引きこもり 

January 20 [Tue], 2015, 22:53
土曜日の昼前から美月がインフルエンザにかかり、
夫は日曜の夜から金曜の夜まで台湾へ海外出張のため、
私ががっつり一緒に引きこもることになった。

有休を4日間も消費するというのに抵抗はあったけど、
こういうときのために有休を大事に取ってたんだと思い出し、
その点はまぁよしとしよう。

仕事に穴があきやしないかと心配になったが(当然)、
ちょうど先週の木・金曜日で仕事を動かし出したところなので、
タイミングがいいといえばいいと思うことにして、これもよしとした。

それで日曜の夕方。
いつもより会話が少なく悪い空気の嫁に、
「悪いな。行ってくるわ。」
と能面のような顔で声をかけてきた、その夫。

今から仕事に出かけるってときに言うのは憚られると思ったけど、
険悪なムードのままで離れるのは私の美学に反するし、
その美学については夫に常々伝えてきたつもりだったのに、
またそれを破られそうになったので、思ってるところを淡々と伝えた。

夫からの答えは得られなかったどころか、なぜか号泣されてしまい、
話せる状態でもなかったので、それ以上、問いつめることはしなかった。
彼の中で思うところはあると思うけど、自分の気持ちを即座に言葉にして
アウトプットできない人だったと記憶しているので。

言葉にできないなら、単語でも、自分にしかわからない言葉でも、
私なら思うままに言葉を垂れ流すことはできるのだけど、
彼にはそれができなかったはず。
なぜできないのか私にはわからないけど、彼にもわからないだろう。
そこは個性の問題だから責めるところではないし。

半べそかいてスーツケースを引きずって出発した夫には申し訳ないが、
久しぶりに自分の気持ちを吐き出させてもらったおかげで、
数日にわたる娘と完全2人っきり×引きこもり生活も楽しく過ごせている。

他人から見たらケンカにもなってないかもしれないけど、
たまにはケンカも必要だよなぁと思った、結婚8年目?9年目?の夜。

ウイルス 

January 18 [Sun], 2015, 22:35
昨年の12月半ばに人生初(たぶん)のインフルエンザにかかった。

39℃近い熱が出たのは過去にもあった。
そのときの方が高熱だったし、期間も長かったはず。
それなのに、インフルエンザのときに襲われた頭痛が取れない。
厳密には取れてるんだけど、ズキッと頭痛に見舞われたときに
インフルエンザで寝込んでたときの頭痛がよみがえる。

子供が思い描く虫歯菌みたいなウイルスが脳みそを侵してくる感覚。
吐き気が伴うような、胃腸炎でお腹がやられたときの感覚とも通ずる。
なんでだろう、その感覚がずっと取れない。

インフルエンザによる発熱は2日ほどで消え去り、
予防接種をしてないわりに軽度で済んだ印象だったけど、
思っていた以上に蝕まれてたのかもしれない。

関節痛といえば。
みーたんに背中を洗う延長で腰をゴシゴシされると痛む
ってやつはなくなったな。
ちょっとずつ回復してるんやろうか。
それやとしたら回復遅すぎるけど。
あ、でも遅すぎても回復してるなら喜ぶべきか。

なんか情けないなぁ・・・

がんばる 

May 23 [Fri], 2014, 20:58
今日、保育所でウチダ先生に声をかけられた。
ピアニカを頑張って練習していること、
竹馬も…なんだっけ、もいっこ何かも。忘れた。

すみれぐみのとき、頑張って泳げるようになって、
「頑張ればできる」というロジックが根付いたから?
と考える母こと、私。

何にしても最近、とても頑張っているらしい。
家ではタラタラしてたりするけど、
楽しく前向きに暮らしてくれているようだ。
何もカタチにならなくても、結果は残らなくても、
頑張ってるならそれでいいやと思う。

社会に出ると経緯より結果が大事だったりするけど、
不器用でも、損することになっても、
正直で、頑張り屋さんでいてほしいと思った。

娘のBDメッセージ 

April 24 [Thu], 2014, 23:11
保育所から娘のバースデーメッセージを提出するように、
と言われた。
今日からウキウキ☆沖縄旅行(別名:出張)へ出発した夫に
ベースとなるメッセージを求めたところ、

「いろんなことにチャレンジして、
 楽しいこといっぱい見つけよう、とか?」

とのこと。

はぁ〜?意味わかんない〜!と思ったので、
仕方なく自分で考えてみた。

・保育所最後の年なので、楽しく過ごしてほしい
・ピアニカ頑張るらしいんで、頑張れよ
・ピアノとか習い事をしたかったら言えよ

みたいな?と思ってて気づいたんだけど、
端的に述べると、夫の言葉に要約されるんだと。
さすがダディフィンガー。

現在、23時過ぎ。
美しく文章をまとめて洗濯干して寝よー。
短い文章にまとめる能力が低いんで、ツラいなぁ。
賢くないからタラタラした文章になるのかなぁ。
あぁ賢くなりたい・・・。

心機一転 

March 31 [Mon], 2014, 23:45
今日で2013年度が終わった。
(まぁ実際はまだ処理は続くんだけど、一旦それはさておき。)

4月1日付の異動に伴って色んな人とご挨拶したり、
ご挨拶メールをもらったりして色んな言葉に触れ、感じ、
心新たに明日から頑張ろうと思った。

気持ちが澄んでいる今思うこと。

まず一つは、自分に自分の限界を決めつけないこと。
これは尊敬すべき藤阪さんから言われた言葉でもあるけど、
「無理無理」ってチャレンジすることなく諦めることの多い私は、
傷つかないように逃げてきたから、失うこともなかったけど、
得ることもなかったと思ったから。

