P R
■プロフィール■
あほやなぁ☆ 
■名前→ お嫁さま。  ( お嫁さまという称号だけで家事は何もできない置物 )
■住まい→都内のゴミ箱。
■性格→おっとりと言われるが、私にとって ほとんどどうでもいい事柄だから。 飽きっぽい。 すぐ忘れ、 なくし、欲しがる。 
■好きな音楽→ Ledzeppelin の 「天国の階段」。
■好きなもの→ 旦那さま。 ギターライトハンド。 美味しい水。 発汗。 美容。 お寿司。 尽きぬ向上心。 
■人生の教訓→ 最悪な出来事はパロディに。 
■好きな泉質→ 硫黄泉。
■家族構成→ 旦那さま。 お嫁さま。 猫。
■独り言→ 私だって転ぶと血が出るもん。  強い子だけれど、たまには弱がってみたい。 傷を愛でて。 
■旦那さまの性格→ こびりつく優しさJOYでも落ちない。   ギターとドラムが上手い。 世界が欲しがるSE。 
2005年12月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
12月24日の気温上昇は私達の幸せ温度の影響 /  2005年12月26日(月)

世の独身女性達、悪いね

法的にいい男押さえたんで。
この世からいい男一名減ったんで。



タイトル通りイブに式を挙げたが
ミーハーなわけではなく、日にち的に覚えやすかったから。


記念日は忘れたくないじゃん。


お日様が照ってほんのり雪でキラキラしてた。

着付け室でメイクさんが
「新郎さま、天使みたいでしたよー。」

天使


(天使って文字にすると天使のイメージ損なわれてない?)

うちの旦那様は高木美保に見えた時はあっても
天使に見えた事はないなあ。

でも無邪気な笑顔やとまどいの顔が
すげー可愛いらしく映る時もある。


「新婦さん、お人形さんみたいー。」

ホテル側の日常お世辞に持ち上げられつつ式が始まった。

寒い中遠いのにみんなが
祝福してくれてよかった。


ライスシャワーが
炊きたての米じゃなくってよかった。


こっそり旦那さまの上司も式に顔を出してくれてて嬉しかった。

軽井沢の空気さえ私たちを祝福してくれてた。
だって稀にみるいい天気だったらしいから。



Posted at 12:35 /  愛関係  /  この記事のURL
コメント(1)
過剰スキンケアにご注意を。 /  2005年12月22日(木)




乗っけりゃいい的スキンケア。
クリスマスのようなデコレーション。

過剰大好きお嫁さま。
入浴剤の投入過多、よってかぶれた

湯の花入れすぎたから、
湯の花避けてヒマラヤ岩塩に切り替える。

実はヒマラヤ岩塩も硫黄鉱山。

逃げても硫黄が私を追ってくる。

着いてくんなよ!


んもお
式が近いっていうのに、かぶれてるとか最悪。

24日までに治るかな。


Posted at 12:50 /  美容関係  /  この記事のURL
コメント(0)
生理中ほど旦那さま。せっくすせっくす☆ /  2005年12月19日(月)

月のものがやってきました。

私が生理中のお嫁さまです。


生理中こそ旦那さまとせっくすしたい、
まだまだ発情する性器を所有者。


結婚式もろもろの費用も
お祝い金で全ておさまりおつりが来る程。


浮いたお金で遊びにいこうぜ、旦那様。

やっべ生理中
やっべ食べたい

食べられない物でも食べたい。

もうすぐ式だってのに!


とりあえずバナナで我慢。

あら。バナナ。

生理中は自然と旦那様を彷彿させるものが食べたくなる。
冷蔵庫のウインナー。


私達がうぃなー☆



旦那様のはこんなんじゃないやい!

I am waiting for your ×××.



Posted at 14:41 /  愛関係  /  この記事のURL
コメント(0)
愛は源泉の如く溢れ出すもの。 /  2005年12月15日(木)

ういーっす。
おら、お嫁さま



「好き」源泉掛け流し。

湯水の如く溢れ出す「好き」。



大人になれば
「好き」って言葉の表現も変わってくるんだな。




マドンナの新しいアルバム格好いい。

マドンナはデビュー当時から大好き。
衰えにくい体はバレエ経験ある為。

妥協しない。
自分に厳しいスタイルが地位を保ち続ける。
声もいい。

いくら浜崎がパクっても近付かねーよな。

またジャケ真似すんじゃねーの?
背面ジャケなら完全パクリ。

左手の赤い糸も、カバラのマドンナを真似て浜崎も。
堀江さんもカバラ糸してるし笑える。

つーか3年前私もしてたんだけれどね。

うへへ。



Posted at 13:04 /  愛関係  /  この記事のURL
コメント(0)
堅い父とちゃらんぽらんな私。 /  2005年12月12日(月)

お嫁さまの父は堅い人

そんな堅い父を柔らかパイにはできないけれど

彼の誠意
(「幸せにします」と駆け落ちした後に手紙を出した)
            +
(父が東京出張の時
新宿で三人で天ぷらを食べながら顔を合わせ話した。)



その時点では父は彼に反対

「彼は人柄もいいし、当たり前のごとく優しい」
と言う事はずっと私なりにアピールしてた。

でも父は頑なに祝福はしていなかった

そんな父がタイに母と旅行。
旅行時に彼の為にネクタイピンをおみあげに買った。

「彼はお父さんがいないんだろ。
お父さんらしい事もしてもらった事ないんだろ。
だったら、俺がそれくらいの事はしてやらないと。」


そう言い、彼宛にタイピンのおみあげを買ったのだ。

それを母から聞かされた時、

「やっぱパパだな」と。


これって認められたって事じゃん?
祝福じゃん?

