天然酵母のパン 

2004年01月12日(月) 8時00分
天然酵母とは何ぞや?
このレベルの私にとって、天延酵母のパンってとぉ〜っても魅力的。パン作りを極めた人々が踏み込む領域だよね。
昨日宮崎の綾町にドライブに行った時に、ガイドブックにのっていたパン屋さんで天然酵母のパンを買ってきました。
写真のパンは500円もするんだよ!でも独特の香りで噛めば噛むほど美味しい!ちょっとずっしりしてるから食パン2斤分のボリュームはあるかもしれないわ。そう考えるとそんなに高くないかもね。
コレの他に紅芋酵母で作ったパンとやらを買ってきました。生地がほんのりピンクでShakiは「ピンクパン」と言ってお気に入りでした♪
お店でパンを買ったのは久しぶりだわ。

全粒粉パン 

2004年01月10日(土) 22時00分
ひさびさにHBおまかせの食パンを焼きました。プルマンであんなに苦労した食パンが材料を投入するだけで焼きあがるなんて本当にHBって魔法の箱。素敵だわ。
せっかくきれいに焼けたのにパンケースから取り出すときに落としちゃって頭の部分がつぶれてしまった・・・。
付属のレシピ通りに作ると、砂糖の量はプルマンの約3倍。このあたりのレシピの見直しをしなくちゃだわ〜。

プルーン入りライ麦パン 

2004年01月09日(金) 10時00分
プルーンがあったので「休日のお昼は手づくりパンで」のレシピで作ってみました。
HBのこね終了5分前にワインに漬けたプルーンを投入したら、プルーンの影も形もなくなってしまった!ブドウパンみたいに実の形が残ると思ってたのにぃ。だから生地の味はその分甘酸っぱくなりました。でも、ライ麦の食感とも合って美味しかったわ。ダイエット中にはちと甘すぎかしら。

ライ麦パン 

2004年01月07日(水) 16時00分
「休日のお昼は手づくりパンで」のレシピのライ麦パン。前回はレシピどおり成形して、なんだかワラジのようなパンになってしまった。ケイ君ママのアドバイスによると多分過発酵だとのこと。な〜るほど。
焼き上がりを切り分けるのも面倒なので今回は10等分にして小さく丸めてみました。
ライ麦はとっくに賞味期限が過ぎてるンですけどね。200℃近い高温で焼くわけだからいいか(汗)。
全粒粉やライ麦のパンはダイエット中にはいいそうです。固めで噛み応えがあるし、食物繊維もたっぷり。とりあえず、賞味期限切れのライ麦がなくなるまでは、ライ麦パンを焼き続けますわ。食べ過ぎちゃ意味ないけどね(^^)。

プルマン第7作目 

2004年01月03日(土) 18時00分
正月早々、ガンちゃんが仕事にかり出されてしまったので、さっそくパンの焼き初め。
元旦に城山観光ホテルのベーカリーに行った時に目撃したプルマンは第5作目のプルマンのように端っこがすこし丸く焼き目が薄かった!どうやらホワイトラインというものらしく、いいプルマンはこれが入っているらしい。と、言うことは私が焼いたパンケースギッチギチのプルマンは間違いだったってことなのね・・・。
というわけで、第5作目の工程で挑戦するはずが、Shakiがコネ5分のところでHBをリセットォ〜(・o・)。生地作りコースを再度セットしたため、通常コネが15分のところが20分(涙)。やはりコネが多かった分、ふくらみがすごくて、ウッカリしてたら2次発酵がまたもや過発酵気味。というわけでまたもやケースギチギチのプルマンが焼きあがりました。
まぁ、それなりに美味しいんですが目指しているものとは違うものが出来てしまった。
今年のパン作りを暗示するような年明け第1作目でした。

レーズンバンズ 

2003年12月31日(水) 11時30分
パン教室で習ったレシピで焼きました。ガンちゃんの実家のおみやげ用。昨日のプルマンに自信がないからねぇ。
形は少し悪いけれど、味はまずまず。今年最後のパンになりました。
で、パン焼きに夢中になりすぎて家の事がほとんど出来てない。いいのかコレで(涙)。

