鈴の音 ~第一話~ 

April 21 [Mon], 2008, 17:48
暇だ。。。暇だった。暇・・・・。
私は、相原亜由美。怖い話を聞きたいんだけど、聞いたら怖い・・・・て言う、病(?)に。
そんな私が、小説屋に入るまで、そんな時間はかからなかった・・・。



「小説屋?」
明日・・・と言えなかった。ボロっちい店。駄菓子屋さん?でも、小説屋て・・・。入ってみよう!
あら、主人は・・・中学生?
「ホラー小説をお好みかい?」
え・・・・何?
恐怖が生まれてくる。何、何が起こるの!?
「鈴の・・・・音」
すると、がくっと意識がなくなった。鈴の音・・・・?



私は、暗い、暗い公園にいた。
「ここ、どこ・・・・?」
リーン・・・・・リーン・・・・・。
何、この音・・・・!
リーン・・・・・リーン・・・・・。
やめて!!白いワンピースに長い髪の毛・・・人!血・・・・・!
あなたは、誰?



誰!?誰・・・。
あの中学生。
「ごめんね。怖すぎたかな。
ここは、ホラー小説屋。たまたま立ち寄ったら、結構起きるまで時間かかるんだけどね。
それより、その物語の続き、知りたい?」
トクン・・・!
聞きたい・・・・けど。でも・・・!!
「聞きます。」
別に、怖くなってもいいもんっ!
「誓うね?」
「誓います。」
「よしっ、でわ。」
すると、口が操られたように喋り出した。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:*★....くる....★*
読者になる
2008年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像秋吉
» 鈴の音 ~第一話~ (2008年04月21日)
Yapme!一覧
読者になる