やっぱ、一番祝って貰いたい人って父。


父も父が不在のまま母の手のみで育てられた。
「家族には愛を」 「仕事より家族を」
そんな考えで父はいた。



思春期の時はすげーうざい父でも、
今となっては父は偉大だったなと。


手を挙げない父に一度だけ殴られた事がある。

門限破った事に対して怒鳴る父に

「何どもっちゃってんの?」

って言ったんだよね。

口べたな父だから、透かしてみちゃった私に平手。

懐かしいな。





Posted at 01:14/  この記事のURL
コメント(0)
変態でもいい。愛情感じる行為、それは存在の証明。 /  2005年12月12日(月)

旦那さまの生暖かい玉袋
鼻から唇のラインにのっけるのが大好き。


私が量りで旦那さまがおもり。


顔に愛情乗っけられてみ?
幸せな気持ちになるだろ?

それの擬似行為


ちぇけらっちょ ゆどんすとーっぷ☆なわけよ。


漏れなく香りも付いてくる。


一日活動した後の袋を押し当てられるのが好き。


愛情たっぷり顔に載っける。
ホルモン分泌スタートしました。



Posted at 00:57 /  愛関係  /  この記事のURL
コメント(0)
はい!私がお嫁さまでございます。 /  2005年12月11日(日)

更新が滞ってたのは、旦那さまと仲良く風邪を引いていたから。


諸君、寂しかったかい?


なあんて注目度ゼロのお嫁さまの降臨。


湯の花入ってパブロン顆粒飲んどきゃ治るわな。


この土日はずっと部屋に引きこもってた。

「ずっと部屋に引きこもり」は
旦那さまと出会った初日を思い出す。



出会った初日だって言うのに私たち引きってた。


(今、片手間にヤフオク競り落としちゃったわよ!)



普通さあ、出会った初日は
どこか行ったり食べに行ったりドライブしたりするよね?

そんな事せず、いんざ るーむ で おんざ ふとん ☆

いんざおんざしてたってわけ。



何やっても違和感ないってのが「運命の人」だわな。

「コイツ運命の人じゃん?」って思ったら、いきなりくつろいでみる。

それが違和感なく、
向こうも受け入れてくれて落ち着くのなら「運命の人」。


「何だよ。コイツ慣れ慣れしいな。」

なんて思われたらアウトで即ポイ。




幸せは、掴んで育むもの☆

未来は、股の間から透けて見えるもの☆


あんたら、覚えときーや


Posted at 23:32 /  愛関係  /  この記事のURL
コメント(0)
(ぬるつき具合)赤石温泉は寸又峡温泉を越えるのか。 /  2005年12月05日(月)

美肌湯対決

寸又峡VS赤石。


静岡とは何と恵まれた土地なんでしょう。

次狙っている温泉地はココ。

【住所】 静岡県静岡市田代1005
【電話番号】 054-260-2021
【営業時間】 10時〜16時
【定休日】 火曜日(8月と11月は無休)
【料金】 無料
  
【源泉名】 井川赤石1号泉
【泉質】 単純硫黄泉
【泉温】 38.2℃
【湧出量】
【ph】 9.2
【分析日】 平成11年8月13日



なんでもすげーぬるついた湯だと。

潤いさん、
しがみつき、まとわりついて私のストーカーになって☆



Posted at 16:19 /  お湯関係  /  この記事のURL
コメント(0)
美肌になれる温泉は静岡にある。 /  2005年12月04日(日)

つるつる、そしてぬるぬる。
果てはどろどろ。


食い込みの刺激に物足りなくなって
果ては剣山。


何でも過剰大好き!どうもお嫁さまです。

日本一つるつるな温泉はどこかなと願いを指先に込め
Googleに託したところ
寸又峡温泉別名「美人造りの湯」という結果。



当然行くわな。


私のクロッチの上で旦那さまが転がされているような
細い峠を out in out で攻め
就寝してる間に辿り着いた「寸又峡温泉」


さみぃ!
ほんのり雪。



大好きな硫黄泉。
うほっ☆


また行きたい。






騒ぎ潜る子供はアク禁な。


Posted at 13:17 /  お湯関係  /  この記事のURL
コメント(0)
流行ものはすぐ廃れゆく。 /  2005年11月28日(月)



ケール・大麦若葉を越えた桑の葉。
現代人を支えるハーブ。


どうも、お嫁さまです。



昔スピルリナ流行ったよね。
設楽りさ子も飲んでるって取り上げられてさ。

そんな緑仲間のケールや大麦若葉を越えちゃう桑の葉。



ホットヨガだって速攻デトックスヨガに越えられちゃうし。


以前は「半身浴」って言われてたのに、
今じゃあ「デトックススパ」だってさ。


あれ。
ちょっとまえ「ファスティング」だったじゃん。




こいつを食事がわりに飲んで毒出し。


きっと何でも簡単に越えられちゃって
古いものはカタカナに名前変えられてリニューアル。


外装は新しいのに中身は古い。

包みや触れ込みに踊らされてる私達。





Posted at 22:27 /  美容関係  /  この記事のURL
コメント(0)
 |  前へ
GMO MadiaHoldings, Inc.