持続百裂始まったな

May 10 [Mon], 2010, 23:28
スト4において、屈大P→大百裂持続中百裂→ホウセンという夢のコンボがあった。
フレーム上は繋がるものの、「必殺技を出した後最速でウルコンは出せない」という謎の仕様により、まさに夢だったこのコンボ。
しかし、スパ4においてこの仕様が消滅したことにより、猶予0フレであるものの、データ通り繋がるようになったらしい!

これはデカイ。
なんせ、中央でもホウセンがフルヒットするコンボなのだ。
しかも今までの端限でのフルヒットとはワケが違う。

今までのコンボでは、空中で無理やり拾ってのコンボだったため、「最後まで入る」ことをフルヒットと呼んでいたが、実は全弾のうちの2/3程度しか当たっていない、言わばまやかしのフルヒットである。
それゆえ、ただでさえ補正で減るウルコンのダメージがさらに2/3になってしまうコンボだったのだ。

しかし今回のコンボは違う。
きちんと全弾ヒットする。
しかも場所限、キャラ限(おそらく)も無い。
強い…。

屈大P始動なので入れる場面が少ない、大→中持続の形を安定させるのが難しい、さらに0フレ目押し(ウルコンって先行入力効いたっけか)と、難しい要素も多々あるものの、安定すれば大幅な火力アップになる。
取り入れない手はない。

とりあえず持続百裂の安定を図ろう。
これまで、持続百裂からEX百裂が繋がらないという場面が多々あったが、あれはおそらく持続部分の最後が当たっていなかったためと考えられる。
逆に言えば空振りさえ無ければ有利フレを7フレに安定させられるということだ。

では、何故空振りするのかを考えてみる。

まず、単純に距離が離れていることが考えられる。
屈大Pが先端当てになっていた場合、最後の一発まで入らないということ。

次に、百裂が大→中になっていない可能性。
つまり、中→中になってしまっている。
百裂脚は、小>中>大の順に相手との距離が離れ安くなっている。
中→中だと最初に距離が離れてしまって、最後まで当たらないのだ。
ならば大→大にしない理由はというと、中持続の方が有利フレームが長いから。
ちなみに大持続ヒット時は+4、中だと+7。
ホウセンを繋ぎたいなら必ず大→中にする必要がある。
逆に、EX百裂でいいのなら大→大にしておけば安定なことが今分かった。
研究って大事。

それはさておき、ここで問題なのは、百裂の持続部分ってのは連打回数によって弾数も増えるのか?ということ。

今まで何となく連打してたから分からんかったけど、5回で百裂が発生、その後1回押す度に1段ずつ持続が発生するんだろうか。
だとしたら、持続を最後まで(4回)発生させずに2回程度で止めておけば、最後がすかることも無く7フレ有利を安定させられるんじゃないか?
そうなればホウセンを繋ぐのも大足で転ばせるのも安定度がグンと上がることになる。

この件については今度万なみけで調べてみることにする。
ともあれ、スパ4では持続百裂は必須テクになる予感。
多少指痛くても練習する価値はある。
テンション上がって来たぜ。


終わり。
  • URL:http://yaplog.jp/kamaro/archive/63
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー リンク 絵文字 プレビューON/OFF
画像認証  [画像変更]
画像の文字 : 
利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ラリホー
読者になる
最新コメント
アイコン画像ラリホー
» 2年ぶりの更新 (2013年05月25日)
アイコン画像マルカワ(名無し)
» 2年ぶりの更新 (2013年05月25日)
アイコン画像ラリホー
» 2年ぶりの更新 (2013年05月25日)
アイコン画像名無し2
» 2年ぶりの更新 (2013年05月25日)
アイコン画像名無し
» 2年ぶりの更新 (2013年05月24日)
アイコン画像ラリホー
» 2年ぶりの更新 (2013年05月24日)
アイコン画像名無し
» 2年ぶりの更新 (2013年05月24日)
アイコン画像らり
» 来月から岐阜勢 (2011年03月13日)
アイコン画像ピカル
» 来月から岐阜勢 (2011年03月11日)
Yapme!一覧
読者になる