置いて行かれてしまったような… 

2017年10月06日(金) 17時58分

急に秋深まった感を出し始めた天気模様。
身体がついていかず、頭がもったりで鼻もグズグズで調子が出ない。
昨日はリネン類を冬仕様にセット。脚立を使ってクローゼットの上段からごそごそと捜索し夏物を洗濯。
服はまだ、全取り換えはしていない。ある程度出しやすいところにあるので、あまり危機感はない。

運転用の眼鏡が行方不明になったので、作りに行く。
裸眼で1.0あるけど、夜や雨の日はクリアに見えないと不安なので。
フレームはPC用だったひとつをお下がりにしてレンズだけ交換。

新しい車にもだいぶ慣れてきた。
ワンペダル操作が主なので、ブレーキを踏まない運転にはじめは戸惑ったけど慣れたらとてもラク。
ガソリンで発動機を作動させて作られた電力で駆動しているので、満タン給油でリッター20`の現在で軽く800`近く走る。
ただ、モータースポーツ仕様なので加速が凄い為、私はほとんどecoモードで走ってる。


さて、ミュの3rdのvs立海(関東)が無事終了。
最近は出かけるたびに雨模様で参ってたけど、やっぱり雨。
それでも、予約していた丸の内の「cafe1894」のアフタヌーンティーを済ませてから水道橋へ異動。










なんだろう、観終わって帰宅までの時間がとにかく疲れて仕方なかった。
娘との会話もほとんどなく体力的なものか、精神的なものかわからなくて軽く混乱。
舞台の良い悪いを別にして、初めて「ミュを観なければよかった」とまで思えたし、この疲れがミュのせいな気がした。
楽曲を「懐かしい」と思うだけで、「楽しい」と思えていない自分が少し寂しかった。

初めて海老蔵の歌舞伎を観たときの虚脱感に似ている。
あの時、私は「いい時代の歌舞伎を観過ぎたから」と自分を納得させた。
とうとう、ミュにもそうせざるを得ない時が来たのか?

再演される演目を目にするたびに、娘と以前のキャストの思い出話をする。
すっかり見なくなってしまった子や引退してしまった子のことを懐かしむ。
ミュを忘れずに邁進している子のこれからの出演作の期待を語る。
そして、なんの衒いもなく思うままを語り合える娘がいたことが嬉しいと思う。

娘は比嘉を観たいと言う。
だから、私も観るんだろう。
全国立海の最後までを、たぶん。


来年のチケットの発券が続いてる。
楽しみだけど、5か月後のチケットが手元にあるってなんだかへんな感じ。

美味しいものをお蔵出し その16 

2017年09月21日(木) 11時22分

渋谷コックマン

道玄坂近く。
ランチはコスパ最高。スタッフは親切だけど、気配りがイマイチな不思議なお店。


前菜盛り合わせ。冷たいポタージュも。

たっぷりなローストポーク(パンかライスが付きます)。


近い公演会場:AiiA Theater Tokyo/Shibuya O-EAST

新橋魚金総本店

新橋駅徒歩5分程
魚介はピカイチ。カウンターではスタッフたちの息の合ったオーダー提供が見られる。


夏はやっぱりビール!



刺し盛りはこれで二人前。

近い公演会場:日本青年館(銀座線利用)


東銀座高田屋


ランチはごまそばと丼のセットなど種類が多い。温冷の美味しいそば茶が供される。


そば茶は厚みのある大振りのグラス。

カツ丼のご飯はこれでも半分です。




近い公演会場:歌舞伎座/新橋演舞場

お忙し合間に、幽劇を 

2017年08月21日(月) 13時47分


原宿の美容院に行くことになり、表参道駅から行けばいいのに、原宿駅下車にしたせいで夏休み激混みの竹下通りを突っ切る羽目になりました。
予約時間ギリでドッと疲れました。

美容院は2011年の鰤の卍解祭りの会場の近くでした。
懐かしいです。あの時竹下通りに鰤キャラ達のフラッグがはためいていました。
もちろんギンもいました。
鰤も、原作とブリミュが終わって一年経ちました。早いものですね。

で、「銀魂」ムービーも見損ねたまま流れていくのは多忙なわが身と時間です、容赦ないです。
ここでしゃっきりしたいところですが、押し寄せてくるのは2017年冬〜2018年春にかけてのチケ取りの嵐。
早く「GEM」のキャストを発表してください、玉野支配人!ってゆーか。オーデションしてるの?
3rdのお子達にもロックオン!してるの?

