一応見ていました。第14回の頼長アッー!の印象が果てしなく強くてもうそれまでの内容スッカリ忘れているんですが、清盛のエア弓矢は覚えています。笑わせてもらいました。ハゲちゃびんの鳥羽法皇(三上博史)は狂っちゃったかのような泣き笑いでしたが、私はもう腹抱えて笑っちゃいました。なんじゃあのエア弓矢…。

あっそういえば超天然璋子さま(壇れい)も退場したんですよね。あれ、でももはやその記憶がすっかり飛んでる…。どんな最期でしたっけ??切なかったんだっけか…。まぁいいや。うん、前のことは振り返りません。
実は現在BSプレミアムで「八日目の蝉」の再放送をしていまして、毎週水曜日はそれを録画しようと思っていたりします。第1回を見たんですが、壇れい演じる希和子が「心も体も空っぽながらんどう」呼ばわりされていたんですが、これ、のちに「平清盛」で身も心も空っぽな天然璋子さまになるって予言だったのかと思うと感慨深いです。←なにが??っていうかもうどうでもいいっつ〜の。

今回はツイッターでのつぶやきを再編集しましたが、これからはツイッターでぶつぶつ感想つぶやくスタイルにしようかななんて思っていたりします。ま、書きたくなったらまたこんなふうに書いちゃうと思うんですけどね。
ツイッターアカウント持っている方がいれば、ぜひ教えていただきたく思っております。ブログのコメント欄よりもうすぼんやりテキトーにお返事書いたり書かなかったりですけどね。もう自分でもなにがしたいんだか…。




これまでの感想
【第1回】【第2回】 【第3回】【第4回】【第5回】【第6回】……【第8回】【第9回】【第10回】……



  • URL:http://yaplog.jp/kamei/archive/1005
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:仮名
読者になる
ヒキヲタニートって時点で終わってるわけですが、その上アラフォーときた日には、終わってるを通り越しているわけで…。ミーハーでお調子者、新しモノ好きで飽きっぽい、ゲーマーでありテレビっ子、怠け者でいい加減、どこからどう見てもパンピーそのもの、パンピー中のパンピーです。 こんなヒキヲタニートに救いの手を差し伸べてくれた奇特な御仁サコタさんと同居しております。

そしてこんな駄文垂れ流しサイトにようこそお越しくださいました。くだらないことばかり書いております。きっと有益な情報などひとつもないでしょう…。スミマセン。 リンク・トラックバックフリーです。


ツイッターやってます。 ツイッターロゴ
フォローリムーブブロックご自由にどうぞ。フォローしてくださる際に@返信でコメントいただけると、喜んでリフォローしさらに無用に絡む可能性があります。ブログが更新されていなくても、無駄に呟いていることもあります。


ただ今ハマり中のゲーム
とびだせどうぶつの森

ブログが滞っているのはこれが原因の可能性大。プレイ日記もどきはツイッターにて絶賛つぶやき中っ!!!かもしれません。←テキトー。


ブログ内検索
Google
このブログを検索
WWWを検索
ヤプログ!広告
2012年04月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
TBPドラマ好き集まれ
http://yaplog.jp/kamei/index1_0.rdf