もう一つは、がむしゃらに頑張るということ。
限界を決めつけないのと通じてるけど、
しんどそうだからやめとこうとか、諦めてきたけど、
次の日に熱が出てしんどくなりそうでも、眠くてつらくなりそうでも、
とにかく今、そのときを頑張りたいと思ったから。

先週末、19歳だったノンタンがこの世から去ったあの日、
自分の中の何かが変わった気がする。
37歳にして心新たにってのも何の区切りでもなければ、
若くもないと思うんだけど、遅くはないはずだし。

がむしゃらに今を生きる。生き急ぐ。

決して無理して早死にしようとかってことでは全くないし、
欲張るなら長生きして孫の顔も見たいし、孫の結婚式だって出たい。
与えられたそのときを精一杯生きたいなと。そう思う。
後悔のない人生を過ごせるように努力したい。

幸せのカタチ 

September 19 [Thu], 2013, 22:37
自分のことを客観的に見てみると、
幸せな人生を送ってる方だと思う。

そりゃもっと恵まれてる人が大量にいると思うので、
大別すると、ということにはなると思うけれど。

他の誰かや過去の自分なんかと比べてみて、
すぐアッチのがいいなぁと羨ましくなってしまうけど、
これってなかなか悪いクセやよね。

隣の芝は青く見えるし、時間は遡れないし。
いつまでも同じところや気持ちではいられないから、
その時々の中で、別のカタチの幸せを見つけたらいいのだと
数少ないお友達に言われて心を打たれた。
いや、むしろ撃たれた勢いかも。

すぐに他人を羨ましがるのは自分に自信がないからなんだってね。
自信ばっかりは持とうと思って持てるものではないけど、
やみくもに羨ましがるのはやめて、
私は私のカラーがあるのだと信じられるように頑張ろうと思う。
他人の幸せのカタチを真似ても、私にとっては幸せでないのかも?
とも思ったりして。

自信をつけるためには何かを始められるといいのでは?
と思ったんだけど、何をいつどうやって始めようか…

いつもココで止まってしまう。
思い立っては戻りして、少し、いやそこそこ焦るけど、
落ちついてマイペースでいこう。
昔の偉人が言ってたっけ。

あわてない、あわてない。
ひと休み、ひと休み。

I BELIEVE 

July 03 [Wed], 2013, 0:08
昨日、華原朋美がテレビでI BELIEVEを熱唱していた。
懐かしいなぁと改めて聴いてると、
いい歌詞なんだなぁって思った。

大黒摩季なんかもそうなんだけど、子供の頃はもちろん、
10年ぐらい前に聴いてた歌を今になって改めて聴いてみると、
今まで気づかなかった歌詞の意味に気づいたりして、
我ながら、大人になったなぁ!と思う。

と同時に、自分の経験不足を悔やんだりして。
普通ならもっと早く読み解けたんじゃない?とかね。

わりと好きに生きてきたつもりだけど、
どっちかってーと保守的に生きてきた気がしてるので、
もうちょい自由にしても良かったかなーと思うことがある。

自分の人生の選択は概ね正解のつもり…とはいえ、
娘にはもっと広いフィールドで、あ。
でもやっぱりできるだけ安全に生きてほしいと思う。

娘に何を望まれて、何を疎まれるのか、
そのときがこないとわかんない…どころか、
言われないとわかんないかもだけど、
とにかく私は器のデカイ母でありたい。

自分なら大丈夫と己を励ましつつ、切に願う。

感動 

June 27 [Thu], 2013, 0:19
朝ごはんのときのこと。

娘「なんで、おばちゃんとお母さんはばぁばから生まれてきたん?」
私「・・・え?(°_°)」
娘「なんで、みーたんから生まれてきーひんかったん?」
私「だって、お母さんが生まれるとき、みーたん、いてへんかったやん。」
娘「・・・そっか。」
私「じゃあ、みーたんはなんでお母さんから生まれてきたん?」
娘「・・・お母さんが大好きやから。」
私「!!!Σ('ω'o)」

泣くかと思った…。
テレビみたいな模範回答。

みーたん、マミーも大好きDaYo!!(*´∀`)

記念日増えました 

May 31 [Fri], 2013, 22:50
気づけば美月さんも5歳と1ヶ月。
今日は初めて1人で寝ました!!
そんなわけで、喜びのブログ更新デース。

金曜日は許されると知っているのか、
さぁお風呂に入ろうというタイミングでグズり出し、
最終的に「身体拭くだけ」とか言い出す始末(-_-)

「じゃあお母さんは一緒に寝れませーん。1人で寝て。」
と告げてみた。口には出さないけれど、
「それがイヤならお風呂に入れ」
ということは彼女もすぐに察知したはず。

ほとんど考えることもなく、「うん、わかった。」と言われ、
ウソやん、と思ってたらウソではなかった。
何度か探ったけど、最終的にはホントに1人で眠りについた。

いやー、やっとこさ添い寝なしで寝たねー。
小学生になるまで無理かと思ってたー。めでたい。

これでだいぶ夜の自分の時間が増える気がする。いえーい。
まぁよーくよく考えると、「こうして親離れするんだなぁ」
って寂しい気がしなくもないけれども・・・
大きく成長したってことだし、やっぱ喜ばしい。

そんなわけで、今日は「添い寝卒業(1日目)」記念日です。

なぜだ 

August 08 [Wed], 2012, 21:24
娘が槇原敬之のどんなときも。のサビをワンフレーズ歌い上げたのを初めて聞いた。

いつの間にかレベルアップ完了。
一つのパーティに青魔導士は2人も要らないのに、夫も娘も青魔導士。

私は黒か赤か。白でありたい。