【 更新情報 】

スポンサード リンク

手相を描いて金運した〜い!

話題の手相デザイナー、川邉研次先生の「手相を描けば幸せになれる! 」を買ってみました。内容は、手相がよくないなら、自分の手に線を描き足すだけで、今日から人生が変わるというものです。けっこうテレビなどでも取り上げられているので、興味を持っている人も多いのではないでしょうか。
必要なのは金色のペンだけという気軽さも魅力です。
では、本当に、手相を描き足すことで、運気をアップさせることは可能なのでしょうか?
手相は、自分の意志や行動の結果が、手のひらに刻まれるものと考えられています。また、自分の行動の結果、健康状態に問題が生じた場合にも、手相に表れてくるそうです。
そういう意味で、手相は、過去の行動と現在の状態、そしてその状態が続いたと仮定した場合の近未来の運勢を占うことができるのだといいます。つまり、手相は、あくまでも現状を診断するために使われ、それを土台にして、これからどのように行動すれば運勢が良くなっていくかを判断しているわけです。
ですから、理想的な手相を自分の手のひらに人為的に描き足すことで、心理的効果により、ポジティブに作用し、知らないうちに自分自身が理想的な手相に見合った強運な人になっているというわけです。
心理的効果にしろ、何らかの効果があるのであれば、手相を描き足すのを試してみる価値はあると思いませんか。

手相デザイナー・川辺研次

運命を変えて幸せになりたいとは、誰しもが願うことですよね。でもただ、そう思っているだけでは、叶うはずがありません。
でも、自分の手に線を描くだけで、今日から人生を変えることができる方法をみつけた人がいるのです。
その人は、かわべ歯科の院長で手相デザイナーでもある川邉研次先生です。川邉研次先生は、1981年に愛知学院大学歯学部卒業して 84年に静岡県菊川市で、かわべ歯科を開業しました。「健康と医療(JHM)」(健康医療ジャーナル)の編集顧問もされていて、著書・監修書に『「手相を書く」だけで運命が変わる!』『1日5分「身長伸ばしダイエット」』(ともにマキノ出版)、『手相を書いて願いをかなえる!』『幸せスパイラルを呼び込む開運術』『手相を書いて金運アップ!』(ともに宝島社)などがあります。
手のひらに手相を描いて開運できると聞いても、なかなか信じられないでしょうが、本当に、自分で自分の手相を描いてみると、面白いように願いが叶うそうです。
この「手相を描く方法」を開発した川邉研次先生は、数年前から「手相」に関心をもたれ、「誰でも簡単に幸せになる方法」の研究を重ねてきました。その結果、「金銀ペンで手相を描く」という方法にたどりついたのです。
手相を描くのに、必要なものは金銀ペンだけです。
試しに、手相を描いてみませんか。楽しいことや嬉しいことがどんどん起こって、簡単に幸せになれるかもしれませんよ。

手相の基本線編集

手相の線は、基本的に、はっきりとした力強い線がよいとされています。
手のひらを広げてみると、「感情線」「頭脳線」「生命線」そして「運命線」という4つの基本的な線が現れています。これを「基本四線」といいます。
ただし、「運命線」は個人差があって、中には現れていない人もいるので、「感情線」「頭脳線」「生命線」で「基本三線」という場合もあります。
ですから、基本三線がしっかりとしていると、まずは自分の土台がしっかりしており、人並みの人生が歩める基礎ができていると観ていいでしょう。
感情線は、小指の下側から人さし指の方向に伸びる線です。異性や家族、他人への感情のエネルギーのあり方を示し、感情表現の傾向がわかります。
頭脳線は、人さし指の下側から手のひらを横切り小指側に伸びる線です。自分の欲求や希望、趣味や個性、才能を示します。そこから、物事の考え方の傾向や仕事に対する取り組み方などがわかります。
生命線は、人さし指と親指の間から手首に向かう線です。その名のとおり生命力が読み取れますから、体の強さや健康状態などをチェックできるのがこの線なのです。さらには、性格や性質の傾向も示します。乱れのないくっきりとした長い線がよいといわれています。
最後に、運命線は、中指に向かってタテに伸びる線です。過去や可能性としての未来を表すので、人生の浮き沈みや、仕事運がわかります。運のいい人には、くっきりと長い線がまっすぐにのびているのが特徴です。

開運手相の描き方

いま話題の「手相デザイン」の創作者、川邉研次先生の、手相を描くシリーズの第7弾「手相を描けば幸せになれる! 」が出版されて、累計60万部の出版となりました。
金銀ペンで手に理想の手相を描き込むだけで、運命が変わるという、すごい仕掛けなんです。
開運手相の描き方は、金銀のペンを使い分けることがポイントです。
原則として右手には金で描き込み、左手が銀だそうです。
全部の基本線を、自分の理想形に描き上げてから、強調する部分を別の色で描き込むそうです。つまり、右手は基本が金で強調線は銀、左手は基本が銀で強調線が金になります。
そして、強調線のつけ方で、運命の変わり方が違ってくるのです。場合によっては、うまくいかないこともあるというわけですね。
そして、せっかく手相を描くことで手に入ってくるチャンスを、常に使えるように行動を起こすことが大切なのだそうです。行動を起こさないと、夢は叶えられず、いつまでも妄想に終わってしまうことになるそうです。
潜在意識を変えていくイメージングこそ大切なのだとか。繰り返し、繰り返し思いこむことで、現実にしてしまうのです。そして、行動を伴うことことが重要なのです。
ですから、マイナスのイメージングは、自分の未来まで大きくマイナスにしてしまいますから、気をつけましょう。
開運手相の描き方には、もちろん意味があって、重要なことですが、描き込んだ後の行動もかなり重要なのです。

開運手相って

最近、島田秀平の開運手相占いが好調のようです。
島田秀平は、1996年に漫才コンビ「号泣」としてデビューしました。別名「お笑い界の国語辞典」とも呼ばれ、独特のツッコミが人気になりましたが、お笑い芸人の顔とは別に、手相に興味を持ち、「原宿の母」に師事しました。そして、その実力が認められて、直々に「代々木の甥」の名を授かったのです。
出演中のレギュラー番組のテレビ朝日系「草野☆キッド」でも手相占い全開で、島田秀平は、手相占いのほうで乗りに乗ってる感じがします。
手相占いの世界では、右手は生まれもった資質を表し、左手が現在を表すと言われてるので、島田秀平も、手相は左手で占います。手相は、人によってはあまり良くない線があったり、あってほしい線がなかったりすることがあるそうですが、左の手相は、年齢とともに変化しているので、あまり気にしない方がいいそうです。
そんな時に、島田秀平がお勧めしているのが、手相を書くことです。手相は、脳の動かし方の癖がしわとなって表れているのだそうです。手相を知って、自分に足りないものは書き足して、開運手相にしてしまって幸せになりたいものです。
韓国では、手相の整形手術も盛んだそうです。足りない線を自分で書くのもいいですが、毎日毎日はちょっと面倒かもしれなせんね。ウォン安の今なら、韓国まで行って手相整形をして、開運手相を手に入れるのもいいかもしれませんね。
P R
カテゴリアーカイブ