家系図を作るときはどこまで遡れるのか

March 10 [Sat], 2012, 23:36
家系図を作る際に基本となるのが、戸籍簿を現在から逆に遡っていく方法です。

平成の現在ならば、戸籍を遡れば、大抵の場合は、明治時代後期の先祖まではほぼ間違いなく知ることができます。

しかし、それより前、江戸時代、明治初期の先祖以降については、運次第というのが実情です。

明治時代に壬申戸籍が作られましたが、1886年(明治19年)、壬申式から統一書式を用いた戸籍へと変更されました。正確に辿れるのは、この時点までです。

壬申戸籍については、各地方の法務局に厳重に保管され閲覧は不可能です。
被差別部落民等をうかがわせる記述が含まれているため、人権侵害の問題を生じる恐れがあるとして、学術目的として閲覧することもできません。

壬申戸籍より前は、江戸時代に分限帳、宗門人別改帳というものが作られています。この文書は、県立図書館等に所蔵されていることが多いので、閲覧できるのであれば、先祖の調査に役立ちます。

例えば、一番古い戸籍に記載されている先祖の名前とぴったり合う人の名前を見つけることができれば、そこから遡ることも可能です。しかし、そうしたケースは稀でほとんどないと思います。

壬申戸籍以前の先祖を辿ることができる例としては、先祖が住んでいた地域に古くからのお寺がある場合です。
先祖が檀家であれば、お寺に記録が残っていることもあります。先祖とぴったり合う人がいれば、さらに遡ることも可能です。ただ、戸籍と違い、不正確なので正しいかどうかは分かりません。

一番正確なのは、先祖の家に、昔の家系図が残されているような場合です。
士族の家や農民でも庄屋・名主であった家系ならば、残されているというケースもあるようです。
そうした資料があれば、一気に大昔まで辿れてしまいます。



家系図を作るときは、江戸時代の先祖まで分かるというような過度の期待はしないほうが無難です。
明治時代後期の先祖まではほぼ間違いなく知ることができるが、それ以前の先祖は、運次第。と考えて、調査したり、依頼するようにしたほうがいいですよ。

ぜひ、参考にしてください。


続きを読む



家系図を作ってご先祖様を知ろう

家系図というと、格式のある家に伝わるものと考えている方が多いのではないでしょうか。

先祖代々地主だとか、代々会社を経営しているとか、戦前は爵位を持っていた家だとか・・・

「私の家なんて、先祖は農民だろうから、格式も高くないし、家系図なんて無縁。興味があり、作りたいけど、家系図なんて大げさすぎる。」

と思っていませんか?

しかし、家系図というのは、家の格式を誇るためのものではありません。

家族がご先祖様のことを深く知り、供養するためのものです。


ご先祖様の墓参りをするにしても、ご先祖様の名前さえ知らないでお参りしても、本当の供養になりませんよね。

家系図から、ご先祖様の生涯を偲び、今の自分につながっていることを知ることで本当にご先祖様に対して感謝することができるもので、そうした気持ちを持ってお参りすることが、本当の供養になるものです。

家系図はご先祖様に感謝し供養するためのツールです。

どんな家柄であろうとも、できれば、一家に一本は、家系図があったほうがいいです。

家系図がないならば、思い立った今、作ってみてはどうでしょうか。



家系図を作るためには?

家系図を作るためには、ご先祖様に関する資料を集めなければなりません。

最も確実な方法が、自分の戸籍から辿って、昔の戸籍を取り寄せることです。

平成の現在ならば、明治時代の戸籍までは何とか取り寄せられることが多いです。

ただ、戸籍と言っても、戦前の戸籍は、今の戸籍と全く違うため、解読が難しくなります。戸籍の法制度が全く違いますし、文字も手書きのため、判読するためには、専門的な知識が必要です。

家系図作成のための戸籍の集め方については、「戸籍を読み解いて家系図をつくろう
」という本に良くまとめられていますから、家系図を作る前に、参考にしてみてください。

そして、戸籍を辿り、納得いくまでご先祖様を辿ることができたら、次に、家系図に書き起こす作業に入るわけですが、ただの紙切れに書くよりも、「家計図作成キット
」などの家系図用の用紙に書くほうがまとまりも良くなりますし、かっこいいですよ。



正確な家系図を作るならばプロに依頼しよう

戸籍を集めてみたけど判読できないとか、そもそも戸籍の辿り方がいまいちよく分からない。

という方は、専門家に依頼するのも1つの手です。

例えば、行政書士は、戸籍法などの行政法に詳しい専門家ですから、身近に知り合いがいれば相談してみるといいでしょう。

また、戸籍を集めたけれども、家系図は、しっかりした巻物だとか掛軸に書きたいと考えている方も多いのではないでしょうか。

喜宝堂 楽天市場支店」や「オーダーメイド掛軸の店川端美術店」では、巻物や掛軸の家系図を製作してくれます。

行政書士などの専門家と提携しているため、戸籍を集める作業も行ってくれるので、事前に、戸籍を用意する必要もありません。

「私の家系図を作ってください。」と一言注文するだけで、立派な家系図を仕上げてもらえます。



家系図はこれから先祖代々伝えるもの

家系図は、あなただけの自己満足の飾り物ではなくて、先祖代々伝えていくべきものですよね。
だから、ある程度のお金をかけていいものを作るようにしたほうがいいですよ。

ただの紙切れに書き込んだだけだと、何年もすれば劣化し、文字が読めなくなってしまいます。何代か後の子孫が、あなたと同じように、家系図を作ることを思い立った時、あなたが苦労して作った家系図が役立たないのでは空しいですよね。

だから、多少の費用は掛けて、いい家系図を作るといいですよ。



格調高い「巻き物」型(戸籍調査費用込)現代家系図 『錦』

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:掛軸の家系図を作ろう
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/kakeizzz/index1_0.rdf