好みのお子たちの出演が、中途半端な演目ばかりで「観る?観ない?」の振り子がグラングラン揺れ捲る日々。
こっちにはあの子が出るけど、日程が!?あっちにはこの子が出るけど、他キャストが!?挙句には、いいけど、会場が!?とか何もこんな舞台に出なくても!などと思いたい放題。
というわけで、年内はパラフィン紙のごとき薄いスケジュール。
せめて、今月に彩りを添えようと「幽劇」を取ろうと覗いてみると。
もちろん、一般まで終了。追加公演まであるから、チケ流しは期待できなさそうなどと、手に入らないと思うと余計に欲しくなるもの。
そこで、ひらめいたのは「リセール」なわけで、ちょうどよい席が出品されていて初めて購入。



その直後に青年館の杮落しヅカ星組の「阿弖流為」を鑑賞した友人から例の2階席の壁のことやら、場所が変更になった化粧室のことを聞かされテンションダダ下がり。
それでも、不安定なのに異様に暑い中、初日を観てきました。
物販列が異常に混んでいて、パンフを買う気力もなく手ぶら鑑賞です。
宗兵さんとあらやんと秀弥を観に行った感じ。
原作がない舞台はなかなか難しい。

今月は雨続きなので、せっかくチケットあるのに「弥生美術館」への来訪がなかなかできず。
ついでに谷根千散策するつもりなので予定を立てるのが楽しい。

「最後の晩ごはん」「付添い屋・六平太」の新刊を忘れていてやっと読む。


どちらも1時間くらいで読めてしまうのだけど、好きな作品。


梅雨って明けたの? 

2017年08月04日(金) 18時24分


チケ取りに最後まで悩んだ「罠」
結局、ギリで取れて初日の亀有リリオホールへ。
舞台セットは別荘のリビングで、そこで繰り広げられるミステリー劇。
和樹は初日のせいか、始めは動きやセリフがもたついている感じがあったけど、警部役の筒井道隆とやり取り始まると煽られるようにエンジンが掛かってきた。
冷静に状況を見つめたかと思うと大声を出したり、突然嘆き悲しんだり、喜んだり諦めたりとくるくると場が変わっていく。
再演という安心材料があったからか和樹のいい意味で、こなれた演技を見ることができた。

ロミジュリのティボルトから和樹はだんだん吹っ切れてきたと思う。
跡部という膜がべっとりと張り付いて苦しんだ頃もあったけれど、結局取り払うのではなくてうまく取り込んだと思う。
私は舞台に立つ加藤和樹がいい。
これから「レディ・ベス」「マタ・ハリ」を控えている。

そして、この4日後にはキメ様、王子と共にハチャメチャなトークを繰り広げる和樹を見たのである。
「ブギズンブレイク」
ゲストはたっきーふっきーともるん
ともるんなんて、登場したかと思うとふっきーの後ろに隠れて「かえりたいよう」ってなってた。
そりゃ、腕組して仁王立ちのキメ様みたら帰りたくもなるよね。王子は相変わらず、わけわかんないこと言ってるし。
「ブギウギ☆Night」は楽しいよ。うふっ☆
刑務作業というコント対決を制した囚人一名(上記の六人中)が模範囚の名刺を客席降りして配るサプライズがあって、しっかり和樹から頂きました。




あと、会場に行く途中「虎ノ門 金刀比羅宮」へ寄って参拝とおみくじをひきました。
お洒落というか無機質な感じの神社ですが、都内屈しのパワースポットだそうです。
おみくじは小吉。
でも内容は大吉並だったから、うれしい。

それにしても、両日共に夏日でぐったりでした。

美味しいものをお蔵出し その15 

2017年07月08日(土) 20時02分


まこと(赤羽)