プルマン第6作目 

2003年12月30日(火) 16時00分
年末なのに何やってるんでしょう、私。今日もプルマンを焼きました。上手に出来たら、ガンちゃんの実家へのお土産にしようと思ってね。
結果から言えば、ケースいっぱいに焼けました。でもね、味見をしたら、味は前回のほうが良かった気がするのよ。
今回はHBの食パンコースを途中リセットでやってみました。2次発酵時のふくらみが違う。前回よりも20分も早くケースのふたに届いてしまった。もしかして、いやもしかしなくても過発酵?って感じだったわ。でも、とりあえず形にはなったので1斤分だけおみやげ用にラッピング。
プルマンってド素人の私には本当に手におえないわ・・・。

プルマン第5作目 

2003年12月29日(月) 14時00分
かなりしつこい性格のようです>私。
前回のパンをピザトーストやフレンチトーストで消化するも、まだ残っているにもかかわらず、今回は粉をイーグルからゴールデンヨットに変えて焼いてみました。行程・分量はそのまま。
ゴールデンヨットはHBの食パン作りで、あまりに膨らむので使用を断念したという過去を持つ粉。HBのあのふくらみを食パンケース内で再現してもらおうと思った次第。
結果、イーグルよりは膨らんだけど第1作目のような角までキチキチの膨らみは見られませんでした。でも前回よりグッと角食パンになりましたよん。
こうなると第1作目がなぜあんなに膨らんだのかが疑問。考えられるのはあの時の生地はHBの食パンコースを途中でリセットしたものなのよね。食パンコースはねりのあと予備発酵そしてもう1度ねりがあるのよね。ってことはもう少し生地をこねたほうがいいのかしら?ここらへんポイントになるでしょうか?誰か答えて〜!

なんだか年越し準備もせずにパン作りに没頭しているような気がするわ。とほほ。

プルマン第4作目 

2003年12月27日(土) 13時00分
前回までの失敗作のパンはMoko&Natsumi親子にホットサンドにして全部食べてもらって、今日もプルマンに挑戦です。いろいろ考えた結果、今回は水の量を190ml→230mlに増やしました。結局最初に作ったパンの水分量です。
今回はケースのフタまで届いたけど、第1作目と比べたらまだケースのスミズミまで生地が行き渡ってませんでした。かどっこがあと一息なんだけどなぁ。でも、とりあえず、四角いパンになりました。
試行錯誤のレシピは
強力粉350g ドライイースト(サフ)6g 砂糖15g 塩6g ショートニング15g 水230ml です。
HBでの生地コース(ねり15分発酵40分ガス抜き)+発酵25分
丸めのあとベンチタイム20分
成形後ケースに生地をいれて2次発酵35度70分
200℃で35分焼成
長い道のりだけど、まだ最初の1歩なのよね。まだ、いろいろ分量を変えて試してみようと思ってます。アドバイスお待ちしてます〜。

プルマン第3作目 

2003年12月25日(木) 13時00分
昨日のパンはそのままにして、またまたプルマンへ挑む身の程知らずな私。そして今日も玉砕・・・。ショックで写真も撮れなかったわ。
今日もネットで仕入れたレシピ。基本的に前回のパンと材料は同じ。強力粉を350gに増やし、ドライイーストが2倍量の6g。やはり今回もHBの生地作りコースで。
焼きあがりは生地がケースのふたについたのだけれども、一部のみ。ケース全体に生地が膨らむって感じではなかったっす。う〜ん。
何が原因だろう。最初のプルマンはうまくいったのになぁ。水分量とHBでのコネが問題なのでは?と思うんだけど。
しばらく試行錯誤が続きそうだわ。
どなたか1.5斤分の完璧なレシピをくださいませぇ。

ちなみに今日の失敗パンも味はまあまあです。お友達にお持ち帰りいただきました(←失敗作を差し上げるな!)。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kakone-hb
読者になる
2004年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる