確定申告の医療費控除

医療費控除とは、1年間に払った医療費が10万円または年間所得(給与所得控除後の金額)の5%を超えた場合に確定申告で医療費控除(200万円を限度とする)すれば税金が還付されます。過去5年間にさかのぼって申告できます。
病院の治療代だけでなく、通院にかかった交通費や、治療目的の為の市販薬、マッサージ費用も医療費控除の対象となります。
また、支払った領収書も申告に必要となります。(交通費は金額のみでも可)
ただし保険会社から受け取った入院費給付金、出産育児一時金などは、医療費から差し引かれます。

対象となる医療費の要件
納税者が、自分自身又は自分と生計を一にする配偶者、その他の親族のために支払った医療費である。
その年の1/1〜12/31までに支払った医療費である。

対象となる金額
所得税・個人住民税とも(実際に支払った医療費の合計額)-(1の金額)-(2の金額)(最高額200万円)

1. 保険金などで補てんされる金額
(例)生命保険契約などで支給される入院費給付金、健康保険などで支給される療養費・家族療養費・出産育児一時金など
2. 10万円または合計所得の5%の金額のうちいずれか低い金額
P R
カテゴリアーカイブ