呑みブログのブロガーさんからの紹介
駅から徒歩10分くらい。
ヤレ感が凄いとは聞いてたけど、凄い外観!
知らなかったら女性客は近づかないだろうな。
17時開店というから行ってみたら「本日18時開店」と貼紙。
入る前から脱力。
駅前で時間をつぶして再来店。

一言でいうとマイペースな店主。
でも、初見の私たちに「遅くなってすみませんね」と仰ったあと「そこへ座って」と席を指定。
常連さんがいるから、指定されるんだろうなと思っていたら「そこは風が通って涼しい席だから」と手を休めずにさらりと。
やさしい〜〜〜!
でも、そのあと「お姉さんたち電話くれた?」と聞かれたので「いいえ」と言うと「やってますか?って電話があったけど、面倒くさくてやってませんて言っちゃったんだよね!」
なんですってぇ〜〜!それダメでしょ、お商売として!

さて、お目当ては「ハムたまごサンド」と「グラタン」各400円。
ビールを頼んで、じっくり待つと・・・
卵入りのグラタンには温めたロールパン2個付き。
ハムたまごサンドは、ハムと厚焼きたまごとマヨネーズがトーストに挟まれて出てきた。
シンプルで、なんの衒いもないメニューなのに、ほっこり感があるのはお家メニューっぽさが漂ってるからかしら?





お皿に惹いたキッチンペーパーがキュート!



マヨネーズがたっぷり


ブラッスリー ポール・ボキューズ 銀座

ヅカの「スカピン」鑑賞前に会社の同僚7人でランチ。
有楽町駅前が見下ろせる個室でゆっくりとフレンチのコースを頂く。



パンはフランスから空輸らしい








Cafe1894 (丸の内)



有楽町駅カラ徒歩5分ほど、丸の内寄り。
明治の銀行内部のつくりを生かした内装は重厚感がある。

シアタークリエでの観劇前に、久しぶりに娘とランチ。
デザートにつくプリンを食べたくて、ハヤシライスのセットをオーダー。
このプリンはめちゃくちゃ甘いのだけど、カラメルとのバランスや舌触りが最高で、
私は世界一美味しい!と決めている。
ちなみにハヤシライスは通常1,400円が月曜日だけ1,000円。
ただし、ランチは予約不可なのが残念。






寿司清 (東京駅グランスタ)


朝食を頂きに寄る。
鯛の胡麻だれ茶漬けが人気みたいだけど、私は出汁かけご飯は好きではないのでパス。
オーソドックスに朝定食をチョイス。
時間は8:30だったけど、10分もしないうちに朝定食は売り切れ。
数量限定のようだ。
お味噌汁が美味しい、細々したおかずも朝ご飯らしくていい。


旅館の朝ごはんのちっちゃい版みたい

お泊りからのおひとり築地グルメ散歩 

2017年06月16日(金) 16時01分

ここ数年、男性専用ジャンルだったカプセルホテルが進化していると聞いて、注目していた。
きっかけは、雑誌の京都旅行特集で町家がステイ場所にリノベされていると同時におしゃれなカプセルホテルが続々と開業していることだった。
代表的なものとしては「ファーストキャビン」だ。


昨年の福岡では娘もいたので普通のホテルを取ったけれど、そのうちひとりで試してみたいと思っていた。
で、ヅカのソワレ鑑賞後に泊まってみることに。
選んだのは、「東京銀座BAY HOTEL 」銀座7丁目にある、カプセルユニット型スマートホテルと謳われたホテル。


口コミを見る限り、マイナスイメージとしてはひとり一室ではないので空調の若干の不快さくらいでなかなか好評。
ポイントを使ってじゃらんネットで予約、3,100円。
宿泊費用とは思えない金額。

16時にチェックイン。1Fがローソン。
3Fのフロントは女性で感じが良い。
女性フロアは4Fでフロア内にラウンジがあって、自由に飲食をはじめくつろげるようになっている。
この日は暑い日だったが冷房が効いていて快適。
口コミに目を通して、改善できるところは気を配っている?

ベッドというかカプセル内の寝具は清潔で上質なものを提供してる。
シャワールームとパウダールーム、トイレが独立していてポイント高い。
アメニティは充実していて、化粧道具を持っていれば手ぶらでもいい感じ。
ナイトウエアは作務衣。
室内は夜間の乾燥が心配だったが、空調に変化なくぐっすり眠れた。
アメニティに耳栓があるのがカプセルホテルらしかったけど、私は使わなくても大丈夫だった。

下手なビジネスホテルに泊まるなら、ずっと安全で清潔で気の利いたこちらがいいと思う。
閉所恐怖症の方にはお薦めしないけど。

アクセスも長距離バス、新幹線や飛行機利用に適しているので遠征でのお泊りによいかも。
ちなみに日比谷駅から都営三田線1本で水道橋に6分で行けます。
日本橋室町や東京日本橋にもあるので東京駅起点ならこちらも便利。



翌朝は6時に起きて、シャワーを浴び身支度を整えてチェックアウト。
そのまま徒歩で築地へ。だいたい10分くらいで正門に到着。
場外に入り「又こい家」で又こい丼を食べ、「茂助だんご」へ。






一皿2本なので、悩んでいたら「1本からでもいいですよ」と店主に声をかけていただき、餡だんごをもらう。
大きな湯呑にたっぷりなお茶が嬉しい。



場内へ移り、鰹節などを買ったのち喫茶店の「愛養」へ。
耳を取ったトーストとアイスコーヒー、ゆで卵。
ゆで卵はホテルの朝食でチョイスできるような本格的な半熟で、そのスタイルにも感動してしまった。





ここまでまだ10時半。
歩いて新富町まで出て生寒天の「天まめ」へ行く。
メニューの提供は11時からだったので、持ち帰り用パックの黒蜜きな粉をイートインでいただく。



店主は雑誌やTVでの印象とは違い気難しい雰囲気。
生寒天は美味しいけど、お商売ならもう少し接客を考えた方がいい。

おひとり築地散歩は半日で終了。
移転を含めていろいろ課題のある場所だけど、特に変わった様子もなく穏やかな場内外でした。


いろいろと事情聴取したい舞台 

2017年06月15日(木) 23時27分

6月に入ってから。

宝塚星組の「スカピン」のソワレのあと、そのまま銀座の端っこに泊まって築地で朝ごはんを食べるべく、おひとり築地散歩。
朝7時から海鮮丼やら団子やらトーストセットなどを食べまくり、11時頃に新富町方面に出て豆かんで〆る。
ベニーは「ロミジュリ」以来だったけど、とにかくいい!
二番手の頃から、舞台に現れるとトップが霞むような華があって釘付けになる。

宝塚布教すべく、友人たちと一週間後二度目の星組鑑賞。
初演でパーシーを演じた安蘭けいさんが客席にいらしていた。
アフターに昭和の香り高い居酒屋さんに案内し、意外なほど喜ばれる(料理が美味しかったようだ)。

輝馬を愛でている娘の付き合いで「錆色のアーマ」を観にアイアまで。
壮大な学芸会みたいで、思わず「チケット代いくらだったかしら?」と下世話なことを考える。
せっかくミュージカルアクターたちが盛り上げても、主人公が絡んでくるとしょーもなくなる舞台ってどーよ。
ストーリーも「七人の侍」を倣ってるんじゃないかと(下世話その2)。
まっすーはこの後のアニメ化の時に(あるのか?)声優やる予定で参加なの?って勘ぐる(下世話その3)。
まぁ、いろいろと事情聴取したい舞台。

ざっと6月のお出かけ概要。
詳細は後ほどkwsk。

美味しいものをお蔵出し その14 

2017年05月26日(金) 21時08分

舎鈴 (赤羽)

六厘舎系列のエキナカにある店舗。
夕方まで食事ができない予定のときにここで朝ラー。
日中は混むようだけど、そこそこ空いてたのでおひとりさま女子でも入りやすかった。
カウンターのみで、店員さんももくもくと仕事していて好印象。




味玉中華(並)

少し甘めのすっきりした醤油味。
味玉が半熟ではなかったのと、個人的にもう少しや柔めの麺が良かったかな。



サンメリー (赤羽)


老舗のベーカリーでチェーン店。
1Fが店舗で2Fが工房とカフェ風のイートインコーナー。
基本ものモーニングは大きめのクロワッサンとロールパン、ジャムとゆで卵と珈琲のセット。
オーダー制のコッペパンも多種。
イートインコーナーはレトロな雰囲気で工房での作業風景が見える。
窓際の席からは、駅のロータリーが見下ろせる。





金子半之助(てんぷらめし/日本橋)

天丼 金子半之助に行ったら30人くらい並んでいて、聞きしに勝る人気店。
近くのてんぷらめしの方に行くと10人程度だったので、並んでみた。
40分くらい待って入店。
カウンターのみで揚げ台はふたつ。
丁寧な仕事ぶりを観ることができるし、ちょっと高級店の雰囲気を味わえる。
カウンターに常備されているつぼ漬け、柚子塩辛、きんぴらごぼうは取り放題。
柚子塩辛はビールのアテに良かった。
てんぷらは二度に分けて供され、卵のてんぷらはゴハンに載せて胡椒で食べて下さいと案内される。
食べやすい大きさで出されるのと、イカなど食べにくいものはサイコロ上にしてかき揚げ風なっていた。
これは、女性には好感度大かも。
やはり近くのコレド室町に、稲庭饂飩と天丼のお店も出している。







「3月のライオンダイニング」at表参道 

2017年05月05日(金) 19時18分

先月末に「3月のライオンダイニング」に行ってきました。
場所は表参道の住宅街の一角。




エントランス。
突き当り左手の階段をB1へ降ります。

Webからの事前予約(800円)でメイソンジャーがプレゼントされるので予約しました。
平日のお昼だったので、予約しなくても大丈夫でしたけど、頂いたジャーは可愛かったです。


スペース的にはそれほど広くはなくて、30人入れば満席かも。
入口横には小さなショップもあり、ウミ子先生やキャストの色紙やアニメの台本などが展示されていました。
壁には、アニメのシーンは所狭しとペタペタ。









林田先生、うん、いいね。いろいろと・・・





メニューは決めていた「あかりおねいちゃん特製甘やかしうどん」「みつ豆〜けっきょく全部のっけ〜with磯辺焼〜」「冷やし白玉シロップ」そして、娘のリクエストで「豚バラのせ丼」。
「白玉シロップ」は三種類のシロップの中に白玉が各9個ずつ入って、ずっしり感が凄い。
白玉も芯があるものが入っていたので、もう少し柔らかい方が食べやすかったかな。
お味は昨年11月と今年の2月に行った「3月のライオンcafe」(マルノウチリーディングスタイル・カフェ/丸の内KITTE 4F)の方が美味しかったし、コスパも良かったけど、味よりもビジュアルの再現がかなり高くメモリアルメニューだと思えばいいかなって思います。

※ブログはこちらこちら



それでも、シェアしてやっとお腹に収めた母娘。
おひとりさまなら「みつ豆〜けっきょく全部のっけ〜with磯辺焼〜」か「シロちゃんの梅シロップソーダ
※川本家のニャーチャーム付き」と「レタスにくるんですっごいヘルシー」ならどうにかなるかも。











客層もおひとり様からグループ、カップルと多彩。
実写映画もなかなか好調、現実では昨年原作の桐山と同じ5人目の中学生プロの藤井四段が16連勝プラス、非公式ながら羽生名人にも勝利。
コミックを地で行く快進撃で将棋ファンを沸かせているのも楽しい。

今年の春は色々ありすぎて、我が家の風物詩「コナンムービー」が翳んでしまいました。
私的には、今年は不発かなぁ。
来年は安室登場みたいなので(憶測です)また、昨年みたいに盛り上がるのでは?と思ってます。




今月から半年ぶりにホットヨガ再開です。
ジムで平均5`くらい歩いたり(!?)、マシンで背中の筋肉や体幹を鍛えつつ健康体を目指します。
とにかく座りっぱなしの仕事なので、運動しないと!な気持ちが強いのです。
ダーツも相変わらず続けています。


イマドキ女子の日常・・・コミックのお話です 

2017年04月22日(土) 0時42分

「いつかティファニーで朝食を」の新刊購入。
相変わらず、アラサー女子の日常満載。
10巻から少し開いてしまったのは「吉祥寺だけが住みたい街ですか?」のドラマ化なので作者が多忙だったから?
「おんなのいえ」(鳥飼茜 )もそうだけど、最近は綺麗ごとじゃない現実に近い女性の日常本音ストーリーが多い気がする。
「東京タラレバ娘」(東村アキコ )もそんな感じ。
恋や仕事や家族に悩まされるイマドキ感。

アニメ「3月のライオン」「鬼平」が終了。
(3月のライオンはEテレで再放送中)
入れ替わるように「孤独のグルメSeason6」が始まった。



先週あたりからやっと仕事が一段落。
休みも取れて、フェイシャルエステや3月に入会したジム(ホットヨガは来月から)に行ったりとちょっぴり充実感。
ダーツは平日の夜に行くとオンライン対戦の相手が多いので、仕事の合間を見て出かける。
(対戦しないと上がらないので)おかげでレーティングがひとつ上がった。
4000ブルもやっと達成。

最近はジムで3`早歩きのあとマシンで背筋を鍛える(ほぐす?)のが定番。
私は前のめりになったり体が斜めったりするので、走るよりは姿勢よく早歩きする方が難しい。
あとはピラティスを常時ヨガプログラムに入れたいので、体幹を鍛えるマシンを使いたいと思ってるところ。
以前のヨガスタジオでピラティスは数回受けたけど、ほとんどついていけなかった。

3.4月は観劇はなし。
演目より、会場の良し悪しで決めてるからかも。
夏までの予定もここ数年で一番のんびりムード。
映画もコナンと「3月のライオン(後編)」が終われば7月の「パイレーツ・オブ・カリビアン」まで特に無く。
ミュの立海人事が出たので、娘が「そろそろ本気出して観よう」ということに。
(今まで文句たらたらだったから、ここで一新できれば・・・)
「CLUB SEVEN-ZERO-」が待ち遠しい。


宝塚「スカピン」は、1公演は大人数で鑑賞となり(奇跡的に枚数確保出来た)、当日のランチとディナーを私が決めることに。

ランチはフレンチのミクニかイシダ、CAFE1894、ビアレストランレバンテ、珈琲館 紅鹿舎、ディナーはざっくりだけど「俺のシリーズ」あたりが距離と時間的な面で現在の候補。母娘やぼっちなら、どこでもいくらでもあるけど友人知人に紹介する店を探すのって難しい。

まずは来週、「3月のライオンダイニング」で「あかりおねいちゃん特製甘やかしうどん」と「みつ豆〜けっきょく全部のっけ〜with磯辺焼〜」「冷やし白玉シロップ」は娘とシェアして食べる予定。


Hello!
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:夜羽(よう)
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:6月4日
  • アイコン画像 血液型:O型
読者になる
サイトでは夜羽(よわ)
庭球/立海・柳と同じBirth.
可愛いものと美味しいもの、
サントラ(ジャンルは問わず)、
画集蒐集、ダーツ、ホットヨガ
家族・記事内参照。
最近気になる人物・吉野圭吾
初めての方はSelectionの「永遠の月へようこそ」を必ずご覧下さい。
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

最新コメント
アイコン画像renge
» 熱中症には気をつけて☆ (2014年06月09日)
アイコン画像renge
» まぁ、キャストたちボロボロだけど! (2014年04月22日)
アイコン画像renge
» 今月も戦闘開始? (2013年11月03日)
アイコン画像renge
» 「黒執事」初鑑賞☆3日目 (2013年05月27日)
アイコン画像renge
» サイト更新とそろそろつけ麺の季節? (2013年03月19日)
アイコン画像renge
» 今年、初めて銀座でございました (2013年02月06日)

Google